病める舞姫「幼児イエズスに捧ぐ20のまなざし」オリヴィエ・メシアン

December 16, 2003

イマージュの解剖学

ハンス・ベルメールと呼ぶだけで声が震えてしまいます。四谷シモンの魂のお師匠さんでしたっけ。澁澤龍彦の部屋に飾れていたドイツ少年ももちろん好きですが、やはりお師匠さんの胴体だけの少女にはかないません。
卒論にバタイユを選んだ時、僕の頭の中にあったのはこの少女の姿態でした。「…匂う内側の皮膚は、花をむさぼり食べる。…」
『イマージュの解剖学』河出書房新社1975年
イマージュ

cauliflower at 20:31│Comments(0)TrackBack(0) ヴィジュアル 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

病める舞姫「幼児イエズスに捧ぐ20のまなざし」オリヴィエ・メシアン