January 14, 2007

銀座の路地は、歴史によって成立の仕方が違うということを知った。

朝 パン(ハム&チーズ)、レタス、メープルシロップ/コーヒー
昼 炊込みご飯、インスタントみそ汁(ほうれん草と合わせみそ)
夜 アマトリーチェ(パスタ)、生ハム・玉子・レタスのサラダ/Rocca Alta Primitivo di Puglia 2005(赤)
晴れ

9時起床。朝食。ミルゥの散歩は野川河川敷。明日の岡本さんの取材のために、著書である『銀座四百年 都市空間の歴史』と『江戸東京の路地 身体感覚で探る場の魅力』を読む。路地を構造的に把握し、分類と都市論的に分析していて大変役に立った。もっと早く読むんだった。昼食の後、仙川へ。妻と娘はユニクロで買い物。ついでに母にフリーズを買う。洋服屋で娘はワンピ、妹に誕生日のブレゼントで手編み風のショールを買う。カルディにプリミティーヴォが入荷されているので、思わず2本買ってしまった。ニャンの餌と3人のお茶わんを購入。今日はお買い物の日になってしまった。帰ってミルゥの散歩。そのあとパスタをつくる。ベーコンとパンチェッタの両方を使用し、ニンニク・タマネギを入れるタイプの辛いトマトソース。美味しくできた。もちろんサラダも。「華麗なる一族」を見る。衿野さんから原稿が届く。

cauliflower at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クッキング | 読書

January 13, 2007

数式で表現した方がいいというものが確実に存在する。金子さんの「よどみ」がそれ。

朝 パン、レタス、ハムエッグ、メープルシロップ、コーンポタージュ(昨日の)/コーヒー
昼 豚トロカップ焼きそば
夜 カレイの煮付け、水菜のサラダ、山芋の千切り、白菜のみそ汁、炊込みご飯/一番搾り、酒朋(高千代酒造 原酒)
晴れ

8時30分起床。朝食、ミルゥの散歩は野川河川敷をぐるっと一周。金子さんの原稿の後半。目処はついているので、フィニッシュに向けてとにかく書く。お昼のあとも書く。今回は、インタビューの言葉にできるたけ忠実に書くことをこころがけた。細かく著作を拾いだしたら、多分本と同じものになってしまう。それに、きちっと全て理解しているわけではないので(それはぼくの理数系の理解力では無理)、いくら書いても書ききることができないと思うから。夕方のミルゥの散歩は、珈琲工房経由。珍しいペルーの豆を購入。
なんとか書き上げる。それでも45枚程度にはなってしまった。燗酒をいただく。煮魚とは本当に相性がいい。

cauliflower at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 仕事 | ダイアリー

January 12, 2007

あんちゃんは昨日退院した。これからはリハビリだ。

朝 パン、レタス、ソーセージ、メープルシロップ/コーヒー
昼 牛丼、みそ汁、浅漬け、生卵
夜 豆腐ハンバーグ(大根おろしとポン酢)、ほうれん草とコーンのソテー、キュウリのサラダ、わさび漬け、コーンポタージュ、ご飯
晴れ

7時30分起床。妻が今年始めてのスイミングのため、ミルゥの散歩。事務所についてみうらさんの連絡先をみんなに聞く。以前原稿を書いてもらってから6年近くたっていて、どうやら引っ越ししたらしい。新住所は分かったが、電話・Faxもメールも記されていない。104に訪ねるが、電話番号は登録されていないとのこと。引っ越し先が同じ区内なので、あるいは変っていないかもしれない。それにかけるしかないだろう。これは娘のしごとなので、ぼくはここまで。宇沢先生へ連絡。同志社大学の研究センターにtel。東京で窓口になっているところの担当者が病欠。依頼書を代わりにFaxを転送してくれるとのこと。TASCと講演会と原稿依頼の件で連絡。昨日の原稿の続き。9時まで。なんとか25枚までたどりつく。あと少し。帰りにタワーに寄る。渋さのトートバックをゲット。JAZZの売り場で試聴した『The New Master Sounds/102%』がカッコよかったので即買う。Funkが聴きたかったのよ。

cauliflower at 16:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ダイアリー | 仕事

January 11, 2007

原稿執筆にやっととりかかる。なかなかリズムがつかめない。

朝 パン、レタス、ソーセージ、メープルシロップ/コーヒー
昼 GOOTA、ピーマンの肉詰め、ブロッコリー
夜 コロッケ、キャベツ、ミニトマト、ほうれん草とジャコの和え物、蒟蒻と牛蒡のきんぴら、豆、納豆、わさび漬け、トマトとネギのみそ汁、ご飯
晴れ、曇り

8時起床。朝食。本日は自宅で原稿執筆。橋爪さんにお断りのメール。宇沢さんにtelするが出ない。社会的共通資本研究センターでいいのだろうか。浜田さんは奈良女子大に移っていた。奈良に行くので好都合だ。原稿書き始めるが、なかなかリズムに乗れない。思ったように進まず、本日は5枚まで。

cauliflower at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 仕事 | ダイアリー

January 10, 2007

思ったようにはいかないこともある。それも編集というものだ。

朝 パン、レタス、ソーセージ、カボチャのサラダ(昨日の)/コーヒー
昼 チキンカレー
夜 鱈のジェノベーゼソース、焼き豚ともやしのサラダ、豆、わさび漬け、タマネギのみそ汁、ご飯
晴れ

8時起床。朝食。10時30分出社。資料などに目を通す。13時15分に大岡山のドトールにつく。すぐに所長と新留さんと打ちあわせ。「Tasc monthly」の原稿依頼の件。連載の中川さん気がつけば締め切りだ。大変すぐに督促しなければ。約束の時間になったので橋爪研究室へ。講演会&交流会の打ち合わせ。ところが、先生の話は、「たばこにはひとつもいいところがない」という前提から始まったので、こりゃちょっと困ったなと思っていると、生活習慣病におけるリスク要因であり、受動喫煙も事実だという認識。もちろん、社会学者としては、たばこがいいか悪いかという判断はメーカーがするもので、現状の分析をすればこと足りる。科学的根拠をもとにたばこは悪いと言ってるわけではないし、むしろ問題は、それとは無関係に多くの人がたばこはイヤだという事実があるとき、どう折り合いをつけていくか、それを社会学のいろいろな考え方に照らし合わせて考えていくと、やはりたばこはそうとうに分が悪い。それ自体が問題なのだ。とりあえず日程等を決めて研究室を後にした。そのあと3人で協議した結果、この新しい試みの第1回とこともあるし、やはり、この内容で話を展開してもらうのはむずかしいのではないかという意見で一致。残念だが今回は見合わすことにした。やれやれ、なかなか難しいものだと痛感した。おお急ぎで半蔵門へ。時間をまちがえて、10分遅れる。すでに塩事業センターのお二人と真嶋さんは歓談中。原稿の正式な依頼をしたとのこと。原稿の仕様や雑談を交えて、打ち合わせは終了。こっちは、原稿さえよければまったく問題ない。あとは待つばかり。真嶋さん、今年居を三番町に移すとのこと。セレブだなぁ。ABCで小泉義之さんの新訳『意味の論理学』上下、赤川学さんの『構築主義を再構築する』を購入。事務所にもどって、いただいた賀状に返事を書く。木本圭子さんが文化庁メディア芸術祭大賞受賞したことを萩原君の年賀状で知った。こりゃ大事件だ。

cauliflower at 21:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 仕事 | ダイアリー

January 09, 2007

事務所で新年会。だらだら飲んでしまって年賀状の返事すら書けなかった。

朝 パン、レタス、ハム、あんこ/コーヒー
昼 量販店で買った寿司、豆腐、シュウマイなど/酒朋(高千代酒造 原酒)、グレンフィディック
夜 ピーマン肉詰め、カボチャのサラダ、みそ汁、ご飯
晴れ

8時起床。朝食。ビックカメラによってニンテンドーDSがあるか見たら、あるどころか入荷未定、予約なしというメッセージ。そういことになっているのか。事務所で年賀状のチェックなど。斎藤さんとLifeへ食料の買い出し。昨年食べ物がなかったことで一年中言われたので、今回はたっぷり購入ル。新年会。いつものように、だらだら話てしいたらいつのまにか11時になっていた。なんと8時間も飲んで喰っちゃしていたのだ。

cauliflower at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 仕事 | ダイアリー

January 08, 2007

P-noとビル・ヴィオラの「 はつゆめ」

朝 ベーコンパン少し、マフィン少し、パンドゥミ、レタス、ハム、あんこ/コーヒー
昼 カップ麺(みそ)
夜 ラーメン(手づくり/焼き豚、ほうれん草、しなちく、ウズラの卵、海苔)、蒸し餃子、シュウマイ
晴れ

8時半起床。朝食。ミルゥの散歩は野川の河川敷。掃除。昼食のあと、クルマで二人を乗せてP-noへ。いつものコースを行くが、今日はあいにく成人式。世田谷市役所前に晴れ着姿の新成人がわんさか集っていた。着物は、全体に渋めが多いような気がした。いかにも華やかというのではなくて、しっとり落ち着いたがらをオシャレに着る。男性はスーツ姿がほとんどだが、数人小さな三つ編みでドレッド風。スーツには似合わないと思うけれど、昔じゃぜったいになかったスタイルだ。そんなんで、遅くなっててP-noには15分遅れ。二人を降ろして、事務所へ。郵便受けが大変なことになっていた。新聞がいけないのだ。年賀状と郵便物で口から飛び出しているほど。一昨日の雨で、新聞が数日分郵便ポストの下に落下していた。請求書が新聞にまざって、あやうく落としてしまうところだった。事務所へは多分今年一番乗りだ。年賀状を分類していたら時間になってしまった。クルマは事務所に置いてP-noへ歩いて行く。二人はカットの最中。今日は、まず頭を洗ってカットから。松本さんはみんなかけもち。息子さんがミラノに店を出した話を聞く。小さい店らしいが、繁盛している様子。現地の人と日本人が半々とか。かなり離れたところからもきているらしい。現地で発行している日本人向けの新聞に広告を出稿していた。その新聞の記事によると、イタリアは出生率が落ちる一方高齢化が急速に進む。離婚率が30パーセントと高く、脱税天国というところ以外は日本と極めて似た状況になっている。
バスで森美術館へ。「ビル・ヴィオラ: はつゆめ」展を見る。今日が最終日。会場に入ると、いきなり高さ4メートルのスクリーンの裏表に炎に包まれる男と水に打たれる男の映像。度肝を抜かれる。そのあと、高速度撮影により超スローモーションな映像作品が続く。1分間の映像を81分に引き伸ばした「Anima」、正面の何かに向かって縦に並んだ人々の視線が釘付けになる「Observance」、マニエリスムの画家ポントルモの作品「聖母のエリサベツ訪問」に着想を得たという、3人の女性の45秒間の出会いを10分間に引き伸ばした「The Greeting」。水に服を着たまま男が飛び込むシーンをスローモーションの5つの独立した映像にした「Five Angels for the Millennium」、19人の男女が立つところに突然ホースから噴射された大量の水が襲う「The Raft」など。どの作品も、ぼくの日頃の問題意識、時間と身体行為の関係性と重なるものばかりで、とても興味深かった。超スローモーションによる身体を写し取った映像は、原理的には知覚不可能な領域で発生するイベント。それを可視化するということはそれ自体バラドクスである。その反知覚的体験が引き起こす混乱と眩暈。まさに、ぼくの好むところだ。また、「Anima」や「The Greeting」は、人間の情動・感情というものが、行為とどのような仕組みで接続するか、その有り様を垣間見せてくれる作品だ。ある行為は、アナログ的に連続した行為の連続体であるとは限らない。その行為のはるかのちに表出する別種の行為系に引き継がれる行為を、いわば先取りして表れる時がある。行為の予機的待機という事態を見ることがあるのだ。これはここ何年かのぼくの仮説だった。それが、ビル・ヴィオラの映像によって、実際にこの目で確認することができた。

cauliflower at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イベント | ダイアリー

January 07, 2007

今年はじめての仕事。執筆に取り掛かる前の資料読み。

朝 パン(あん&クリーム)、パンドゥミ、レタス、焼き豚、メープルシロップ/コーヒー
昼 七草がゆ、漬物、鯖の竜田揚げ(昨日の)/コーヒー
夜 カルボナーラ、海老と水菜、レタスのサラダ(サザーン・ドレッシング/手づくり)/ワイン(赤 Robert Mondavi Woodbridge Califonia 2004)
晴れ 
9時起床。朝食。ひさしぶりにサンデープロジェクトを見る。ミルゥの散歩は野川方面。アヒルさんが少し下がってきていた。かなりやばくなってきたので金子さんをやろうと資料を読み直す。すっかり忘れてしまっている。風邪とノロと福島正月で20日近く間があいてしまったものだから無理もない。お昼は七草がゆ。再び資料読み。夕方のミルゥの散歩は、妹の家経由。甥っ子にお年玉。甥っ子ったら、年初めには期待していたらしいのだが、父から予想外の金額をもらって、目標に達してしまったらしく、ぜんぜんもらいにこない。わざわざ持っていったわけだ。御代橋を通って戻る。カルボナーラをつくる。いつもはベーコンだが、今回はパンチェッタを使う。白ワインも少し大目で、パルミジャーノもたっぷり。これでソースにコクが加わった。いつもより、美味しくできた。妻のドレッシングも美味かった。モンダビは防腐剤入りで、どことなく人工的な味。過度に強調されたカベルネ・ソーヴィニヨン。「風林火山」を見る。

cauliflower at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クッキング | 仕事

January 06, 2007

今年最初の行事はお見舞い。

朝 パン(あんこ&クリーム)、パンドゥミ、レタス、ハム、ジャム/コーヒー
昼 コロッケパン、カレーパン(少し)、パエリア(昨日の)/コーヒー
夜 湯豆腐、鯖の竜田揚げ、牛肉と野菜炒め、焼き豚、みそ汁、わさび漬け、ご飯/一番搾り、日本酒(燗)
強い雨

9時起床。かなり強く雨が降っている。朝食。妹からtel。もとのアパートに乗せてって欲しいという。クルマで乗せていく。すでに電気屋さんがインターホンなどの復帰工事を終えていた。紙粘土を使って痛んだ壁の補修。色が似ているからなのだろうが、これはいいアイデア、ほとんど跡が残らない。フローリングの痛みは、補修ペンやクレヨンで直そうとしたが、ちょっと難しい感じだ。帰りに橋本AHへ。100がなぜか25に。先生が間違えたらしい。先生が自ら持ってきてくれると電話してきたが、そのままクルマで寄る。珈琲工房へ。ニューイヤーブレンドのプレゼントをもらう。タンザニア・マチャレ農園と味わいを購入。酒井さんは、18日からインドネシアだそうだ。通常4回のハンドピッキングを8回やっているという現場を視察し、買い付けのため。2月には入ってくるとのこと。ゴーシュへ。妻は1300円も買う。昼食後、クルマで杏林大学病院へ。あんちゃんのお見舞い。受付で杉山夫妻と合流。地下のスタバのそばで関さんと合流。満席だったので外で待っていると、デミタス用のペーパーカップにコーヒーをサービスしてくれた。ほどなくして、?橋さんとT井中さん。そろったところで、病室へ。お姉さんが見舞いにきてらした。あんちゃん、無精ヒゲがなければ、普通と変らない様子。体重はほとんど減っていないらしい。骨盤液をためるために1本チューブがついている。術後は6本ちかくあったらしい。手術は約10時間以上。人工肛門をつくるのに2時間ちかくが費やされたという。1日にすでに抜糸。来週には退院。声が出にくい(出さない方がいいといわれているからと本人は言っている)ので、小声で話をするがつらそうではない。とにかく、おもったより元気なので安心した。ご飯も通常のメニュー。正月に雑煮を食べたら食べ過ぎたらしく、下痢をしたそうな。人工肛門がたべすぎだぞと警告しているようだったと。6ヶ月後には、本当の方の復帰手術を再びする。二度全身麻酔はやはり本人としてはつらいようだ。あまり長いもできないので挨拶をして失礼する。二人を吉祥寺に送っていく。渋滞もなく早くに帰宅。ミルゥの散歩。夜は、まず燗酒と湯豆腐。

cauliflower at 18:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イベント | ダイアリー

January 05, 2007

PCのメールをつなぐ。3台のマシン全部つながった。

朝 あんとクリームのパン、パンドゥミ、グリーンサラダ、唐揚げ(昨日の)、ハム、あんこ/コーヒー
昼 磯部巻き
夜 パエリア(海老、鱈、ホタテ、蛸、烏賊、鶏、トマト、タマネギなど)、水菜とツナのサラダ/ビール(スーパードライ)
晴れ

夜中に突然我慢ができなくなってトイレに起きる。8時に携帯目覚ましが鳴る。再び寝て、8時半起床。朝食のあとミルゥの散歩。新年はじめての野川。ミルゥはやはりここがあっているらしく活き活きとしている。あんちゃんの見舞いの件で石川さんにtel。?橋さんからつい前にtelがあったと。すぐに?橋さんと連絡をとる。明日見舞いに行くことにし、待ち合わせ場所を病棟の地下に入っているスタバにした。関さんとT井中さんにケータイメールで知らせる。眞嶋さんよりメール。清水さんと面会日を決める。この間、ニャンが机にのっかってきて遊べとうるさい。それにしてもしつこい。かわいいから許してあげよう。掃除、プジョーのシートにたっぷりと着いているミルゥの毛をコロコロで取る。お昼を食べて、ずっとつながないでおいていたPCのメールを開通させる。はじめサーバに保存するという設定を忘れたため、Macで受信したメールが消滅。驚いた。妻が買い物に行ったのでミルゥの午後の夕方の散歩。今日の夕飯はパエリア。生協でパエリア用シーフードを頼んだのでそれを使って。ビタークラフトでリゾットをつくる要領で、最後スープを足しながら煮て、蒸すところを手伝う。最後にオリーブオイルをかけて味を整えるのだが、スペインのマラガで食べた時、けっこう脂がきつかったので今日は控えめにした。もう少しおこげができてもいいとおもったが、ここも控えめいした。やはり、魚介類を豊富に使うとそれっぽくなる。ワインがなくて残念。夜は萩原健太の伝説のスーパースター列伝(2)を聴く。NYでプロデューサーをやっていた渡辺友紀がゲスト。マドンナ「ホリディ」の超レアな音源をもってきてくれた。

cauliflower at 21:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ダイアリー | クッキング

January 04, 2007

理不尽な郵便局に母怒る。渋滞なく4時間は自己ベストだ。

朝 パン(チーズ)、レタス、焼き豚、トマト、ジャム/コーヒー
昼 お汁粉、磯部巻き、寿司(昨日の残り)、焼きそば、たこフライ/お茶
夜 海苔弁当(チキンカツ、ちくわの天麩羅)を少し、炊き込みご飯(母から)、蓮根サラダ、グリーンサラダ、鶏の唐揚げ/ビール
晴れ

8時起床。布団を干す。6日間ご苦労さんでした。今年はじめてのパンとコーヒー。日常に戻った。まだ足の親指が痛いのでミルゥの散歩はパス。全部屋の掃除。母を市役所へ。戸籍抄本を取る。そのあと郵便局へ。定期預金の手続き。待ち時間に1時間以上かかるというので母をおいてつまとフジコシへ買い物に。ぼくの方の母へお土産としてイチゴなどを買う。GSにより再び郵便局へ。母は窓口に立ってなにやら職員と話している。身分証明書として健康保険証が必要だというが、持ってこなかった。1時間も待たせておいて、それなら必要なものを先に教えてくれるとかしてほしいと母は抗議。まったくそうだ、案内係の男性職員が暇にしているくらいなら、そのくらいのサービスをしてほしい。こういうのを見ると民営化して当然だと思う。母を乗せて、ふたたびフジコシへ。母に財布をプレゼントする。ダイアルアップでかなり電話代をつかわせてしまったのでそのお礼。お昼のおかずを買って帰り、家で昼食。片づけなどをして、母に別れを言う。15時30分に出る。最初妻に運転してもらい、少し寝る。常磐道のいわき四倉で運転を交代する。今日は渋滞がまったくなく、首都高の6号線(銀座)から3号線へ。渋谷で少し渋滞(といってもスピードが遅くなったくらいで流れていた)に巻き込まれたものの、そのあとはまた用賀までスムースに抜けて、喜多見についたのが19時30分。休憩挟んで4時間は、自己ベスト。最短記録を更新した。ところが、喜多見の「オリジン弁当」で15分待たされた。帰宅して娘と父母にあいさつ。そして、ニャンさん。最初忘れてしまったようで、よそよそしかったが、しばらくして思い出したみたい。はなちゃんには悪いが、ニャンさんはやはりふわふわでなんときれいな猫だろう。みんなでキスのあらし。妻は出さなかった人から年賀状が届き、在庫がない。去年も一昨年もあんなに余ったのに。うまくいかないものだ。

cauliflower at 14:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ダイアリー 

January 03, 2007

ミルゥとサッカーをやって、思いっきり石を蹴りあえなく負傷退場。

朝 お節料理、蛸、松前漬け、磯部巻き、お雑煮/日本酒(一ノ蔵純米・燗)
昼 雑炊(雑煮の具とつゆ)、白菜の古漬け、松前漬け
夜 お寿司、蛸、松前漬け/ビール
曇り

8時起床。箱根駅伝の復路の中継を母が見ていてその音で起きた。三が日ということで、朝食は本日もお節、雑煮、酒の三点セット。ミルゥの散歩。帰ってきて、庭でミルゥを相手にサッカーをする。そこで、事件が勃発。つい熱くなって、築山の手前思いきり蹴ったら、サッカーボールのかわりに石を蹴ってしまった。強烈な痛みが走る。スニーカーを脱ぐと靴下に血がにじんでいる。親指の爪が割れたらしい。血豆もできている。妻に「治療をしてもらったが、「ばかだよ」と終始笑っていた。母は最初心配してくれたが、ことの成り行きを聞くと笑い出す。妻が娘に電話したら、開口一番「ばかじゃないの」と言ったそうだ。以前にも庭でサッカーボールで遊んでいて転んだことがある。なにせ成城石井の駐車場で車止めに足を引っかけてズボンを破き、血まみれになるという前科がある。それもふざけて。少しは年齢を考えるべきだな。午後はWindowsのPCのお勉強。そのあとボルヘスを読み、ブログをアップしたり。夕食は寿司。いつもながら、神月さんの特上はネタがいい。「昭和42年にタイムトラベル」という番組を見る。一年間を月ごとにニュース番組風に追いながら、トピックをバラエティ仕立てで見せる番組。ピエール滝と南野陽子と渡辺真理と赤川学助教授が昭和42(1977)年生まれ。この年GSとミニスカートが爆発的に流行、リカちゃん人形が誕生し、フーテン族と公害が社会問題になり、街では学生運動が盛り上がりを見せた。それにしても、なんで昭和42年なんだろう。母も首をかしげていた。


cauliflower at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スポーツ | グルメ

January 02, 2007

正月二日目は、やはりお節料理とお雑煮。買い物とビール飲みながら「フィレンツェ」

朝 お節料理、蛸、松前漬け、磯部巻き、お雑煮/日本酒(一ノ蔵純米・燗)
昼 おせんべい
ビール
夜 お節料理、もやしなどの野菜炒め、ご飯、生卵、雑煮の汁に里芋
曇り

8時30起床。だんだん起きるのが遅くなる。お節料理とお雑煮、そしてお酒、の二日目。ミルゥの散歩。箱根駅伝を見る。一区で東海大の佐藤が2位以下を4分以上離すという驚異的スピードでぶっちぎりだったが、最後の5区で順天堂=原町出身の今井正人が4分の遅れを取り返すというこれまた驚異的スピードで1位。往路を制した。今井は山の神様となってしまった。カミングホームとユニクロ、フレスコへ。ユニクロで、フリースとインナー、母に靴下を買ってもらう。帰りに精米をして、ミルゥの散歩。昼を食べなかったのでお腹が減る。「フィレンツェ」を見ながら。ヴァザルリの回廊が、ベッキオ宮からピッティ宮まで回廊でつながっている。約1kmの回廊には600点の絵画が展示されている。100点近い自画像、鏡に映る自分の顔をキャンバスに描く画家の後ろ姿という面白い自画像もあった。井上彰一さんと土田早苗アナ、中越典子さんと石井さん(愛知産業大)と野村さんというキャスト。


cauliflower at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スポーツ | グルメ

January 01, 2007

銀座大増のお節で新年、そしてレッズ天皇杯を制す。

朝 お節料理(銀座大増/紅白蒲鉾、錦玉子、栗きんとん、黒豆、海老姿煮、銀鱈西京漬け、松笠いか、田作り、いくら、数の子、小肌栗漬、蓮根白煮、蒟蒻白煮、梅型人参旨煮、姫高野豆腐含め煮、蛸桜煮、鳥つくね、六方里芋、冬筍旨煮、牛蒡旨煮)、蛸、松前漬け、お雑煮/日本酒(一ノ蔵純米・燗)
昼 おになりさん(昨日食べようと思っていたもの)
夜 お節料理、おもち/ビール、日本酒
晴れ

8時起床。新年のご挨拶。お節料理とお雑煮、そしてお酒。去年と同じ大増。朝から酒を飲むと眠くなる。ニューイヤー駅伝。昼過ぎに太田神社へ初詣。いつも夕方行くので参拝客もまばらだが、今日は階段の下まで並んでいる。お参りは、またいつものように家族や親の幸せを祈る。帰って、天皇杯。ガンバが攻めまくってシュートも前後半あわせで26本。しかし、無得点。ところが、レッズがカウンター一発で天皇杯を制した。ブッフバルトの采配がきいた。左足を痛めた小野と岡野が交代。その岡野にパスが回ってセンタリング。それを永井決めた。そのあとだらだらとテレビを見て、夕食。夜「雨あがる」を見る。

cauliflower at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スポーツ | グルメ

December 31, 2006

2日間で170枚の年賀状を書く。これで年内の仕事がすべて終了。

朝 パン、レタス、トマトとチョリソーの炒め物、ブルーベリージャム/コーヒー
昼 クリームシチュー、ごはん
夜 かき揚げ・山菜・そば、松前漬/ビール
晴れ

7時45起床。朝食。昨日夜書いた年賀状を郵便局へもっていく。ミルゥちゃん散歩。年賀状書き。昼食のあともまた年賀状書き。今回は優先準備をこまめに決めて書き、2枚を残して終わる。17時に再び郵便局へ。今回も2日間で完了。その帰りにヨークベルマルへ。年越しそば用のかき揚げなどを買う。ビールを飲みながらそばを待つ。年越しそばは暖かいお汁でいただく。紅白がはじまったところで、台所を手伝い、演歌系がでている時に風呂おさめ。平原綾香から再び見る。


cauliflower at 21:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ダイアリー 

December 30, 2006

母を小高の斎場に送り迎えする。年賀状書きは、約半分終了。

朝 パン、レタス、チョリソー、いちごジャム/コーヒー
昼 メンチカツ、コロッケ、フライドチキン(以上山崎デイリー)、肉ジャガ、お吸い物、ごはん
夜 中トロ刺身、クリームシチュー、ごはん/ビール
晴れ

7時30起床。一瞬ここはどこかと思う。朝食後、おじさんを拾って、母を小高の斎場へ送っていく。山崎デイリーの道をまっすぐ行くとそのまま小高につながっていた。6号線のコメリーの隣に斎場。約15分。帰宅後奥の部屋のこたつをセッティングする。これで、準備万端、いつでも年賀状が書ける。母からtel。妻と再び斎場へ。大方の人は焼き場へ向かったが母は帰る。帰りにデイリーで買い物。昼食は、揚物をおかずにご飯を食べる。自宅用の年賀状をまず書き終える。郵便局経由でフジコシへ。夕飯のおかずやビール、牛蒡を購入。榊がない。フレスコへ行ったがやはり売り切れ。山間部が雪で榊が品不足。明日も入荷しないといわれと。一端帰ってミルゥの散歩。コメリーへ行ってみることに。どうせないだろうと高をくくっていたら、たくさんおいてあったらしい。とにかく榊はゲット。年賀状書き、業務編へ。夕食の中トロが上手い。脂がのっていて口に入れるとすぐに溶ける感じ。中トロでこんなに美味しいなら、大トロはちょっと想像できない。再び年賀状書き。去年のハガキとパーソナルデータを照合しながら、まず年賀状をいただいた方を優先して書く。12時近くまで。


cauliflower at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ダイアリー 

December 29, 2006

引っ越し先へ荷物を運んだり、夕方は福島へ。浅田真央の優勝。

朝 パン、レタス、じゃがいも・カリフラワーのポタージュ(昨日の)、オムレツ(昨日の)/コーヒー
昼 うどん(海老入りかき揚げ)
車中 おにぎり(鶏五目、鮭)
夜 肉ジャガ、焼き鮭、みそ汁、ごはん/ビール
晴れ、雨orみぞれ(いわきから)
7時起床。娘はバイト。朝食後、ミルゥの散歩。伸子ちゃんの引っ越し先へPCやプリンターを運ぶ。ユニディへ。伸子ちゃんがカーテン、バスマットなどを購入。ミルゥのジャーキーやトッピングを買う。アパートから物干しなどをピックアップ。引っ越し先へ運ぶ。一端帰宅。今度は母を乗せて成城へ。「成城パン」(メロンパンなど)と「成城石井」(ジェイムスン、かき揚げ)と「宮崎球三郎商店」(一ノ蔵)を購入。母は「成城散歩」で妻の母や若さんらにお土産を買う。帰宅して、娘と一緒に昼食。珈琲工房へ。ニャンが机の裏に入ってしまって、ケーブルに絡まる。動けなくなって騒ぐ。助けようとする僕の手を噛む。なんというばかなやつだ。すったもんだの末に救出成功。ダッシュで用意をして、16時に出発。首都高渋滞だったが、一応動く。5号線から東北道、常磐道へ。友部で一度休むが、あとはノンストップ。途中みぞれのような雨に降られる。そのまま母の家へ。20時40分。約4時間40分。わりと早かった。浅田真央211点で優勝のインタビューに間に合った。ミキティは残念。肩を痛めるアクシデントに見舞われるが、それでも2位。


cauliflower at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スポーツ | 

December 28, 2006

「ジェイコブスの宿題」の座談会と娘へのプレゼント。

朝 パン、レタス、ハム、メープルシロップ/コーヒー
昼 松花堂弁当(刺身、メカジキ照焼き、煮物、モズク、青菜の和え物、ローストビーフ、みそ汁、ごはんシソ風味、漬物)/ビール
ビール 
夜 オムレツ、キュウリのサラダ、じゃがいも・カリフラワーのポタージュ、ごはん
晴れ

7時30分起床。朝食。9時に出る。山の上ホテルに10時着。竹の間で準備をしながら待つ。『city&life』no.83特集「ジェイコブスの宿題」の座談会「今こそ都市の論理を! ジェイコブスは日本でどう応用できるか」。日端先生、陣内先生、林先生が揃ったところで開始。林先生に進行役をお願いして2時間、実りある議論ができた。事務所にもどって、会社の年賀状用にパーソナル・データベースのプリントアウト。石川さんからtel。安藤君は背中の麻酔がひとつ取れたとのこと。意味がよくわからないが、スパゲティ状態でそのうちの1本がとれたということらしい。かなり痛みがあるらしく、背中をさすってあげていると言っていた。仕事収めでビールで乾杯。18時に新宿の高島屋で娘と待ち合わせる。ノロで倒れていたため誕生日&クリスマスのプレゼントを買いに行けなかった。それで、今日買うことにしたわけ。まっすぐにカバンが並ぶフロアへ行き、tsumori chisatoの黒のデニムのバックにする。早っ!! タワーレコードでVillalobos「Fizheuer Zieheuer」を購入。娘は、ザ・ワールド・ヘリテイジの新譜。小田急のデパ地下で、福島へ持っていく年賀用の菓子を買う。喜多見で玄関用にマイクロ松飾りを買う。夜は、オムレツ。フィギアの全日本女子SPは、浅田真央ちゃんが1位。ミキティは2位。さっそくVillalobosを聴く。これはとってもへん。チリ生まれでドイツ育ちのミュージシャン。ミニマル系テクノだが、四つ打ちに時折、バルカンブラスの気の抜けたような音がかぶさる。でも、けっこうこういうの好き。


cauliflower at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 仕事 | ショッピング

December 27, 2006

ミルゥを洗い、一陽来復御守をもらいに穴八幡へ。

朝 パン、レタス、ハム、カレー(昨日の)、メープルシロップ/コーヒー
昼 カレー(昨日の)
夜 豚と野菜の鍋、すいとん/麒麟クラシック
晴れ

8時起床。昨夜の嵐はうそのようだ。まだ雲が残っているが、次第に晴れ間が覗く。昼には晴天になった。玄関に入れておいたミルゥをベランダに出す。朝食後、『下流同盟』のブックレビューを書く。出だしだけ昨夜つくってあったので、それを展開してく。三浦展さんのイントロの論旨をベースにつくる。まあなんとかそれらしい紹介分にはなったと思う。風呂場でミルゥを洗う。三回シャンプーで洗ってやっと匂いがとれたかな、という感じ。汗びっしょり。昼食後、ブックレビューを神取さんにメールする。一陽来復御守をもらいに穴八幡へ。妻の母と実家、あわせて3セット購入。僕のお財布用にも買う。事務所へ。原稿やテープお越しをプリントアウト。斎藤さんから「都市を拓いた人々」の新たな候補地があがる。奈良だ。これはすっかり観光になってしまうぞ。『ミュージック・マガジン』を購入。帰宅。夕食後、ジェイコブス関連で、「ボーリング・アローン」と「ソーシャル・キャピタル」の資料を検索する。

cauliflower at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 仕事 | ダイアリー

December 26, 2006

弊社のHPいよいよ公開。これで年賀状連動企画が動き出す

朝 パン、ポトフ、いちごジャム、メープルシロップ/コーヒー
昼 おにぎり(焼きシャケ、ひじきとじゃこ、わかめごはん)/有機栽培緑茶
夜 カレー(昨日のポトフを2次利用)、サラダ(水菜、きゅうり)
雨、夜になってさらに激しくなる

8時起床。妻はやはり、熟睡はできなかったらしい。僕はよく眠れた。朝食は入った。ようやくほんものっぽくなってきた。ミルゥの散歩。かなり激しく雨が降っている。ミルゥはレインコート。事務所にクルマで行く。河合君の送ってくれた弊社のHP画像をラピスに転送。S藤さんと「city&life」のジェイコブス特集の企画をつめる。ジェイコブス的視点で東京を捉える。5箇所取り上げると、座談会とでページがうまってしまう。都市を拓いた人々は、静岡で探すことに。校正をして、いよいよ弊社のHP公開。シンプルでいい。さっそく『談』編集長のブログにリンクさせる。年賀状もできてきた。

cauliflower at 20:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ダイアリー | 仕事

December 25, 2006

一昨日のケーキを食べたら胸がやけてしまった。

朝 パン、レタス、ハム、メープルシロップ/コーヒー
昼 五目チャーハン目玉焼きのせ、ケーキ(ピエール・エルメ)/お茶
夜 ポトフ、ご飯
晴れ、曇り、雨、曇り

7時に起きる。娘はバイト。朝食後、妻はりんごを食べる。2日目。僕はとてもよく眠れたのに、妻は全く眠れなかったらしい。身体が痛くなってしまったらしい。それはつらいだろう。また、少し熱が出たみたい。安藤君の手術の日。ミルゥの散歩。『city&life』の座談会のレジュメをつくる。娘が帰ってきて昼食「本日中におめしあがりください」というのに、残ってしまったばかりに今日いただいている。美味しかったが、そのあとなんだか胸がやけた。食欲が減衰していく。午後レジュメを完成し、各先生に送る。ミルウの散歩のあとドックフーズを買いにサミットへ。2割引と言っていたがその表示が出ていない。かまわず沢山買って帰る。ところが、妻に言うと、いなげやだった。怒られてしまった。ポトフをつくる。妻が手伝ってくれた。寝てればいいのに、あきたのだろうか、それとも身体がまだ痛いのか。娘は出かけてしまったので、妻と夕食。ところが、僕は食欲が湧かないし、妻は妻でおなかが張るらしく、たっぷりつくったのに、二人とも残してしまった。ミルゥにあげた。石川さんから留守電が入っていた。手術無事終了したとのこと。20時すぎ。麻酔が切れて本人と話したといっていたが、ずいぶんかかったみたいだ。ぼくの祈りが通じたのならよかった。「en」は、今年度3月で休刊に決定、というメールがくる。残念だが、予想のついていたことなので、べつに驚くことはなかった。

cauliflower at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ダイアリー 

December 24, 2006

ついにノロウィルスは妻に完全に伝染した。

朝 ベーコン入りパン、レタス・きゅうり・水菜、/コーヒー
昼 うどん(鶏、油揚げ、ネギ)
夜 おこわ、赤飯、こんにゃく、煮さかな、きんぴら(お弁当)、豆腐と玉子の吸い物/ビール
晴れ

朝方近く妻がもそもそ起き出す。どうやら気分が悪くなったらしい。嘔吐。そのあと眠れなくなったらしい。結局、ぼくも30分程度寝て、7時に起床。娘がバイト。パンとヤクルトと野菜。洗濯と病み上がりの娘の菌がこぼりついている(?)ふとんカバーを洗い、ふとんを干す。今日は風が強い。洗濯物がよく乾きそうだ。妻はぼくと症状が同じ。食欲がないらしい。リンゴをむく。寝かせて、ミルゥの散歩。掃除をすると娘が帰ってくる。昼食を食べさせる。ブックレヴューをつくろうと思ってプロットを考える。少し眠くなる。ミルゥの散歩。買い物。夕方甥っ子と妹が1階の親の家へ。今日は、甥っ子の誕生日会、父の退院祝いを兼ねたクリスマス会をやるつもりでいた。なのに、ぼくは本調子ではなく、上の妹は風邪、したの妹の夫はサッカーチームの打ち上げで、そろったのは6人。それでも、お弁当と毎年恒例の多田さんの手づくりケーキでお祝いをした。今年のはシフォンケーキにチョコレートがちりばめられた生クリームのお椀型ケーキ。しっとりとしてシンプルなとても美味しいケーキだった。そのあとプレゼント交歓会。甥っ子にはニンテンドーDSライト用ソフト、父にカーディガン、母にカレンダー、下の妹にはマフラー、上野妹にはピアス。かわりに、娘は、CD券2万円分!、妻(不在)には、ピアスとチャンプルーのスパイス。しかし、こうしてちゃんと家族に順繰りに伝染していくなんて、律義だなぁ。

cauliflower at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ダイアリー 

December 23, 2006

よく眠れたのに、お腹の調子は芳しくない。

朝 ロールキャベツ、カボチャのスープ(いずれも昨日の)、五穀米おじや/お茶
昼 りんご半分
夜 きつねうどん/お茶
ケーキ ピエール・エルメのブッシュドノエル(チョコレートバージョン)/コーヒー
快晴

9時起床。朝方一度トイレに起きたが、あとは熟睡した。昨日から合算すると、通常の一週間分は寝たと思う。なのに、まだ眠い。下痢は止まった。しかし、食欲は芳しくない。お腹が空いたという感じにならないのだ。朝食はどうにか食べられたけれども、なんとなく気持ち悪いような。快晴なので、マクラカバーを洗い、布団類を干す。これで菌がどっかへいってしまえばいいのだが。珈琲工房へ。自転車で往復しただけで、ちょっと目が回る。食べてないからか、薬のせいなのか、それともまだ快復していないからなのか、原因不明。3時過ぎに、ジョバのプレゼントとみんなのプレゼントを買いに、妻と娘は新宿へ。その帰りに、ピエール・エルメで予約していたクリスマスケーキをピックアップすることになった。ほんとは、クルマで行くはずだったが、ぼくの体調がイマイチなので、今日は手にぶら下げてもって帰ってくることになった。ミルゥの散歩。『下流同盟』を読み、ブックレビューの準備。

cauliflower at 20:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ダイアリー 

December 22, 2006

チューブとしての身体。上下で大暴れ。

朝 ヨーグルト
昼 湯豆腐、お粥/お茶
夜 ロールキャベツ半分、カボチャのスープ少量、お粥少量
曇り

気がつくと9時30分。朝方最後にトイレにいってからはそのまま熟睡していたようだ。妻が言うには、寝つくとニャンに何度も起こされ、ぼくはトイレに上がってくるし、ほどんどねむれなかったらしい。それに、向かいの三木家の内装工事が、夜中の2時を回ってもやっていたという。うるさくはなかったらしいが、気になってしまう。ヨーグルトを食べる。具だくさんのカップヨーグルト。そのまま、また寝る。よく眠れる。気がつくと、2時を回っていた。薬を飲まなければいけないので、とりあえず腹に入れる。再び寝る。しかし、よく眠れるものだ。われながら関心する。T井中さんからメール。昨日送った原稿をもうチェックして戻してくれたそうだ。ぼくのが進んでいれば、予定通りいきそうだったのに。熱を計ると、36・6。熱はひいたようだ。夕方、急に嘔吐感。下痢が少し治まってきたとおもったのに、今度はまたこっちか。再び寝る。
眠りにつく時に、本のことを考えていた。ぼくの部屋に積んである本を順番に思い出していたら、いつのまにかそれが夢の中に滑り込んでいた。途中から、眠ってしまってそのまま夢の中の出来事になっていたのである。そのあと、やはり、身体が痒くてぽりぽりかいていたら、いつのまにか夢の中でかいている。なぜ夢だと分かったかと言うと、その中に登場する僕はちゃんと福を着て生活していたからだ。現実が夢に変るその境目を自覚することができたのである。

cauliflower at 19:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 21, 2006

突然、咳の風邪がお腹に変る。もしやノロか。

朝 パン(ハム&チーズ)、レタス、ハム/コーヒー
昼 りんご
夜 ふろ吹き大根、湯豆腐、おかゆ(梅干し)/お茶
曇り

明け方から、なにかおなかの調子がへん。それでもパンを少し多く残したものの朝食は一応食べられた。クルマで出社。『city&life』の発送をしようと思っていたのに、肝心の物が第一住宅からとどいていない。とりあえず、郵送分、宅急便分と分け、送り状をつくり、関さんに物が届いたら、送ってもらうようにお願いする。その間、むかむかしてきて一度嘔吐する。なんとなく熱っぽい。また、T井中さん以外全員外出なので、早退することにした。帰宅後、熱を計ると38・4。りんごを4分の一食べてる。近藤医院へ。娘と同じ症状。お腹と咳止めの薬、それに解熱剤をもらう。しばらく寝る。お腹にやさしいものばかり食べる。なんとか、入った。再び寝る。21時頃から、下痢になる。その後ほぼ1時間おきにトイレへ。よる遅くに娘が帰宅。今日は誕生日。友人からプレゼントをもらってきた。結局、そのあと朝方4時まで定期的にトイレに行くことになる。妻は、感染をおそれて、2階で寝たのだが、ニャンが興奮状態でまともに眠れなかったらしい。

cauliflower at 21:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ダイアリー 

December 20, 2006

ゲノム一元論、つまり、枚挙主義からいかに脱却するかがカギ。

朝 パン(ハム&チーズ)、レタス、メープルシロップ/コーヒー
昼 もちとご飯を入れた肉団子鍋(昨日の)
夜 ほうとう

曇り、晴れ

8時30分起床。今日も自宅作業。まず、昨日の池谷さんの修正を読み直したら、いくつかのミスがみつかった。あわててT井中さんに送りなおす。金子さんの原稿をつくるために、『生命とは何か』、「生命誌」no.40の中村桂子さんとの対談をあらためて読み直す。金子さんと共同研究をする阪大の四方さんの研究室のHPなどもリサーチ。それで、ホントは原稿を書き始めるはずだったが、資料のチェックで終わってしまった。しかし、時間をかけてでも関連資料は丹念に目を通しておいた方がいい。結果的にそうした方が早く終わるのだから。急がば回れ。

cauliflower at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ダイアリー | 仕事

December 19, 2006

どうやらノロではないらしい。しかし、風邪引きが二人になってしまった。

朝 パン(ハム&チーズ)、レタス、豚肉とじゃがいも・キャベツの重ね煮(昨日の)/コーヒー
昼 コーンとチーズ入りパン、豚肉とじゃがいも・キャベツの重ね煮(昨日の)、ニンジンのサラダ/コーヒー
夜 肉団子の寄せ鍋(大根、白菜、ネギ)、雑炊
曇り、晴れ

8時30分起床。娘は一応眠れたようだ。食後近藤医院へ。どうやらノロではないらしく風邪のようだ。今日は、まずT井中さんから送られてきた池谷さんの原稿を再度チェック。テープ起こしと照合する。それをやっていたら、お三時もすぎてしまった。加筆したりして終了したのが18時。原稿の執筆どころではなくなってしまった。エルゴード性と非エルゴード性について、きちんと理解していないことが判明。科学の再現性と統計学の関係なんて、テーマとしては抜群におもしろそうだけど、肝心の素養がない。今から勉強し直すとしても、語学以上に至難の業だ。


cauliflower at 23:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ダイアリー 

December 18, 2006

独学の写真家、ゆらり研、ニルスの冒険?!、と腹痛娘。

朝 パン(ハム&チーズ)、レタス、イチゴジャム/コーヒー
昼 パスタ(鶏のスモークと空豆のオリーブオイルソース)、スープ、パン/コーヒー
夜 [先付] 雲丹豆腐、美味餡、くこの実のせ  [前菜] 枝豆松風焼、カキ赤煮、ししゃも南蛮漬け、もみじ麩から揚げ、[御造里]鮪造り、鯛、赤イカ、妻色々、[焼物]太刀魚、帆立のタルタルソース焼、ばす蓮根、[煮物]大和進丈蒸し、がんも、麩 、海老 、[揚げ物]海老進丈アーモンド揚、オランダ揚 、胡桃黄味揚、青唐、レモン、[食事]そば、湯葉入り 、 [水菓子]抹茶ムース 、キウイ/瓶ビール、熱燗/JT虎ノ門本社ビル内 「築地 植村」にて
曇り、晴れ

7時起床。娘がバイト。10時に出社し、神谷さんのテープ起こしを渡辺さんに出し、岡本さんと小川さんのテープ起こしをプリントアウト。11時に松尾優子さん来社。『談』の表紙に使った牛腸さんの写真に感動して、写真をみてもらいたいというのだ。きれいに作品集をつくってあった。一部彩色したものもあったが、基本はモノクロームの紙焼き。全体にアンダー気味で、ややソフトフォーカス。風景、人物(顔は避けられている)、モノ、動物と対象は統一されていない。しかし、最初の数点を見て、このひとは写真がよくわかっているひとだなと思った。いやわかっているという言い方は正確ではないな、写真が肉体化されているといいなおそう。被写体への向かい方が精確なのだ。アングルや距離、調子といった写真を構成する枠組みがしっかりしている。こなれているともちがう。やはり、からだに刻まれているという感じ。手や足に焦点があっているように思うと「フェチかもしれません」と応えておられたが、人物は最近の作家風で今一面白みに欠ける。風にそよぐ草、大地、砂浜、木々の連作、花、イヌが強く印象に残った。特に、大地だ。「ジェーン・エア」か。作家の感受性がそのまま画面の隅々にしみ出ているように見える。なぜか悲しくなるような相貌。エモーションが動き、インプレッションに結晶していくその過程にあるような情感だ。個人的にはとても気に入った。聞くと師匠はいないらしく独学だという。そう言われてみれば、未熟さもところどころに見える表現ではある。しかし、写真を撮ることへの信念のようなものがはっきりと確認できる表現なのだ。あえて大型カメラで撮るというのも気骨が感じられて気に入った。河合さんにみてもらうといいと紹介する。うちの作品を見せると目を輝かしてみていた。仙台から出てきて2年目。紀伊国屋のパン工場でバイトしながら作品を撮っているとのこと。こういう人をこそ応援したいと思う。
池谷さんの原稿を読む。今回もスーッと読めてしまった。それはいいことなのだが、どうもものたりない。何か落としてはいないか。もう一度、テープ起こしと照合しながら読んだ方がよさそう。
16時よりJTでフォーラムの準備会。篠原教授と再会。下斗米教授は愛煙家ということを知る。座長が自ら司会進行役をかってでられる。Step1の途中報告への質疑応答、step2の確認など。座長は2月おきの土曜開催を主張するが、開催日は引き続き検討することになった。夜、懇親会。篠原さんあいかわらずおもろい。氷川きよしファンだろうがアイドルだろうがfNIRStationで調べてしまう。しばらくまたご一緒できるので楽しそうだ。タクシー券で自宅まで。運転手になって2年目という年配の男性。城山通りを教えてあげると喜んでいた。帰宅すると妻が娘のからだをさすっている。おなかが痛いらしい。そのあと、吐き気や腹痛で2時をまわってもうなっている。ノロではないようだが、こちらも為すすべもなく、とりあえず寝てもらうしかない。


cauliflower at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 仕事 | ダイアリー

December 17, 2006

大番狂わせの一日だった。真央ちゃん、ミキティ、そしてバルサの悲願は夢と散る。

朝 パン(ハム&チーズ)、レタス、イチゴジャム/コーヒー
昼 山菜・半熟卵いりうどん
夜 お好み焼き/エビス黒生
曇り、晴れ

7時起床。娘がバイト。新聞を開いて驚いた。真央ちゃんが銀、ミキティは5位?! なんじゃ、そりや。日の丸が表彰台独占か、なんて言ってたのに、二人はジャンプで大失敗をしたらしいというのだ。しかも、体調不良。男子は2位、3位。かれらも体調は万全ではなかった。おなかが痛かったっていうから、ノロウィルスか、いやもしかするとロシアの暗殺団の仕業かもしれない。棄権者が男女合わせて3人というのも腑に落ちない。朝食後ミルゥの散歩。野川方面。初めて立体マスクを装着したらこれがとても都合がいい。鼻が高いからか、眼鏡が曇るのがたまにきずだが。帰ってから、プジョーのタイヤ交換。いつも年末になって慌てるので、冬タイヤへ交換しに「タイヤ館」へ。あまり込んでいなくて、約1時間。夏タイヤのボルトカバーが2本分欠落しているといわれだ。プラスティック製で簡単に差し込んであるだけなので、よくとれるらしい。娘が帰宅してたので、一緒に昼食。そのあと、念願の、というか年末恒例の風呂掃除。風呂桶も、床も毎日洗っているからいいのだけれど、壁のタイルの目地が汚れている。カビが原因。洗剤で落ちるところとそうでないところがある。かなり一生懸命やったつもりだが、汚いままのところもある。まあ、てきとうなところであきらめる。次に洗面台。僕のものが入っている棚が汚かったので。夕方のミルゥの散歩。さて夜、GPファイナルとクラブチームワールドカップどっちを見るべきかという悩みは、年越し苦労に終わる。今日のバルサはよくない。得意のダイレクトパスがぜんぜんでない。インテルナシオナルのディフェンスを破ることができない。後半、途中出場のアドリアーノの値千金の一発にバルサは沈む。またしても、バルサの世界一は夢に終わった。夜、T中さんから、原稿。それと管さんが新しいエッセイ集を出すというメール。「SNOW」に寄稿してもらった原稿が入っているらしい。


cauliflower at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ダイアリー 

December 16, 2006

朝方咳が激しく出る。日中はまあまあの調子

朝 パン、レタス、ハム、あんこ、目玉焼き/コーヒー
昼 カレーうどん(カップ麺)、ピーマンとひき肉(昨日の)
夜 秋刀魚の塩焼き、大根おろし、厚揚げ、サラダ、じゃがいものみそ汁、ご飯/高千代 酒朋 純米吟醸 生しぼり
晴れ

8時30分起床。朝方二度程咳き込む。朝食後、本来なら一緒にミルゥの散歩にいくところだがパスする。神谷先生のインタビューをもう一度整理しておく。金子邦彦さんのビデオをQuickTimeに落とす作業。『談』のHPだと問題があるならアルシーヴ社のHPでダウンロードできるようにしようか。現代の思想家シリーズとかにして。映像資料としてかなり貴重なものもあるし。夕方、ミルゥの散歩を兼ねて珈琲工房まで。「ブラジル・マカウバデシーマ」と「happy holiday」(例年おなじみのクリスマスブレンド)を買う。香山リカさんから贈呈してもらった『スピリチュアルにハマる人、ハマらない人』を読む。江原啓之問題。そうか、香山さんに聞けばよかったんだ。夜は、秋刀魚の塩焼きなので、高千代の頒布会の最後、今年の新酒「酒朋 純米吟醸 生しぼり」をいただいた。冷のあと、贅沢にも燗をつける。このコクはなんだろう。フレッシュなのにトロッとしたところがある。上手い。GFを見る。真央ちゃんよりミキティの方が良かったと思ったけれど、結果は真央ちゃんが1位、ミキティがそれに続く。明日のフリーで逆転か。楽しみ。「純情きらり」のスペシャルを見る。浅野妙子さん脚本で、面識もないのに親しい気持ちになっている。宮崎あおいはよかった。


cauliflower at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ダイアリー 

December 15, 2006

神谷栄司さんはとてもいい先生でした。しかし、帰りにとんでもないことが …。

朝 パン(ハム&チーズ)、レタス、あんこ/コーヒー
昼 幸福弁当(人形町・魚久の銀鱈粕漬け、すし玉青木の玉子焼き、人参、牛蒡、里芋、蓮根、蒟蒻、筍、梅干し、合鴨ロース焼き、渡蟹真丈揚げ、ご飯)
夜 蒸し餃子(海老入り)、ピーマンとひき肉ピリ辛炒め、みそ汁、ご飯
曇り、晴れ

7時半起床。今日は京都出張。ジョルダンで調べて、少し余裕を見て出る。それがよかった。中央線がすごく遅れたのだ。10〜15分くらい。このあとのだと間に合わなかったかもしれない。お弁当を買って乗り込む。A山君と一緒。車中で取材のための予習。昨夜見つけた神谷さんの論文「ヴィゴツキー理論の発展とその時期区分について(I)」を精読し、チェックする。質問できるようにノートに記す。お弁当も食べ終り京都に着く手前で、N留さんが移動してきた。3人で下車。そのまま地下鉄に乗車し「北大路」まで。クルマで佛教大学へ。まだ少し時間がある。学食でお茶をする。コーヒー130円も安いけれど、ペプシコーラ90円は安すぎじゃないか。
14時より研究室にて、仏教大学社会福祉学部社会福祉学科教授・神谷栄司さんにインタビュー。神谷さんは、ヴィゴツキー研究という立場から、「遊び」のもつ意味や特質について言及されている。そこで、ヴィゴツキー理論の一つの重要なポイントである「遊び」とは何かを明らかにし、さらに世代や年代を越えて、普遍的な「遊び」論へ拡張してほしいというのが、今回のインタビューの趣旨である。
神谷さんは、17年間に及ぶ保育現場の観察経験を踏まえた上で、ヴィゴツキー理論の咀嚼と深化に向かった。特に、新たに発見された晩年の手稿「情動の理論」の翻訳を導きにして、これまでヴィゴツキー理論の柱とされる「内的意識の心理的発展」という「内言語」と「意味」の問題、「ペルジバーニエ」という概念に集約される「人格発達論」に加えて、「情動理論」に表れた「心身論」に注目し、その三つの柱の相互関連性を研究されている。「情動理論」は、スピノザの心身論に依拠するもので、『談』の「情動回路」の論点でまさに重なるものだ。「書物のフィールドワーク」にヴィゴツキーの手稿は載せていたのに、未読だった。こんなことなら読んでおくんだったなぁ、残念無念。
ヴィゴツキーの著書『思考と言語』はミハイル・バフチンの文学理論と共鳴するところが多いと近年いわれている。一方『情動の理論』は、スピノザ思想と親和性をもつ。この一見異なる相貌をもつヴィゴツキーは、どこでどうつながっているのか。いわゆるバフチン的側面とスピノザ的側面の共存。神谷さんのもっかの関心事だ。バフチンのラブレー論に見られる「笑い=饗宴」は、スピノザの「喜び」と関連性があるようにも直感的には思うけれど、確かに、これは面白い問題かもしれない。ヴィゴツキーの発達論が、マルチリンガルの思想と、スピノザのコナトゥスまで取り込むような射程をもっていたとなると、思想的には大変な発見となる。興味尽きない問題だ。神谷さんの研究に大いに期待したい。(何だか岡田さんの時とにているな)。それにしても、神谷さんはなんと人のいい方だろうか。N留さんではないが、こちらのつたない質問にも丁寧に対応してくれるし、なにより話がわかりやすい。終始微笑みを絶やさず、やさしく話しかけてくれるのであった。さすが佛教大学? それは、違うって(一人ツッコミ)。
続きを読む

cauliflower at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)