April 03, 2020

キーボード問題が再び発覚

saっそくあっぷるsaポートにtelしました。sai近はすぐ電話口に出てきてくれるし、対応も非常に丁寧。男性だったが、あたりが柔らかく、もたもたしていても、それにあわせてゆっくり対応してくれる。それで、言われるままに緊急時の起動方法をいろいろ試してみるが変化なし。ほかにも、べつの動作テストを試みるもダメ。結局、システムを最新版にアップデイトすることを薦められ、それに従う。この作業は、30分程度かかるので、いったん電話は切る。OSCatalinaバージョン10.15.4にする。そして立ち上げてみる。はたしてやはり改善しなかった。そこではたと思い出す。そもそも、数字のボタンに不具合があって、しばらく外付けのキーボードを使用していた。それをまた使えばいい。で、いまそっちを使ってみる。察するとおり、ちゃんと「x/さ」がうてる。しばらくこれで打つことにする。問題は、トラックパッドは本体のを使わざるを得ないこと。これがちょっと不便。しかし、外付けをのものを買うとなると、1万円はくだらない。がまんして現状維持でいくしかないかも。じつは、ここからはもう1台のmacで書いている。アプリもデータもほぼ99.99%同期している。もちろんほんとに同期しているわけではなくて、コピーしたり一緒に立ち上げて使用しているので、たまたまそうなっただけである。ただ、OSは古いままだった。それで、この機会にこっちもOSをCatalinaにバージョンアップ。お昼は、妻が焼きそばを作ってくれた。賞味期限切れだが、美味しくいただきました。午後は、横国の先生のデータお越しを再読する。この勢いで、執筆まで行けるかと思ったが、そうは問屋が卸さない。駅前のゲラが上がってきて、そのチェックをすることに。原稿をいただいてから、なんと1月も経ってしまった。これからチェックに出すのだが、また怒られてしまうかもしれない。Qsumi君に表紙のkirieとエッセイの依頼。これから、35年来の旧友2人と仕事をすることになると伝える。

cauliflower at 11:11|PermalinkComments(0) 原稿書き | アクシデント

April 02, 2020

バックアップをとらなくて正解、なんてことがあっていいの?

ひさしぶりの青空。だけど、風が強い。傘を3本干したら、全部落ちていた。りつはやや不機嫌。原稿執筆の前に、サヨラマのデータ化を確認し、駅前のテキストと写真を送る。いよいよ執筆開始。お昼は、妻が歯医者の帰りにお弁当を買ってきてくれた。昼前にmacが届く。梱包を開いて、恐る恐る立ち上げる。なんと、データはすべて生きていた。メールすら残っている。写真類もブログも配送前とまったく同じ。バックアップをとらなくて正解だった。唐揚げ弁当。母はすき焼き弁当。今日はサミットなので、美味しかった。原稿は、緑の約10倍。とはいえ、書き始めると案外書けないものだ。重複する箇所も出てくるし、初稿の間違いも見つかった。それでも、夕食前に書き上げる。りつを風呂に入れる。夕餉は、サバ。さて今夜はひとこにするかあーさにするか、それとも二人の出ているショーにするか。で、あー のカフェブレ  新版をみた。ところで、←のブランクは、なぜおこるのでしょうか。突如キーボードのsaが動かなくなってしまったのだ。これは不便。 ←をsaとおsaないとだめ。明日saっそくアップルsaポートにtelしてみよう。

cauliflower at 23:19|PermalinkComments(0) 執筆依頼 | 事故

April 01, 2020

生産性の低い1日だった

雨が降っていたので、りつとパパを乗せて保育園へ。fuliくんは、ファミマにマスクっぽいものが置いてあったといって、りつを預けた足でファミマへ飛んでいった、が、幻だった。原稿の準備。ochiyoさんにイラストの写メを送ってもらい、その場で確認する。ちゃんと浅草だった。13時にイッシーがpicup。妻が、チャーハンをつくってくれる。昨夜の魚を母からもらう。星人がおすぎの原稿を送ってくれた。1本はおすぎのチェックの確認。もう1本は新原稿。概ね良いのだが、イマイチ表現に難あり。朱を入れ、星人に送り返す。彼女はそれを確認後、おすぎに戻す。原稿に取り掛かろうとするやいなや猛烈な睡魔。危うく椅子から倒れ落ちそうになる。これは初めての経験。娘とりつを迎えに行く。朝fuliくんは、同級が少なくなったといっていたが、じつは人数に変わりはなく、ただ、女子が減って男子が増えたらしい。りつはその子とボール遊びをしたらしい。帰宅後今日も風呂に入れる。夕餉は、2階と一緒にポークソテーのトマトソース。野菜スープなど。りつは、ママが途中であるにもかかわらず、ごねて甘える。結局、執筆には至らず。深夜のづかは昨夜の続きでよしつねようくむげんsaくらの続き。

cauliflower at 22:26|PermalinkComments(0) 校正作業 | 

March 31, 2020

せっかく入稿しようと思ったのに、イラストの写真撮りがまだだった

朝ドラ2日目にして、まだよく見れていない。ちょうどその時間がりつだったりコーヒーだったりするので。今日はりつで僕は自宅作業。浅草にやっと着手。星人にしてもおすぎにしてもこんなの屁の河童で、お昼までには書き上げてしまうのだろうと思いつつ、資料をもう一度読む。流れとしては、やはり奇を衒わずに鉄道の開通にあわせて駅の成り立ちを描くのがいいのだろう。そうすることにした。少し今さんと被ってしまうのも良しとして。妻は歯医者。新しいところ。実はfuliくんも歯が痛いらしい。帰りに、髭剃りローションと弁当。taguchiの290円。大丈夫なのかと思ったが、普通だった。僕はアジフライ・から揚げ・ちくわ天に海苔弁。妻はカツ丼。午後はそのまま続き。でも、15時に上がる。さて入港しようと思ったら、肝心のイラストを写真撮りしていないことが判明。慌ててイッシーにtelして、明日事務所に取りに来てもらうことになった。ただし僕は出ないので、お千代さんtelして明日の受け渡しをお願いする。次の音大に着手。りつが帰宅、風呂に入れるのを手伝う。2ヶ月ぶりくらいだが、すごくしっかりしてきて、ちょっと驚く。ただ、湯船に入ろうとしない。この状況は変わってないらしい。夕餉は白身魚のフライ。妻が買ってきたレモンペーストでいただく。風呂上がりに着信に気がつかなかったtelの返事。omaさん、コロナで予定が組めないらしく、一度変更したサーベイをふたたび変更できないかというお願い。もちろんOK、ギリギリ7月10ぐらいに入稿できればいいと伝える。さて、今夜は何を見ようか。ひとこの出ているレボルーションにしようかな。

cauliflower at 23:02|PermalinkComments(0) 原稿書き | 

March 30, 2020

よそのうちのカレーはなぜ美味しいのか

朝方トイレに何度も起きる。7:20起床。シスターズとお祖母様のお掃除とご飯。請書類の確認をするため、10:30に出社。何度もメールの文面を読むが、やっぱり意味がわからない。お千代さんにこんなメールが来たんだよ、と伝える。これは、soさんが昨年の見積もりの数字を見間違えたんじゃないか、つくまり、営業費とかの数字を消費税と勘違いして、それで税込みの合計を見積もりに記載してしまったと問いわけだ。確かにその可能性はある。それで、Tへtelするがやはりリモートワークで出社していない。すぐに、ケータイにtelするが不在。仕方がないので作業をする。enちゃんが原稿を上げてきたので読む。期待通り。こういうエールを送るエッセイが、このコーナーには一番ふさわしい。昼過ぎたところで、macを持ってでる。バーガーでランチ後帰宅。途中shinanoyaでデュアーズ2本。帰宅後、soさんにtelして判明。電話番号が違っていたのだ。soさんと話すと、やはり彼の勘違いだった。金曜日に本ちゃんを送っておいてよかった。あれがそのまま生きるから。これで解決。家のmacの発送準備。といってもほとんどやることはない。改めて原稿を読む。その後浅草の資料を読む。リードはやっぱり被っても鉄道のことを書くべきかもしれない。夕餉は、fuliくんのお手製カレー。辛い中に、ほのかに果物の甘みが混じって美味しい。家庭のカレーはどれも違っていて面白い。明日は、妻が作るようだが、黒豆ならぬカレー対決が定番になるといいと思う。何年振りかでann sallyのニューオリンズ・ジャズを聴く。夜は、昨日の続きでヅカ。

cauliflower at 22:49|PermalinkComments(0) グルメ | ジャズ

March 29, 2020

外は雪、ディスプイを30度斜めに立てて作業をすることにした

どうせ荷物はこないだろうから8:30に起床。外はすでに雪に変わっていた。3月末の雪はじつに32年ぶりらしい。macはやはり真っ暗なまま。ねこどもの清掃やら食事の世話やらやって、僕らの朝食。配送先にtelすると、本日の10:30〜11:30のあいだにきてくれるとのこと。いろいろお片づけとかしていたらdysonがきた。昨日なぜこなかったと聞くべきだっかもしれないが、終わったことはしょうがないし、現実にすでに目の前にものがあるのだから、なにも言わずに帰す。早速新しい方をとりだす。全体の仕様はかわらず、クリーナーヘッドの回転部分がフェルトからブラシタイプに変わつた。そのため、回転音が少しうるさくなる。充電中に、商品の入っていた段ボールをボートに見立てて、りつを乗せて遊ぶ。まず妻が使う。クリーナーヘッドの回転部分が立体に稼働するようになって、彼女はそれが帰って使いにくいと。ひととおり掃除し、今度は僕の番。妻の評価とやや違い、ぼくは取り回しがスムースに行くようになって、使いやすくなった気がする。ノズルをいろいろ取り替えてみた。fuliくんにmacをみてもらう。ディスプレイバックライトの不具合は以前から指摘されていたらしく、サイトをみると、対象機種は無償で修理してくれるらしい。fuliくんがおりてきて、「ちょっとためしていいですか」というので、試してもらうと、ディスプレイ面を全部たてずに、30度くらいにすればバックライトは通常通りにひかることがわかった。結局その状態にしてキーボードを操作することに。ものすごく目が疲れるし、肩が凝る。でも、この状態で作業を続行する。お昼はカップ麺の鴨南蛮。バックライト修理プログラムのサイトにアクセス。そこに表示されている該当機種だったので、さっそくアクセスする。エントリーして、シリアルナンバーを入力すると、今回の無償修理には当たらないかもしれないという曖昧なメッセージ。それで、思い切ってAppleサポートに音声で問い合わせる。担当の女性がとても親切に対応してくれた。いろいろ言われる通りに試してみる。約50分ちかく話して、結局配送修理の手配をとてもらうことに。明日、宅急便産が引き取りに来てくれる。梱包する必要はない。宅急便産が用意してくれるしのこと。予定通り無償の修理になるかもしかすると有償になる可能性もある。夕餉は、厚揚げと野菜のキムチ炒め。牛肉と野菜炒め。うちにはIT大臣がいる。それがどんなに心強いか改めて認識した。スーパーボヤージをもう1本見つけた。


cauliflower at 16:08|PermalinkComments(0) アクシデント | 天候不順

March 28, 2020

同じ演目ならばやはり本公演の方がいいにきまっている。なのに荷物は来ない?!

まさか8:00には来ないだろうと思いつつも、トイレに起きたついでに起床。8:30にいつものルーティン。ところが、11時過ぎ配送のドライバーからtel。混み合っていて約束の時間にはとどけられない、夕方になってしまう。では何時なのかと問うと、16時から18or19時くらいかというと、多分そのくらいになると思うと。そのくらいの時間にいるようにするから、とにかく本日中に届けて欲しいと伝える。昨ダメモトでオファーした先生から、前向きで対応しようという返信。うれしい、やはり、お願いしてみるものだ。2階が率を連れておりてきたので、周囲を散歩しようということになる。今日、明日は外出を控えるように、小池知事自らが自粛の要請。とはいえ家の周りならいいんじゃないかと。りつは歩くというので、5小方面から千手院へ。境内へ入り、お参りする。りつは抱っこしろとうるさい。しかもパパは嫌、ママじゃなきゃダメとわがまま。五代橋からinageyaへ。食料品を少し調達。夜は、2階と一緒にお好み焼きを食べることに。帰る途中、散歩中の母と遭遇。一緒に帰る。りつは、五小のチュウリップを鑑賞する。18時過ぎから妻は用意する。ぼくはホットプレートを出す。他に妻が、チヂミをつくる。ワインとプレモルでいただく。チヂミが美味しかったが、妻がたねをつくり、fuliくん焼いたお好み焼きのなんとおいしかったことか。ふっくらと焼き上がり、中はちょうどいい具合にゆるくふかふか。それなのに、表面はちょっと焦げついて、程よくパリパリに。二人の料理の腕に乾杯。21時を過ぎたのにdysonはこない。連絡もない。こっちから営業所にtel。理由はともかく、本日の配送はない。明日朝改めて問い合わすことにする。夜は、スーパーボイジャーの本公演を見つけたので、それを鑑賞。全ツ版には出演していないひとこが、うってかわってほぼ出ずっぱりに近い感じで踊り歌い走り回っている。さきちゃんのスピード感のあるダンスもいいが、あーさの女装がかわいい。ひとこのそれは、キャパっぽくて僕は好きだ。macが突然真っ暗に。なんどやっても明るくならない。扉を開けると一瞬復帰するが、またスク暗転。今日は諦めて寝ることに。

cauliflower at 15:22|PermalinkComments(0) アクシデント | ヅカ

March 27, 2020

あわてもの二人が作業をするとかならず時間内には終わらない、そういうものなのだ

朝一でhoriさん。星人の分と我が家の分、それとフィルター小。事務所について早速お千代さんに請求書類をつくってもらおうと思っていたのに、somaさんのメールをよく読むと、新たに作ってもらうものはない。むしろ、僕がつくらなきゃいけないのは見積もりだ。そして、もっと読むと印刷費の見積もりをイッシーに作成してもらわなきゃいけなかったのだ。あわてて、イッシーにtelしてつくってもらう。あと昨年度の見積もりをもとに、初後部数や印刷費を書き直す必要があり、それらは僕の仕事。いずれにしても、イッシーの作業待ち。ランチは、三人でパスタ屋。僕は桜海老と春キャベツのビヤンコ。桜海老が美味しい。意を決して手をつけていなかった連載の執筆依頼。そもそも、この著者のことよく知らないし、6回連載のタイトリングはおおばたんがつくってくれたものの、それをそのままメールに転記して、依頼をかけるのは、意に反している。とはいえ、深く読む気にはなれないし。これはやはり、僕の仕事ではないとはっきり言えば良かった。後悔先に立たずだ。とにかく、依頼書メールを作って送ってしまった。イッシーからやっと見積もりが送られてくる。ところが、まず発行部数が違っていた。あわててtelして修正してもらう。が、書き直してもらった見積書にさらに間違いが発覚。ページ数が違う。ぼくはぼくで、金額を間違える。まったく、ぼくらはあわてものだ。なんとか、作り終えたのが17時少し前。確か、14時までに送ってと言われていた。3時間も遅れて出したことになる。案の定うんともすんとも言わない。やはりタイムアウトだったのだろう。しかたなく、お千代さんに相談して、PDFでの確認を待たずに、原本を送ってしまうことにした。19時前に帰宅。りつの大食漢ぶりをながめて、夕餉につく。あんかけ豆腐ハンバーグ。スペインの赤を飲みながら。食後、りつとYouTubeのロマンスカー。もう少し大きくなったら、ぺーぺーに乗ろうねと約束をとりつける(笑)。

cauliflower at 22:41|PermalinkComments(0) 仕事 | 執筆依頼

March 26, 2020

講演慣れしている人は話の運びがうまい。見習うべきこと大だ

13時からなので、12時45分くらいを目指して行ったら、ひーさんはすでに入り口前のバルコニーで食事をしていた。ぼくもランチを頼む。ほどなくして星人がくる。なんとなくインタビューが始まる。が、話し始めると、ものすごいスピードで話す。そういえば、ずっと前に対談をやってもらったときに、頭の回転の早い人だなと思ったことを思い出した。ずっと、その調子で話す。途中、気持ちを切り替え質問をかえると、ちゃんと対応する。インタビュアーとしては、かなり優秀である。1時間の予定が、1h40minになってしまった。僕が注文したランチ、チキンとライスは、終了時には冷えきっていたが、それもまた良し。二人だけだとやはり実務の部分が物足りなく、その分ケーススタディに頼らざるを得なかったが、ひーさまの談話が入ったことで、その欠如感は大幅に解消されたと思う。ひーさまが帰ったあと、ゆっくりコーヒーを飲んで出る。彼女は自宅、僕はカメラを携えて事務所に戻る。nanamiさまからの新連載のぎゃら、発送先などの問い合わせにメールで返答。ところが、結構時間を取られることに。他のメールの返信をしているうちに、いい時間になってしまった。というか、予約時間を20分ほど遅れることに。他にやりたいことがあったのに残念。Pちゃんはお客さん一人。なぜかコーヒーの話。雑誌ありがとうといわれたが、送ったことをまるで忘れている。しかも、嗜好品のコーヒーだと思っていたら、c&lだった。

cauliflower at 01:10|PermalinkComments(0) インタビュー | ヘアカット

March 25, 2020

外に出たのは、ねこのごみすてともーちゃんのえさやりのみ。

目が覚めてトイレに行くと7:30だ。めざましがならないと目が覚めない日だったみたい。はな・ゆき・つきのトイレ掃除とごはん。りつがパンを頬張りながらおりてくる。ご機嫌は悪くなかった。昨日飲みきれなかったコーヒーを冷蔵庫から取り出し、牛乳をたっぷり注ぎ、雪平で沸かしてカフェオレにする。案外美味しかった。朝食のあと、自宅作業。dの人選がfixした。猿から霊長類へ。男性から女性へ。このながれは、かえってよいかもしれない。ひーさまが定年退職。退職後は、音楽の道を志すという。いくらぼくより若いとはいえ、この年代であらたなことにチャレンジしようというその気持ちがすごいじゃないか。陰ながら応援しよう。これで、古くからお付き合いのある人は、たまたまJに在籍していた頃知り合い、もう10年前か、今、異動してきてまた一緒に仕事をするようになったohさんだけとなってしまった。お祝いの言葉を贈る。妻にコンビニでおにぎりを買ってきてもらう。午後は、データ起こしを読む。inoue先生とsato先生の2本。そのあと、hasegawa先生の近著を読む。今回のテーマならば、帰って彼女の方が良かったかもしれない。こういうこころが通う論文にしばらく出会えてなかったので、なんか新鮮だ。りつが帰宅して食事の様子を見る。本来のりつが帰ってきたようないい食べっぷりだ。保育園の先生も食欲のないりつはりつくんじゃないといわれているらしい。われわれは、ホウトウ。猫たちの爪とぎを新しくする。おまけについてきたマタタビを振り掛けると。はなとつきが猛烈に反応した。今夜はヅカナイト。

cauliflower at 23:26|PermalinkComments(0) 資料読み | わんちゃんにゃんちゃん

March 24, 2020

それは突然やってきたseason2

それは突然やってきた、と、2月3日付のdairyに書き留めたてから6週間、再び同じことを書くことになろうとは。昨夜は、ヅカ見ながら酒も美味しく飲めた。やや酔いながら気分よく寝付くことができた。7時15分に目が覚めて猫どものトイレを掃除し、ご飯もあげて、なきわめくりつとパパを送り出し、いつものようにジュースとパンとコーヒー。なんか胃がもたれるなぁと思っていたら、突如雷に打たれるごとく嘔吐がきた。ほんとうに突然。それから、これはまずいとOS1を飲むも、再び吐き気。なんだか眠いし、さあ活動するぞ、という気持ちがぜんぜんおきない。乾燥機はかけたもののベッドはそのままなので、横になることに。それから、何度か起きるものの、結局2時過ぎまで寝てしまった。さあ、こんなことしていてはいけない、えんちゃんにも快諾の礼をしないといけないし、塩にも報告と正式な依頼書をだしてもらいたい。振り絞って机につくと、やはり唐突に嘔吐が。それでも出してしまえばおさまる。そのままレイアウトチェックなどする。妻が帰宅。3時になるのを待って、kashiwadaさんにオンライン予約をする。出がけになって熱計ったり、自転車に乗ってから思い出してマスクしたり。そんなことをしていたら、番号をスルーされてしまった。といっても、待合室には2、3人しかいない。すぐに呼ばれる。2月の4日に診てもらって、まだ薬が残っていることと、一つ強力なのがあって、ものすごく眠くなる。そうしたら、息子さんは、その残った薬を飲んでくださいと。というわけで、本日は診察だけで処方箋はなし。診断結果は、よくわからないがたぶん胃腸炎だろうと。帰って、校正などやる。率が帰ってくる。夕餉は、みんな思い思いものを食す。ぼくは、きつねうどんをつくってもらう。母は白いご飯。妻と娘は、サーモンとアボガド丼に味噌汁。食後りつと遊ぶ。寝る時間になってぐずり始める。さて、本日はキンミヤ35のお湯割かな。

cauliflower at 23:05|PermalinkComments(0) 体調不良 | 校正作業

March 23, 2020

りつを起点にぐるぐるまわり始めました

妻はあいかわらずお泣きかが空かないらしい。ぼくは、いつも通りパンとあんこバターとレタスとハムとコーヒー。いつもと変わらぬ朝食。りつをkinoshitaに連れて行くというので、いそいで歯だけ磨いてくるまで送ってあげた。朝のルーティンを片付けて事務所へ。まず、ディスクップのお掃除。ホルダーのタイトルやファイルが入り乱れている。月刊もののナンバリングが、年月日があれば通算号数だったり連載エッセイの通し番号もある。まえからなんとかしなきゃと思っていたが、今回思いきって統一する。それから、amexの明細書とamazonの請求書のつけあわせ。三人でランチは、2時ちょっとまえ、かえってkamuiは空いていると思ったら階段の下まで行列。そのままohshoへ。極王炒飯とスープ。食べながら、なんとなく胃がもたれるような感覚がある。事務所に戻って、塩の寄稿をまとめて4人にする。たっちゃんは5分としないうちに「どうにかいたします」という返信。えっいったいどうするおつもり? 締め切り2週間きってますけどってこっちのいうセリフじゃないよね。さすがに4人に依頼すると疲れる。とりあえず、最速で来月には間に合いそうな人かいるので、今日はここまで。帰宅すると、なつも調子が悪いみたいだし、fuliくんもということは、今回も母をのぞく全員にかかったみたい。りつおそるべし。この前ほどではないが、食欲がないのは確か。酒をお猪口に一杯、なぜかこれは入る。おーたいさんを飲んでおく。食後、自転車飛ばして、かろりーめいとのジェルとブルームテックを買いに行く。銘柄もパッケージデザインもよく知らない僕は、現物を持って行くか、写メがいい。

cauliflower at 23:02|PermalinkComments(0) 体調不良 | 執筆依頼

March 22, 2020

なぜ、みんなお腹の調子がわるくなるのさ

9時前に起きて日美。日曜日のルーティン。なぜか、すぐに充電のサイン。りつをつれて、少し散歩。ゆりむがくる。わかさんのHPの更新について、fuliくんのサジェスチョンをもらいたかったらしいが、結局、追悼のページができる。たしかにこお腹かが空いていないがぼくはおせんべいとかを食べる。ところが、妻は、おなかの調子が悪いらしい。どうして突然そんなことになったのか、不明。妻は、2階と散歩に行くが、帰ってくるなりむかついてはいてしまう。しょうがないので、ぼくらだけでいくことに。8時に予約じゃない予約らしきことをする。娘は、りつを見守っているというので、fuliくんをつれ、ゆりむと母と4人でshimizuyaへ。母は、自然薯そば。ぼくらは、白海老のかき揚げ天。ハートランドで乾杯して、そのあとゆりむと日本酒。うちの母は、最近ついに一日置きになってきたというはなしをしたら、そんなの全然大丈夫。わかさんのご母堂は昨年の10月から入ってないんだって。若さんの葬式くらいきれいにしい出たいというので風呂に入ったが、それっきりだって。おにいさんも週一らしく、結局風呂にまいにちはいるのはゆりむだけ。帰ってれでぃばーどをみる。ろーなんのあてぶりだとおもうくらい彼女あっての作品だった。ろーなんはほんとうにいい。もっともっといい女優さんになるはず。妻は、よくならずそのまま寝る。

cauliflower at 01:25|PermalinkComments(0)  | 体調不良

March 21, 2020

多摩川の五本松まで、散歩はひさしぶり。13000歩。

スカーレットを見るために起きる。朝食は、昨夜の残り物がたくさん。ポトフに、イカフライにソーセッジ。土曜日のルーティンはフルバージョン版。たっぷり時間をかけて。途中でりつをつれて男三人集で家の周りを散歩。はじめohzekiさん家の方へいくが、引き返したというので戻る。今度は5小の方へいくが、すぐに抱っこをせがむのでパパがだっこして桜の下へ。おろして歩かせるが、もう戻りたいというので、Uターン。まぁ歩かないよりはいいが、もう少し歩いてもらいたいとじじは思うのであった。かえって、ルーティンの続きをやる。午後は、二階とkomae方面。ベビーカーで寝るかと思ったら、なかなかしぶとい。残念ながら、ペーペーはとうらず、たっきゅうばかり。ふろんてぃあでらんち。僕はペペロンチーネのセット。パスタにはソーセージも入ってました。スープとドリンクとデザートもついてきた。生クリームがのったスポンジケーキ。りつは、ようやくいつもの調子が出てきたみたい。なつのサーモンクリームと妻のカルボナーラをもらったスプーンでくちにかきこむ。りつに少しあげる。そのあと、いずみたまがわへ。odakyuのグッズ屋へ。ママにテツシタと乗車員の制服をぷりんとしたTシャツ。ぼくは、くじ引きをまわして、odakyuシールセットがあたる。komaeまでもどる。OXのカルディで買い物。2階は図書館に行くもコロナ対策で入館禁止らしい。途中で合流。帰宅後。本日の夕餉は、OXでかった宇都宮餃子とコロッケ。がんもどき・にんじん・蕪の煮物&赤ワイン、プレモル。食後にfuliくんが母の誕生日にとケーキを買ってくれたので、ご相伴にあづかる。ぼくはショートケーキ。りつに生クームの部分を少しあげたら、何度ももらいにくる。あげくのはてに、キッチンにかくれてじいじいと呼ぶ。ぼくが探しに行くと、うれしそうにそんなぼくをからかうようにテーブルに向かいショートケーキを摘もうとする。なかなかこさかしいてを使うものだ。ワル知恵に目覚めさせてしまったらしい。夜は、おしんの最終回。最後の最後で、店をむ買い取ってもらって、イチ文無し、借金地獄し免れたが、ゼロからの再スタート。母は昭和53年に退職し、朝ドラを見ることができるようになって、昭和55年のこの放送はずっと見ていたらしい。高度成長期からオイルショックまでの激動の時代を描いたドラマとして、じつに良く描けていたと思う。橋田壽賀子の本の勝利だ。

cauliflower at 22:53|PermalinkComments(0) 妻・娘 | グルメ

March 20, 2020

お彼岸なので父の墓参り、帰りに苺大福

休日のルーティン。kinoshitaさんから快諾をいただいたが、内容について、提案もいただいた。僕だけの判断でもないだろうと星人にメール。助言をもらうが、彼女もいいのではと。率が降りてくる。昨夜もどして、家族や妻を心配させたが、今は少し元気を取り戻した。外を少し散歩するが、すぐに引き返す。fuliくんがマクドへいくというので、ぼくらのお昼も買ってきてもらう。てりたまとポテト。そのあと、返信のあったメールに再び返事を書いて、自転車で出かける。しまほに自転車をおいて、京王線で次の駅まで。そこから、徒歩でzonmyojiさんへ。途中花を買う。寺町通りだからか、花屋が5軒近くあった。あと果物屋が2軒。今時果物屋自体がないのに。これもお供え需要か。徒歩だと20分くらい。まず、会費を払い。それからお参り。マンションタイプだとなんか墓参りした気がしない。再び徒歩で引き返す。お寺の前のバス停でひとりおばあさんが待っている。ずいぶん遅れているらしく、定刻をすぎているのに来ない。ぼくらは、そのまま歩いて帰ると、旧甲州のあたりでやっとバスとすれ違う。遅れていてのではなく、バスは定刻通り走っていて、次のがまだきていなかっただけだったようだ。おばあさんは甲州街道が渋滞らしいと誰かが言っていたというが、おばあさんはその言葉をすっかり信じてしまったらしい。商店街で苺大福と塩大福、それから精肉屋の評判のコロッケとメンチ、イカフライを買う。電車で仙川へ。しまほでモーちゃん用のえさを買う。自転車で帰宅。ものすごく眠くなり、机に突っ伏して少し寝る。夕餉は、いかふらいとメンチにポトフとバケット&プレモルと赤ワイン。イカフライは、いかがふっくらしていて美味しかったしポトフには大満足。

cauliflower at 22:41|PermalinkComments(0) 冠婚葬祭 | グルメ

March 19, 2020

中華を堪能、初のビンテージ紹興酒

事務所に出て、一本メールをする。インタビューの依頼。用意をして取材地に向かう。その前に、バーガーキングのワンコインセット。ここのポテトは🍟美味いと思う。神泉下車して青葉台タワーへ。ふるさとちょいすのインタビュー。ぼくはカメラマンですが。終了後、事務所に戻って、資料整理。祖師ヶ谷大蔵へ。やまちゃんと会食。今日は中華。きをてらった料理はなくて、どれも普通に美味しい。前菜盛り合わせ、蒸し鶏のラー油ソース、蛍烏賊、豆苗、大根のピクルス、チャーシュー、卵とじ五目春巻き、信州サーモンと九条葱の甘辛煮、金華豚バラ肉の塩麹煮込み、福建あんかけ炒飯、本日のデザート と10年ものビンテージ付き紹興酒、堪能しました。

cauliflower at 00:13|PermalinkComments(0) グルメ | インタビュー

March 18, 2020

みんな僕より年齢が上というのは、近頃なかった企画

昨夜宮さんがOKだしてくれたんだったら、そのまま進めてもらっていいわけで、わざわざご足労いただなくてもいいですよ、と昨夜メールしておいたら、ちゃんと読んでくれて、「そうします」とのこと。これで、僕も事務所に行かなくて良くなったので自宅作業にした。たすかろらの続き。校正とかやってたら、somaさんからメール。午前中に送ってくれるはずじゃなったんですか、午後14時から中止じゃなかったら会議していたはずですよ。至急送ってくださいというキツイイメール。すぐに企画書のそれぞれのインタビューに狙いを書く。お昼はニョッキをクリーム系ソースにあえて。ソースが濃厚でうまかった。でもニョッキは賞味期限が半年も前に切れている。ぼくはこれでたらしたが妻は、パスタを少し茹でで残りのソースで食べた。僕は、必死こいて、なんとか16時前に仕上げてsomaさんに送る。この時点で気がつく。4時ではなくて14時だったことを。そのあと、なんとなくだらだらと仕事を続けていると、somaさんから返信。企画書はOKだが、確認事項があるようだ。それに答えていたら、すっかり時間が経ってしまった。しかし、うちだ・やまぎわ・はせがわを並べて成熟の年齢というナイスなアイデアが浮かぶ。今日は母の誕生日。88歳になった。なので、夜はみんなでお刺身をいただいた。

cauliflower at 23:16|PermalinkComments(0) 資料作り | 母親

March 17, 2020

横浜駅前のファッションビル内にある居酒屋でぬる燗をいただく

午前中、企画書の暫定版をつくりお茶を濁す。でも、とりあえず送っておいてよかった。中途半端て゜はあるものの約束は果たせたからだ。お昼は、妻がお弁当を買ってきてくれた。唐揚げ弁当。15時過ぎに出て登戸経由で武蔵小杉、横浜まで。バス停に座っていたら、星人がくる。彼女も、同じルート。横国へ。大学構内乗り入れのに乗ったら、大学中央は、停留所の目の前。指定された応接室へ。ここもエレベーター降りて目の前。すでに先生は座っていた。早速インタビュー。なかなかインパクトのある先生だ。どこかで聞いたことのある声の感じ。メディアだったか本物だったか忘れたが、確かに耳にした声だ。時折、自分の言動に反応して、薄笑いをする。これがどこかで見たような(あったようん)気がするのだ。あらかじめレジュメを作っておいたので、それを参考にどうしても伺いたかったことを尋ねた。ほぼ、こちらの質問に答えてくれた。寄付かリターンを求めての投資・融資か、大きく二種類に分けられる。僕自身寄付にはあまり熱心ではないので、寄付したいと思う心情はよくわからない。しかし、世の中の多くは、けっこう寄付したがっているようなのだ。確かに行動経済学に注目が集まるのもわからないでもない。こうした他利的行動の動機を研究するのは面白いかもしれないが、当事者である本人たちはそうしたことにはむしろ関心はない。クラファンの原理的な研究が少ない理由もここにある。と、先生が自ら言っちゃいけないんじゃないかしら。循環する帰りのバスにちょうど間に合った。駅まで20分くらい。終点で下車。星人がモアーズに燗酒の店があるので、寄っていかないかと誘われる。迷わずに同意。ぬる燗と銘打って店名にもしているくらいだから、やはり迷わずぬる燗に。ぼくは乾風、宝劔、彼女は庭のうぐいす、春鶯囀、肴は、季節野菜の浅漬け、エイヒレ炙り、串おまかせ、ホワイトアスパラ山菜天麩羅。最近、出張も一緒になることがないので、こうして呑むのもひさしぶりなんて話ながら。1時間を少し回ったくらいでおひらき。東横線小杉乗り換え南武線という来たルートを折り返えして帰宅。夕餉は、おかずとあさりの味噌汁をいただく。


cauliflower at 11:39|PermalinkComments(0) インタビュー | グルメ

March 16, 2020

1日2本の取材。1本目はインタビュアーとして2本目はカメラマンとして。

朝一といっても11時からだけど、日本橋でインタビュー。20分ほど早く着いたので、日本橋界隈を散歩する。以前お昼をご馳走になった中華料理店があった。今日の取材者の会社が入っているビルは、アトリエが設計した感のあるビル。1階が小料理屋。郵便受けを見ると、すでにテナントは取材者の入っている会社のオーナーらしき企業しかない。さっそくインタビュー。趣旨ははっきりしてるし、聞きたいことも絞られているので、1時間という限られた時間を有効に使うことができた。名刺の大学講師に反応する。たまにそういう人がいる。こういう人は、本質的にインテリが好きなんだろうね。自分も今年から研究者になったのに。やはり、ファンドというのは面白いし、これまでなかったからやらなかっただけで機会があったら、やってたかもしれない。取材者も好感の持てる人で、また相談することもあるかもしれない。帰り際に請求書がいいか領収書がいいかとふたつテーブルにならべたのには笑った。こういうのははじめて。星人とわかれて、銀座線で浅草へ。神谷バーのレストランではいからさんをやる。カニクリームコロッケとハンバーグ。じつは日替わりランチだと葡萄酒がついてきて、後悔先に立たず。少し早めに墨田区役所。やすこさんと本日2本目の取材。今度は、カメラマン役。まあしりたい内容は全て話してくれました。帰り際、突風であやうく飛ばされそうになった。やすこさんも細くて小さいので、まじで飛ばされそうでしたよ。スタルクの建築がいけない。少し早く帰宅し、メールとか校正とかをやる。本当は、企画書作らないといけないのに。今日は手がつけられないかも。明日の予習。メモづくりで終わってしまった。

cauliflower at 00:41|PermalinkComments(0) インタビュー | 建物

March 15, 2020

日曜日は仕事したくないが、けっきょくやることになってしまうのだ

9時前に起床。妻は、ぼくより早く起きて、トイレもみんなやってくれた。階段下も済み。何時にやったんだろうか、全然気がつかなかった。朝食の後、日曜日のルーティン。そのあと、りつとパパとぼくの男衆3人組で5小からぐすたふ、ぞうさんのあとりえ、をぐるっと一周する。ぼくと一緒に歩いた中では、最長だ。最後は、ヒーヒーいってたが、立派なもんだ。帰ってから、今度は2階のママと妻も一緒ににとりへ。母のベットを買う。折りたたみがいいんだと思っていたら、そうではなく、要はシンプルで低ければいいみたい。それならば、選択肢はぐっと広がる。スプリングのいいシンプルデザインのシングルを買う。ところが、繁茂期で納品は4月の25日の土曜日。搬送してくれた組み立てもしてもらう。また、現在使っていたものは引き取ってもらうことに。ほしのさんでらんち。クリームコロッケと生姜焼きプレート。先に1人で帰宅。明日の取材ようの質問シートをつくる。そのあと、自転車でサミットまで。プレモルとでんぷと牛タン塩だれ。でんぷは、魚のすり身などの陳列棚にあった。夕餉は、ちらし寿司。

cauliflower at 00:11|PermalinkComments(0) 資料作り | 母親

March 14, 2020

時々自分は、子どもをあやすことにかけては天才じゃないかと思う

夜中に地震があったらしいが全く気がつかなかった。しかし、トイレには2回起きた。そして3回目行こうと思って時計を見たら7:45。朝ドラを見る。ねこどものトイレ。食後、土曜日のルーティン。レイコップはロングバージョン。途中りつが降りてきたりしたので、結局12時過ぎまでお掃除。れいこと乾燥機を2階に貸す。たぶんその使い勝手の良さに共感してくれるだろう。Macをたちあげて、ついカフェブレをみてしまう。高校でも大学でもいいんだけれど、告って彼女ができ、つきあいはじめる。自分が思い続けていた娘が、じつは彼女も自分を思っていてくれていたことがわかったときは嬉しい。いわゆる両想いというやつ。そして、付き合いが長くなっていくと、なんとなく夫婦のような、所有とはちがうけれど、あいつは俺のもの的な感覚で彼女を捉えるようになる。その間も、新たな出会いはあるもので、あの娘いいなあとかこの娘すてきなこだな、とか目移りではないけれど、こころが動くことがある。今のあーさをそんな感じで見ている自分がいて、ちょっと驚く。ひとこはすでに自分中では彼女になっている。つきあっているけれど、それとは別の存在としてそこにいる、みたいな。しかし、勝手な妄想もいいとこだ。2階とふなばしのゆにくろへ。りつのとか妻もぱーかーのようなものをかった。めずらしく自分のものはない。帰りがけ寝ていたりつが目を大きく開けておめざめ。ところが、それからくるまに乗るまでが大変。泣きじゃくる。そのままずっとなき、わめく。昼食はあきらめて、セブンでおにぎりとかかうことに。結局駐車場でぼくがりつをみていて、その間に2階と妻は買い物。りつとふたりで、かくれんぼのようなことやロケット発射ごっことかやる。泣きわめきはすっかりおさまり、時折大きく笑いながら楽しそうだ。おれって天才と思う。子どもあやすことにおいては。帰宅後、おにぎりとチキンタツタ。そのあと、眠い目をしながら、というか半分寝ながら、月曜日のインタビューのレジュメを作る準備。夕餉は、ホットプレートを出して焼きそば。fuliくんにつくってもらう。りつと少し遊ぶ。夜は、ひとこをちょっと見て、おしん。

cauliflower at 23:27|PermalinkComments(0)  | ショッピング

March 13, 2020

恐れることはなかった。無事償還しました

トイレ問題は、お千代さんが連絡を取ってくれて、日曜日に水道屋さんがきてくれて、大家さんが立ち会いのもとみてくれることに。taから送られてきた書類が一枚ないとおちよさんがあおくなっている。ぼくのひかえを渡すと、本ちゃん用と微妙にフォントの位置がちがう、やはり、本ちゃんじゃないとダメだと。どっちでもいいんだけどなぁと、ぼくはまるで関心なし。星人がくるのと入れ替わりで、ぼくは市ヶ谷へ。穴子丼としじみ汁。アルカディアの少し先の寿司屋。コスパの良い店。MUJコンサルティングオフィスのkandaさんとnagatomiさん。内心びくびくしていたが、無事償還。タイミングの問題で、もしも査定日だったらと思うとゾッとする。でも、ノックイン価格が当初価格の60%を超えていれば大丈夫。当初価格が3260ドルだったとするとその60%というと1950ドル。今日がそれでも2700ドルだから、60%というのはトンデモナイ数字。世界経済が崩壊でもしない限りこんな数字にはならない。とにかく、普通になにごともなく済んだのだからとりあえずよかった。すぐに、5年のリンク債を購入。じつは、年利率が日経平均で3%、この時期であるにもだ。もっと近々でいうとなんと6%にまでなっている。今回はユーロでなく日経平均株価変動にする。これが無事償還を迎えるとぼくは70歳。小規模共済が今年で10年目を迎えて、840万。あと5年続けると1260万。とりあえず年金以外で3000万。2人だとカツカツではあるが蓄えとしてはそんなにひどい数字ではない。まぁしょうがないから働くことにしよう。事務所に戻って新連載のやりとり。イラストレーターさんから朱字。Taからは本文組をGではなくもとのMにならないかという問い合わせ。とりあえず、初回はGで行こうと。そんなやりとりをして帰宅。帰ってからりつも帰ってきて、夕餉は昨夜のすき焼きの残りが肉じゃがに。ひさしぶりにりつと遊ぶ。

cauliflower at 23:12|PermalinkComments(0) 資産運用 | 

March 12, 2020

誕生日に食べるのはもーもーちゃん

トイレが心配で、事務所に着くなり確認。すっかり水は引いていて、ペーパがごそり。一気に流すと、きれいに流れ落ちた。何度か試したが、水は快調に流れる。ただ、帰るときわかったのだが、小を回すとOKだが、大だとつまるみたい。koikeさんにtelする。今、すごく詰まっていて、大至急きてほしい、とはいかないみたい。明日も怪しくて、週明けになる可能性もある。確認のメールなどしてから、ランチに。寿司にしようかハンバーガーにしようか、と悩んでいるうちに、なぜかステーキ屋に。しかも200g。100gじゃちょっと物足りないが、200gはやはり重い。150gが適当。新メニューとして採用してほしい。事務所に戻って、さかもっちゃんから送られてきた駅前の写真7点をDL。今回は、都市の写真になっていて、ぼくには80年代の空気が漂っているように見えた。ただ、1点となるとやはりまつやと浅草駅だ。メールを書く。読書はうちでもできるので帰宅。amazonから久保さんの著作2冊とやまぎわさんの対談集(新書)1冊。久保さんのを拾い読みする。夕餉はついにすき焼き。ゆりむのお返し。さすがにいい肉だった。600gを5人で。65歳の誕生日にうしをいただく。すき焼きといえば、ネギと春菊と糸こんにゃくと豆腐。ほんとは麩も入れるのだがストックがなく、残念ながらoff ?!。食後にショートケーキ。いちごが一個まるごと乗っている。スポンジケーキのなかにもぎっしり。ケーキの部分よりいちごの体積が優っている感じ。妻が、慈恵医大の向かいの洋菓子屋で買ってきた。

cauliflower at 23:42|PermalinkComments(0) イベント | グルメ

March 11, 2020

自分から依頼して、さっさと自分から辞退

朝一でHoriguchi。全部で4袋。本屋経由。資料になりそうな2冊を購入。それとマーカー4本。水曜日は、お千代さんの出社の日。さっそく請求書を財団へおくる。オンラインの取材を希望する先生、ならばメールでQ&Aにすれば、取材者の側のメリットは大きい。原稿の原型をつくってもらえれば、それをリライトすれば完成。ところが、思惑がはずれた。インタビュー者は、すかいぷならば原稿チェックだけで済む。そりゃ、そっちの方が楽だろう。結局こっちから頼んでおいて、辞退してしまった。利害が一致しなかった、ただそれだけのこと。インタビューを1人減らし、ケーススタディの写真をたくさん使って、ページをふやすことに。ダメならば、もう1人あてがあるので、その人を使えばいい。お千代さんとランチ、今日もかむいはいっぱい。パスタへ。水曜日の常連さんと挨拶。彼は、高いランチなので、僕らより早くすわって、僕らが帰る時は、まだパスタを食べていた。事務所に戻って、星人に取材アポの報告。夕方、横国の先生より快諾の返事。これで方針が定まった。2人のインタビューで完結させる。Dの人選なあらたにエントリーした先生の論文を探す。また、今のところ候補にあげているたっちゃんの新刊を読む。帰宅する前にトイレに入ると、水の流れが悪い。つまっているのか。何度が水洗を流すが、水位が便器のかなりの上まできている。全く流れないわけではないので、明日大家さんに言おう。
帰りにワインを買う。fuliくんと一緒に夕餉。ブリの照り焼き。ほうれん草の胡麻和え、卵焼き、厚揚げと白菜の炒め物。味噌汁も白菜。

cauliflower at 22:35|PermalinkComments(0) 執筆依頼 | 事故

March 10, 2020

昭和の香りがプンプン、手描きのイラストレーションと肉筆原稿

7時にトイレに起きる。7:15に目覚ましをかけていたが、わざわざ15分遅らせて、再びベッドに。目覚ましでもう一度起きる。まずはなのトイレ、そのあとツッキーのトイレ。ユッキーはしていなかった。三人にご飯。コーヒーを挽いてお湯を沸かして…ってやっているとおりてくる。雨はやんでいる。チャンスだとばかり保育園へ。朝食の後、今日のミッションはインタビュー依頼。依頼書をしっかりつくったので、確率は高いはず。すぐに1人快諾。ただし、コロナ騒動でオンラインを希望。スカイプでやるつもりはないので、メールによるQ&Aを申し出る。もう1人もOK。東京の中心に事務所があるくらふぁんぷろでゅーさーからもOKもらう。お昼を小さい肉まん二つと冷凍炒飯。肉まんが思いの外美味しかった。生協のは具のお肉がいいのだろう。皮も美味しい。うっちー の著作を読む。このライトなエクリチュールに、嫌味を言いたい人は少なくないはず。ぼく自身距離の取り方に苦慮している。妻たちが帰ってくる。りつを保育園から病院へつれていく。診察の結果どうも喘息の兆候が出ているようだ。ぼくは、新宿のmujicafeへ。もうみやさんが来ている。約束の時間より20分も早い。すぐにノムさん、続いてモウリーさん。かれは初めて。みやさんのイラストをみせてもらう。絵の具というのはいいものだ。くちもとから紫煙がたちのぼっているが、この煙のような水蒸気のような表現がなんともいい感じだ。イラストは、もうりーさんに持って行ってもらうことにした。雨に濡れないように、mujiのショッピングバックに入れて、雨よけのビニールカバーをかけてもらう。第一回目は、もうりーさんの印刷所でスキャニングしてもらうことになったが、次号からは、うちでやることになる。毎月10日前後にみやさんから受け取り、うちでPDFにして、もうりーさんへメールで送ることにした。のむさんはかめんびょうとうとfukushimaを観て帰るそうだ。新宿駅南口のJR改札の前に、なにやら写真と文字情報がプリントされたA4サイズのチラシを胸の前に掲げた若い男の子たちが、くちぐちに「この人を知っていますか。見かけたら、教えてください」と叫んでいる。どうやら地下アイドルの男の子が行方不明らしい。山極さんの本を読みながら各駅停車で帰宅。夕食は、豚しゃぶと餃子。


cauliflower at 23:08|PermalinkComments(0) 原稿をもらう | 同級生

March 09, 2020

学者もぴんきりだなとあらためて思うのだった

朝一でhoriguchiの予定だったが、ガラス窓が見えてがっかり。すべてブラインドが降りている。そうだ、月曜日は休みだった。自宅用ではないし、渡す相手もテレワークで不在。別に今日じゃなきゃならない理由もないので、かえって重いものがなくなった分気は楽だった。事務所について、明日のうちあわせに同席してもらえれば、手描きのボードを直接渡せる。このグッドアイデアをすぐにモウリーニョさんに電話で伝えると、幸いなことにOKの返事。待ち合わせの場所と時間を今度はメールで伝える。おちよさんとかむいへいくも、今度は満席。久しぶりに茄子に行く。今日はなぜか、南口商店街は人通りが多い。茄子もかろうじてミシンのテーブルがひとつ空いていただけ。いつものチキンにゆで卵のトッピング。事務所に戻って、くらうどの論文を1本読む。よここくの先生だが、最初に候補に挙げた先生より、論旨がしっかりしている。この先生にしよう。別の先生の他の論文も読むが収穫なし。よくこれで学者やってるなあと呆れてしまう。おちよさんが帰宅後追うようにして僕も出る。帰宅すると向かいの家の前に救急車。何があったのだろうか。普段の日に3人で夕餉をするのはひさしぶり。卓くんにもらった雄町80を飲み干す。今日飲んだのが一番うまかった。優しい味だった。

cauliflower at 22:36|PermalinkComments(0) 資料読み | ヅカ

March 08, 2020

雨だから、クルマでニトリまで

日曜日のルーティン。でも、すぐにできない。なぜか、レイコップもdysonごみ受けを昨日自転車のカゴに入れっぱなしだったから。おまけに昨夜から雨。すぐに取り込んで、ぼろきれでふいて、ドライヤーで乾かした。ルーティン後昨日やり残した趣旨を書く。BGMは追悼の意味でリアルマッコイ。を大急ぎで仕上げてメールで送る。2階と車でニトリへ。fuliくんは座椅子を買う。僕はズボン専用のハンガー、妻はボディタオルなど。ふうふやで15時からの遅いランチ。卵とじうどんと天ぷら。天ぷらは海老が三つ、かぼちゃ、れんこん、いか、なす、大葉。天ぷらが美味しかった。帰りに新幹線を見に行こうと言って出たのに、帰る頃にはみんなその気がなくなって帰宅。少しひとこを見る。下級生と演技のレッスンを受けるというコンテンツ。夕食は、豆腐と野菜炒め。納豆と味噌汁。食後、今日は少し早く降りてくる。りつはトースターのおもちゃをもってきた。トーストをいただく。そのあと、細長い紙をロケットにみたてて、発射台ごっこ。りつはケタケタ笑った。夜は、ヅカをまた少し見た。

cauliflower at 22:36|PermalinkComments(0) ジャズ | ショッピング

March 07, 2020

日曜日提出の年間企画案をつくる

朝ドラに合わせて起きる。シャッターが閉まっているので、もーちゃんには外からご飯。シスたーズとおはなにもご飯。そのあと、ぼくたちの朝食。土曜日のルーティン。れいこはフルバージョン。きっちりやると1hはたっぷりかかる。そのあと、dysonと思っていたら、昨日チャージがうまくできてなくて、すぐに止まってしまった。あわててチャージして、僕は風呂掃除をやる。モデムを設置してあるフレームケースのコード類を整理整頓する。おおまかには、電力系のコードと通信系のコードをわけた。そして通信系は、数本まとめてケーブルタイで縛る。だいぶスッキリした。充電したところで、寝室階段勉強スペースの掃除。cafebreakは、あーさがゲスト。女装についてのトーク。あーさも気になる存在だが、今日のかふぇぶれで落ちそうになった。ひとこがいなかったら、つまり半年前だったら落ちたかもしれない。ひとこと仲良しなのも嬉しい。ゆりむのおかえしのうなぎが届く。昼食は、昨夜の鮭が一匹残っていたので、妻とほぐしてお茶漬けにする。茶漬けは、たまに食べるとうまい。鮭とお茶だけだとなんとなくなまぐさい。永谷園の梅茶漬けをかける。やっぱりしっかり出汁が出ての茶漬けである。午後は、企画書づくり。ちょうど昨日amazonに注文かけていた本が数冊届き、用意は万全。妻と2階は買い物に行く。年間企画は、2本作成することに。夕方曇り空になり、寒い。16時30分頃母に言われて、洗濯物を取り込む。まだちょっと生乾きなので部屋に干す。夕餉は、2階から同じくゆりむのお返しのハンバーグ。湯せんにかけて、少しフライパンで焼けば出来上がり。意外に美味しかった。再び、企画書づくり。しかし、11:45からのおしん一週間分を見るため、趣旨説明は時間切れ。明日に持ち越すことに。

cauliflower at 23:08|PermalinkComments(0) 資料作り | ヅカ

March 06, 2020

席数の上限が決まっていると、当たる確率は低くなる、当たり前だ

昨日届けてくれた緑をパラパラ開く。きれいにできていて、これで取材者も喜んでくれたなら、こんなにうれしいことはない。これでたくさんもらえるたらいうことなしだけど、そうはいかんのだよ。昨夜送った朱字を入れた原稿の応答はない。リモートとはいえ、個人のメアドへ転送される手はずになっていると言ってたので、第二次先行予約の抽選にエントリー。えつさまのぶんと2人ぶん。これで当たればW効果かと思ったが、すべてあわせて席数の上限がきまっていることがわかった。つまり、2人分エントリーすると、単純に2席になって、確率は2分の1になる。かむいへランチにいくと、今日も休み。しかも、なんの張り紙もない。新型肺炎にでもかかったのか。心配だ。Ohshoで極王炒飯と中華スープ。事務にもどって、取材の下調べ。クラウドファンディングの研究は、極端に少ないとよここくの研究者が報告していたが、全くないわけではなく、ネット上で2,3論文を見つけた。日曜日までに提出せよ、というミッションもあるので、そっちのリサーチもしなくてはならない。外が暗くなりかけたので、出かけることに、渋谷のmaruzen。新泉下車で約10分。各駅しか止まらないけれど、こっちの方がちかくていいや。残念ながら掘り出し物はなかったが、使えそうなネタはみつかった。20時過ぎに帰宅。夕餉は鮭。

cauliflower at 23:27|PermalinkComments(0) ヅカ | 資料読み

March 05, 2020

再手術なし、だったら早く言ってよ、だ。

朝一でメールの返事を書く。本当は、昨夜中に送らなきゃいけないものだったが、結局いつもこうなってしまう。大急ぎで風呂掃除。ツッキーを連れて、港北の動物病院へ。前回、もう一回手術をするような話をしていたので、僕は覚悟してきた。先生に呼ばれて、内心ドキドキしながら診療室へ。ところが、先生の口からは意外な言葉が。もうこなくてもいいと。一応レントゲンは撮るけれども、よほどひどいことにならなければ、今日で最後だというのである。まるで話が違うではないか。妻は、再手術なんてごめんと言っていたが、僕には先生の言葉を信じて、ボルトは抜くべきであり、そうすればびっこもなくなる。ところが、先生もよほどのことがない限り、再手術はするべきでない、というのである。ボルトを抜いたからといってびっこが完全に治るわけではないし、麻酔のリスクなどを考えるとやらないにこしたことはないというのだ。僕の援護射撃はなんだったのか、完全に肩透かしだ。まぁ、僕も本心はやらない方がいいと思っていたので、結果的には良かったわけだが、やれやれだ。妻はそれじゃそれいゆにそのことをつたえたほうがいいでよね、というと、「あっ、いつも来られた時は、こちらから経過などを逐一お伝えしています。だから、連絡する必要はありません」とぬかしおった。帰りぎわに封のしてある封筒をくれて、万一の場合は、これをわたしてください、と言っておったのに。いろいろなことが、空回りしていたようだ。帰りにいつものようにIKEAのレストランへ。僕は、グリーンスライダーという野菜のハンバーガーのようなものとコーンスープとサラダ。冷凍食品を買って帰る。自宅で、まず、iPhoneのSpeechyをDLしようとしたら、すでにDLしていたのが再生し、しかもバージョンアップしていた。しかも有償版のプロがあるので、そっちに乗り換える。ためしに、今原稿整理していたtmサロンの原稿を読み上げてみる。すごく向上していた。これなら、ノムさんの原稿に使える。ねじまき鳥のチケット払い戻しと10月のケミブラのチケットと妻のブルームテックを買いに一中横のファミマへ。問題の原稿整理をする。少々無礼な手を入れて、ひーさまに送ってしまった。ちはるちゃんにみやさんのプロフィールを送る。などなど、今日も忙しかった。

cauliflower at 00:34|PermalinkComments(0) わんちゃんにゃんちゃん | 原稿整理

March 04, 2020

三人みんな同い年。タッグを組んで70歳まで頑張ろう、なんちゃって。

朝一で、Tのふたりにメールで返信。Tは昨日より、リモートワーク。ぼくらはずっと前から、自作というなのテレワークを実践してきた。Macは事務所と自宅に1台づつ。労務管理も自主的に遂行。別に世間がテレワークだリモートワークだと騒ぎたてなくても、ずっとまえからやってたのだ。だから、いつも通りにやればいいのだけれど、世間はそうはいかないらしい。タイムレーダーのアプリを入れて、自宅にいながら、出社した形態を取り、夕方再びタイムレコーダーを押して、帰社する。はたしてどこまでが仕事で、どこからが仕事でないのか、その線引きをはっきりさせたいらしい。大企業ってめんどくさいんだね。事務所に着いたのは12時。本日の打ち合わせの準備やら、インタビューの準備など。ランチはろあんでつくねごはんとせいろ。寒い時にせいろというのもいいものだ。さろんの原稿がくる。ものすごく期待していたのに、見事に裏切られた。構成がむちゃくちゃで、趣旨が読めない。手を入れ始めると、全部書き直したくなる部類の原稿。かなりやったが、半分でタイムアウト。続きは、打ち合わせ終えて帰宅後か。18:30に新宿のMUJIでまちあわせ。ノムさんはすでに来ているが、ミヤさんはまだ。久しぶりにビール。ほどなくして、やってきた。3人共同級生。今回は初回分とこれからのスケジュールについて軽く打ち合わせる。今回の映画の連載、初めてのことがいっぱいある。まず原稿は手書き。じつは、イラストも手描き。絵具を大きめのボードに描くので、よろしくといわれた。レイアウト見本を見せると、ミヤさんはワイドスクリーンの方がいいと。ギャラがといったが、それは関係なくて、こっちの方が描きやすいらしい。それで、ミヤさんの、締め切りもノムさんに合わせて、10日にした。これから1年、毎回10日に集まって生原稿とイラストを回収することになりそうだ。70歳までこれを続けて書籍化し、その時点で、僕も現役生活を終える。なんか、悪くないきがする。

cauliflower at 23:55|PermalinkComments(0) 執筆依頼 | ミーティング