December 29, 2003

「魅惑のチャチャチャ」オルケスタ・アラゴーン

フランス文化の香りをプンプンさせたチャチャチャというと、いったいどんな音楽だろうと思うでしょう。そうなんです、ハイチからキューバに渡って胚胎したチャランガ・フランセーサは、キューバ産のハマキをくわえて見るフランス映画のような、なんとも不思議な音楽。ヴァイオリン・アンサンブルを中心にフルートが優雅で気品のある雰囲気を醸し出します。なのに、踊れるんですよ、これが。僕はというと、じつは原稿を書く時によく聴いているんですね。
オルケスタ

cauliflower at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ラテン 

December 26, 2003

「WAKA/JAWAKA」Frank Zappa

1977年のことです。僕は、SEGOの門をたたきました。志を同じくする荒くれどもがすでに松濤に結集していました。N君もその一人。彼は横浜馬車道の呉服屋の御曹司。アバンギャルドなドラムと謡とエロスを愛するハンサムボーイでした。ザッパを初めてちゃんと聴いたのは、彼のうちに遊びに行った時です。けれん味たっぷりで毒に満ちた、でもとびきりステキなその音をいっぺんで好きになりました。彼とは、その秘密結社での数年間に及ぶ工作活動の後も、一緒にいろいろ悪さをしました。悪ふざけに明け暮れた20代。まるでザッパの音楽のような日々でした。
「WAKA/JAWAKA」Frank Zappa
ザッパ

cauliflower at 14:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ロック 

ノヴァーリス『ノヴァーリス全集』牧神社 1976年

世界の一切は、さまざまな結合と遭遇との出会いによって生成(うま)れるのです。その瞬間が快感であり、陶酔です。僕は今すべてを捨てて、山に入ろう。そして、大地の霊と交歓するのだ。
「時に星が人間であり、またたちまちにして人間が星であった。石が動物になり、雲は草木であった。」
「ザイスの学徒」を読み終えた時のあの高揚感を一生わすれることはないでしょう。僕はすっかりりっぱな鉱山技師になっていたのですから。そして傍らには愛しきゾフィーが…。
『ノヴァーリス全集』牧神社、1976年

ノヴァーリス

cauliflower at 00:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)書籍 

December 24, 2003

「グッバイ・スィングタイム」ザ・マシュー・ハーバート・ビッグ・バンド

ふだん電子音楽をつくっているマシュー・ハーバートがビックバンドに挑戦した意欲作。といっても、グレン・ミラー楽団をやるんじゃないのです。総勢20名のメンバーのために書かれたスコアをいったんズタズタに解体したうえで再構築し、さらに、彼らがスタジオで楽器以外に鳴らした音を、そのなかにパッチワーク状にちりばめる。「なぜそんなのが面白いの?」ということを、これでもか、これでもかとやりまくっているのです。でも、これがめっぽう面白い!! そして、なんと彼は新宿リキッドルームでライブまでやってのけました。フロアを躍らせないビッグバンドってたぶん彼らのほかにはいないでしょうけどね。
マシュー

cauliflower at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)post jazz 

December 23, 2003

『キッチュ まがいものの時代』

『遊』がまだオプジェマガジンと名乗っていた第1期の編集者、松岡正剛と上杉義隆に美術評論家の石子順造が加わって制作された「キッチュ」づくし。キッチュと思しきものを片端からコレクションした図像と、キッチュとまじめに向かい合った論文ががっぷりよつで対峙するという奇っ怪このうえないこの本を古本屋で見つけた時は狂喜乱舞しました。松岡さんと『ガロ』系の石子さんが一緒に編集しているというのも興味深々。ですが、なんといってもあの杉浦康平さんが俗悪趣味に徹したデザインをしているというところが見物です。
『キッチュ まがいものの時代』ダヤモンド社、1971年
キッチュ

cauliflower at 00:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)書籍 

December 22, 2003

「弦楽4重奏曲 第1番クロイチェル・ソナタ 第2番 ないしょの話」ヤナーチェク

ひとの話が旋律のように聞こえる。そんな経験ってありますか。ヤナーチェクはよくひとの会話や話し声を採譜して記録したんだそうです。モラビア出身のそんなユニークな音楽家のことを中沢新一さんの『音楽のつつましい願い』(筑摩書房)を読んで知りました。すぐに興味を持って買ったのがこれ。タイトルの「ないしょの話」というのは、ヤナーチェクが60歳をすぎた時、なんと三回りも歳下の人妻カミラと恋に落ちた時にあてた恋文のこと。旋律を言葉にできたヤナーチェクの必殺技手というわけです。
ヤナーチェク

cauliflower at 21:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クラシック 

December 21, 2003

『批評あるいは仮死の祭典』蓮實重彦

大学に入った年の大晦日のことです。僕は、なぜかこの一冊を布団の中でむさぼり読んでいたのです。そして元旦。布団から出た時には、まったく違う思考を始めていました。フーコー、ドゥルーズ、バルト。この著者を通じて知ることとなったフランス現代思想が、その後の僕の行く末を決定づけました。
でも、まさかこの著者が十数年後に東大総長になるなんて、誰が想像できました?
『批評あるいは仮死の祭典』1974年せりか書房発行。
批評あるいは仮死の祭典

cauliflower at 00:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)書籍 

December 20, 2003

「DE9 CLOSER TO THE EDIT」 Richi Hawtin

2001年のフジロックのことです。グリーンステージで隣にいた男の子が声をかけてきました。田中君というアーティストにしてDJ。彼は、前日に見たプレイがよかったんで、フジロックのオールナイトでもう一回彼が回すと聴いてオートバイにのって駆けつけたのでした。彼の名は、Richi Hawtin。1曲から何百ものビートを切り取って、それをまた再構築するというデコン派DJ。デトロイトテクノの継承者でもあります。田中君に勧められて買ったのがこれ。すっかり僕もファンの一人になりました。
richie hawtin

cauliflower at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(1)テクノ 

December 19, 2003

『アイドルを探せ』吉田まゆみ

今お風呂でラジオを聴いていたら、ユーミンと小林克也が80年代ポップスについて語り合っていました。二人によると、80年代って「寝つきの悪い時代」(ユーミン)、「いや、寝つきはいいんだけど、すぐ眼が覚めちゃう感じ」(克也)だったんだそうです。でも、80年代を代表するミュージシャンといえばやっぱりユーミンですよね? ということは、寝つきも悪いし、寝ては眼を覚ますような…、不眠症の音楽か。
あえて音楽は避けて、80年代というと僕はこれ。チカちゃんみたいな女子大生はこの時代たくさんいましたよね。
『アイドルを探せ』吉田まゆみ 1985年
アイドル

cauliflower at 23:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)コミック 

つげ義春作品集

下北沢の当時よくかよっていた古本屋に『ガロ』の別冊(作家特集)が数冊並んでいるのを見つけて、思わず買った一冊が「つげ義春」の特集号でした。ごたぶんにもれず僕も衝撃を受けました。なによりも「メメクラゲに左腕を噛まれた少年が海から現れる」その冒頭の作品には戦慄。この「ねじ式」は、コミック表現が格段に広がった現在であっても、アバンギャルドな精神性では一歩もひけをとりません。
『つげ義春作品集』は、その別冊号をまるごと愛蔵版に編集し直したもの。1973年発行。ちなみに、この表紙の絵が「メメクラゲ」の問題のページ。
つげ

cauliflower at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)コミック 

December 18, 2003

「ポートレイト」カエターノ・ヴェローゾ

ブラジリアに行った時のことです。カメラマンの伊奈英次さんと撮影の合間にカフェでお茶をしていたところ、突然BGMから今まで一度も聴いたことのない旋律が聞えてきました。いったいなんだこの音楽は。そのカフェの入っていたショッピングセンターには都合のいいことにレコードショップがありました。すぐに飛んで入って、「今、かかっているのはどのレコード?」とかたことのポルトガル語で(うそです英語)尋ねました。それがカエターノとの出会いでした。そのBGMとは、このライブ版の5曲目「QUEIXA」。「王女様 君は僕を打ちのめした」とリフレインする曲。もちろんカエターノは男性ですが、ちょっと出来すぎな話でしょ。
ガエターノ

cauliflower at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(1)ブラジル 

December 17, 2003

「幼児イエズスに捧ぐ20のまなざし」オリヴィエ・メシアン

カトリック教徒ではないので、カトリック神秘主義というものがどういうものかは知りませんが、このアルバムに収められている20の小品は、メシアンの解釈したカトリック神秘主義を作品化したものだそうです。4つの主題が循環するピアノ曲。最初何度聴いても20も曲がない。もしかして乱丁かと思ってタワレコに訴えようと思ったら、2枚組だったというアホなオチがつきました。
「幼児イエズスに捧ぐ20のまなざし」1994年
メシアン

cauliflower at 19:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)現代音楽 

December 16, 2003

イマージュの解剖学

ハンス・ベルメールと呼ぶだけで声が震えてしまいます。四谷シモンの魂のお師匠さんでしたっけ。澁澤龍彦の部屋に飾れていたドイツ少年ももちろん好きですが、やはりお師匠さんの胴体だけの少女にはかないません。
卒論にバタイユを選んだ時、僕の頭の中にあったのはこの少女の姿態でした。「…匂う内側の皮膚は、花をむさぼり食べる。…」
『イマージュの解剖学』河出書房新社1975年
イマージュ

cauliflower at 20:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ヴィジュアル 

December 15, 2003

病める舞姫

日曜日に川崎市岡本太郎美術館で開催されている「「肉体のシュールレアリスム 舞踏家土方巽抄」に行て、土方巽の舞台を撮影した「疱瘡譚」フルバージョン(95分)を見ました。
1972年アートシアター新宿文化「四季のための二十七夜」の一つとして上演されたもので、土方のソロがふんだんに見れる映像記録です。舞踏とは土方巽のことだったと改めて確信しました。それで本の一冊目は83年発行『病める舞姫』(白水社)に。
病める

cauliflower at 00:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)書籍 

December 14, 2003

「lovemen plays for psychical sings」emergency!

新宿ピットインで「ビル・ラズウェル、大友良英、芳垣安洋」のライブを見ました。
ゲストに勝井祐二(Vn ROBO)、菊池ナルちゃん(Sax DPRG)。すさまじい演奏でした。こんなエッジのきいた、サイキックなセッションはひさしぶり。すっかり堪能して帰ってきました。そんなんで今日は、ビル・ラズウェルはいないけれど大友と芳垣が炸裂している「emergency!」2003年に。

emergency!

cauliflower at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)post jazz 

December 13, 2003

ブレイブ・コンボのクリスマス

これから我が家の本やレコード、CD、好きなものをおいおい紹介していきます。本は3000冊、レコード、CDあわせて1200枚、好きなものは、たとえば「タイムスリップグリコ」とか……。
その記念すべき一回目は、季節柄クリスマスものにしました。
「ブレイブ・コンボのクリスマス」91年
ワールドミュージックが盛り上がっていた91年のちょうど今ぐらいの季節に買った1枚。お気に入りは、4曲目の「イッツ・クリスマス」。チャチャチャとサンタの衣装がこんなにマッチするなんて思いもしませんでしたね。ツリーの前ではじけること間違いなしです。
ブレイブ・コンボは何回か来日もしていて、3回目だったと思いますが渋谷に見にいきました。とにかく芸達者な人たち。マンボにサンバにポルカに、次々と繰り出されるリズムに会場はやんやんやんやの大喝さいでした。
ブレイブ・コンボのクリスマス

cauliflower at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ワールドミュージック 

September 05, 2003

イリ・キリアンのサビーネプロジェクト

彩の国さいたま芸術劇場へ。イリ・キリアンのサビーネプロジェクト。演目は、「When time takes time」(昨年初演)「Far too close」(03年9月5日初演)。出演は、サビーネ・クップファーベルク、エゴン・マドセン。いずれも、30分、25分と上演時間は短い。「When time takes time」の方は、オープニングに度肝を抜かれた。カーテンの裾が舞台床一杯まで下ろされていて、最初舞台に布が敷き詰められているように錯覚した。ところが、金属音とともに巨大な人影が舞台上手に表れ、その指先が中央のカーテンから覗く。極端にパースがついた人影が出現したと思えばいい。そのあと、もう一つの人影。ゆっくりとカーテンが上がっていく。二人の人物による感情を秘めた静かだが力強いダンスが始まる。二人は離れたり接触したり。女性は、時に大声で笑い、時に独り言を言う。男性は、終始沈黙。全体に跳躍、走ったりということはなく、リフトはあるがそれも非常にゆっくりとしたもの。移動も少ない。しかし、動きがないというのではなく、手が烈しく動いたり頭が振られたりということはあるが、舞踏のような痙攣的な微細な動きはない。それなのに、二人の身体は、強烈な強度を放つ。感情とか情感が身体の表現として表出するということは、こういうことをいうのかと改めて確認された。最後は上から赤い花が散ってくる。次の「Far too close」は、舞台一面に赤い花が敷き詰められている。イスに座る女性がもう一人加わる。しかし、主演どころか、どこにもクレジットがないところをみると人形だったのか。今もってよくわからない。いずれにせよ、その三人のダンス。こっちは、背景のスクリーンにサビーネの鎖骨から上の裸の映像が映し出される。リアルタイムであったり、リレーがかかっていたり。ここでのサビーネのダンスは、さらに感情的。動作は大きく、いわゆる陳腐な所作が繰り返しでてきたり、こっけいな場面もある。イスが効果的に使われ、もう一人の女性と三人でからむ場面も。最後のシーンは、エゴンが一人中央にたたずむ中、敷き詰められた花をかき分けるように、サビーネがもう一人の女性をゆっくり円を描きながら引きずり回す。キリアンのダンスと音楽は切っても切れない関係にあるといわれているとおり、音楽がよかった。「When time takes time」はベートーベンの「月光」。それも子どもの弾くたどたどしいもの。それに打楽器系の効果音が差し挟まれる。「Far too close」はオリジナル曲。動作と効果音が一寸の狂いもなくシンクロする演出。音を使うというのは、キリアンにとっては音をBGMとして使うのではなく、音ともに踊るという意味らしい。その意味では素晴らしい演出。

cauliflower at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ダイアリー | アート

August 08, 2003

「nobody Eve だれでもないもののイヴ」

「nobody Eve だれでもないもののイヴ」シアタートラムでのダンス公演。笠井叡さんのコレオグラフィという珍しい作品だ。4列目の中央の席。ペトラとガルドーナがソファの前で踊り、そのあと山田せつ子と木佐貫邦子が一人づづ踊る。山田は、やはり天使館系の舞踏だ一目でわかる。木佐貫は初見だが、スポーツの体操競技のような踊り。これ自体嫌いではないが、あまりにもこれまで見てきたものと違うので、最初強い違和感を感じた。要は、意識的にこういうダンスをしているのかもしれないけれど、モダンダンスの系統なのだろう。もとにバレーのフォーマットを色濃く残しているモダンダンス。こんなにも身体に深く刻印されたいるものかと正直驚いた。山田のダンスは、暗黒舞踏ではないので、意識してみないと同じような踊りにも見えてしまうが、完全に違うことがよくわかる。手の動かし方、腰の使い方にはじまり、旋回やひねり、ジャンプや寝込んだ姿まで、似ているが大本のところがまったく異なる。「身体の行為、しぐさをちょっと見るだけで、その人の履歴がわかるわ」と羽鳥さんはおっしゃったけれど、その言葉がこれほど的確だとは驚きである。
身体と履歴、記憶の構造化という問題を考えるとていいケーススタディになった。ペトラは観客席におりてきて、なんと僕の前までやってきて僕に目配せ。スポットを浴びてしまった。ペトラは感情派の踊り。カルドーナは技巧派。二人ともうまい。あとから山田さんにうかがったら、すべて振り付けられていて、ソファを使って4人で戯れる場面があるが、あの前後の15秒だけが即興。それを聞いてふたたび驚く。即興のようにしか見えない振り付けってフォーサイスではないか。
全体の流れ、場面転換は、いかにも笠井さんらしい。音楽や装置こそ今風になったけれど、昔から変わらない。それも面白かった。ただ、もっとも印象に残ったのは、二人の舞踏家の年齢。山田さんはもう52歳。そして木佐貫さんは40代。ある程度年端を重ねてきた二人の女性の身体というものが、だんだん最後になるにしたがって前景化してきたのだ。そう見ると、ペトラの30代の身体、そしてやはり一番若かったカルドーナの20代の身体。身体とジェンダーという問題系がこういうかたちで浮上するとは思いもしなかったので、僕にはとても興味深く感じられた。木佐貫さんはけっこう頭が大きい。山田さんは、立ち姿が少年ぽい。

cauliflower at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ダイアリー | アート

July 08, 1981

勅使河原三郎の「Luminous」を観る

シアターコクーンで勅使河原三郎の「Luminous」を観る。オープニングはとてもかっこよかった。手が小刻みに猛烈な速度で上下したり、最初から勅使河原さんのダンスは加速度感があふれていて見ごたえがあった。音楽はノイズとミニマル系のエレクトロと室内楽がノンストップにリミックスされた感じ。可動式の正方形のガラス板が天井から数枚吊るされていて、また観客席前の舞台にはやはり小さなガラス板がドミノ倒しのようにきれいに並べられている。第1部は激しく動き回る数名のダンサーとほとんど動かない一人のダンサーの組み合わせに黒人のエブロイ・ディアの詩の朗読がからむ。休憩はさんで第二部は初っぱな吊り下げられた人間が登場。舞台上には巨大なあつみのある正方形の白い板が3つ開いたり閉じたりずっと動いている。スペクタクルな舞台はかえって印象を薄くする。最後の方で勅使河原のソロ。しずかに踊りはじめるとほかの女性たちの動きとまるでちがう。いよいよクライマックスで全盲のスチュアート・ジャクソンが勅使河原とデュオで踊る。これが圧巻。先天盲で全盲。動きがかなりへん。本人は意識していないのだろうが、踊りがやはりへんなのだ。言いにくいが動きがなんとなくどんくさい。回るのでも、非常に丹念に回るのだけれど、度が過ぎてへんに見える。知覚器官を一つ遮断すると、身体の別のところが欠損を起す。それがここではへんな動き方という形で出てきた。勅使河原のはうま過ぎて観ていてちょっと飽きてくるが、スチュアートのはもうどんな動きも見逃せないという感じで観ていた。勅使河原はなぜに彼とデュオをやろうと考えたのだろうか。どうみたってスチュアートの方がへん。土方巽さんの歩行も飛びきりへんだったけれど、スチュアートのもかなりきていた。最後の拍手も一人うけていた。しかし、今回のダンス作品は、作品そのものより、作品以前の戦略のようなものが見えてしまったのは残念だ。

cauliflower at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ダイアリー | アート