June 2017

June 30, 2017

それがどの程度の効力なのか、やっと見えてきた

目を閉じられた時にですね、という表現が使われるということを初めて知った。
信託系の人に改めてお話をうかがう。
だんだんとその効力の実態が明らかになっていく。
それにしても高い。やはり、千波くんにお手伝い願って、自前でやる方がいいようだ。
出社して、午後の打ち合わせのための予習。ノートをとる。
ゆうこりんとタイ。初めてのカレーヌードル。少しむせる。
やはりカレーはごはんだな。
c&lの企画案をプレゼン。顔ぶれも新しくなった企画委員による座談会。
hibataさんは、単独より皆さんと一緒にお話しした方がいいという意見。
老後破産、相続税対策、マイナス金利が折り重なってやってくる現在、我々の家はどうなるのか。
このリアルなテーマをあえて選ぶ意味とは。
様々な分野のプロパーにインタビューをするという企画。
帰り際慌てて採点をする。


cauliflower at 00:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)家づくり | 妻・娘

June 29, 2017

老後破産の恐怖がまちを壊すというウソのようなホントのお話

sekiさんに早速請求書を起こしてもらう。
昨日kawaiくんに連絡したので、今日はmurataさん、araiくん、yukorinにも請求金額を知らせる。
murataさんから、c&lの取材アポについての問い合わせ。
日本橋の町会長さんは、有名な中華料理店の店長さんらしい。
取材後にランチをいただくことになりそう。
企画立案のための資料読み。
sekiさんとダイニングへ。彼女はいつもと同じのナス味噌、僕は何年振りかの焼うどん。
相続税対策と老後破産の恐怖が生活の場を変容させる。
建築家も都市プランナーも行政も全くの蚊帳の外。
不動産需要がまちづくりのインセンティブになっていることを専門家たちは知るべきだ。
事務所の本の整理。
帰宅すると娘がいた。furiyaくんは出張で、実家にごはんを食べにきたのだ。
アジフライ美味しかったようだ。


cauliflower at 00:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)仕事 | まちづくり

June 27, 2017

プロジェクトの始めと終わり、どちらに関わったかでその後の生き方も変わるらしい

toho請求書受理。まあ、来年に期待しよう。
不動産関連の資料を物色する。
100坪前後の建て替え需要は確かに多いが、もう一つ目についてたのは、都内中心部、千代田、中央、港、目黒に建つ中古築浅ワンルームマンションのオーナー募集。
史上最低の金利、相続税対策、再開発ブームが、三つの法改正、国家戦略特区域法、民泊条例、相続税の改正と合間って、年金世代をターゲットに不動産経営を促すという構造。
そんな準備をして、umegakiさんと呑む。大井をたたむ時に尽力した話。逆にmoritaさんは、大井の立ち上げに尽力した人。二人のベクトルは真逆。


cauliflower at 09:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)仕事 | 外食

夏の終わりの東北行脚プラン

談の請求書OKが出る。
緑の環境プラン、東北行脚のプランを坂本さんにつくってもらうために、
とりあえずどこに行くのか地図とにらめっこ。
仙台、登米、大船渡、太平洋沿岸を北上すればいいみたい。
docomoの営業所でくじ引き。
関さんの言う通りにしないで、黄色いくじを引いたらハズレ。
関さんは、前回と同じように白い三角くじを引いたら、また当選。
マスク入れをもらう。
TMのサロンの予習。
umegakiさんに明日会う約束のメール。
c&lの特集企画について簡単なミーティング。
tohoの見積書、予想通りさらに値切られる。

cauliflower at 00:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)読書 | 

June 25, 2017

インテリアへの長い道のり

HORIGUCHIさんのシングルのパッケージを整理。
特にエチオピア、コスタリカはフレンチからハイローストまで堪能している。
アキュラで打ち合わせ。娘夫婦が先に来ていてチェック中。
親世帯は、キッチン、洗面所、トイレなどの確認。コンセント、照明、照明のスイッチ類、ガス、テレビ、Wi-Fiステーションなどの取り付け位置の確認。続けて、フローリング、室内壁とドアの確認。吹き抜けの書庫のオープン階段と書架の位置関係をチェック。
外壁のデザインの方向性を出す。全紺案は却下された。
アイボリーと紺のツートンになりそう。軒天はまだ生きている。
いよいよ来週は、ICを交えて、室内空間の最終チェック。
夕食は、4人でいしがまやハンバーグへ。僕はチェダーチーズとトマトのトッピングと赤ワイン。
ミネストローネが美味かったのは、単にお腹が空いていたからだろう。
SCFはコーネリアスの最終日。ゲストにバッファロードーターの大野由美子さん。
彼女は、今、ジェフ・ミルズとスパイラル・デラックスでライブをやっていることを知る。
小山田くんも知らなかったらしい。
小山田くんのおじいさんは、NHKのアナウンサー。
彼の声が発見されて、今度のアルバムのボーナストラックに収録されるらしい。
小山田くんの5歳の時の声も収録されている。
D.N.A(ダンと読む)のライブ音源をちょっと聴く。
談とコラボできたら面白いのに。

cauliflower at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)妻・娘 | 家づくり

June 24, 2017

ミクロな世界をマクロ化して本当に面白いのか

レイコップが帰ってきてから初めてのゴミ捨て。
ハウスダストの塊のきめが細かくなった感じ。
よくぞこれだけ取ってくれたという感謝の気持ちでいっぱいになる。
録画したCafe Breakを見ながら、ダイソンでお掃除。
都美館で開催中のブリューゲル「バベルの塔」展を鑑賞。
40分待ちはいい方なのだろう。
しかし、よく引っ張ったなというのが正直な感想。
ボスが2点の他、同時代のネーデルランド派の作品も多数来ているが、
同展覧会の主役は「バベルの塔」
というかそれだけという展覧会だった。
しかも300倍にして高解像度の画像を展示する意味ははっきり言ってない。
芥子粒より小さい人間たちがあのサイズに収まっているからいいのであって、
それをあたかも顕微鏡で見る感じで、
「わ〜ちゃんと表情まで書き込まれている!」なんて喜ぶのはバカである。
双眼鏡で見ている人もいたが、もうあきれてものが言えない。
帰りにM.Le Bihanでパン、小田急地下でコロッケと寿司、母には牛肉弁当。


cauliflower at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)妻・娘 | アート

もっと地方にインバウンド

朝一で自他共に認める一青窈似のmuさんとc&lの打ち合わせ。
髪が束ねられていてなんかいい感じ。
今回は都内の取材2本をお願いする。
新小岩と板橋は近いよねと言って失笑を買う。
ランチの生ハムと夏野菜のパスタ。生ハムのしよっ辛さはビアンコにはちと向かない気がした。
談の納品。見積もりと請求書をチェックに出す。
再検討せよと言われたtohoの再見積もりを提出すると来週会って話したいと。
夕方からrikyoの講義。本日のGSは八木さん。
ミュージックツーリズムの可能性がテーマ。後半は、discussion。
東京にインバウンドはいらないという意見は面白い。
今日もベトナム料理。シャさんからシュリンプのフリットのリクエスト。
1年ぶりにパイナップル入りベトナムチャーハン。
バーバーバーはいつも美味しい。




cauliflower at 09:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エンタメ | ワールドミュージック

June 22, 2017

うさぎさんのトピアリー

そっと復活。あくまでも備忘録としてです。
朝一からお手紙。夜になってようやく返事が届く。肩をなでおろす。
金額の決済が下りないのかもしれない。
午後は浦安市役所正面入口横のトピアリーのあるオープンガーデンを撮影取材。
花を愛する人に悪い人はいない。行政のトップであっても。
早く庭いじりを始めたい。
昼は、冷やしたぬきで夜はカレー。
昨日観た早霧せいなと咲妃みゆの最後の舞台が幕末太陽傳でよかった。
二人の魅力を再認識したのがケイレブ・ハント。ちょっと遅すぎました。
次期トップはダイモン。あれれだいさんより一個下か。
カンフェテでなんと10月の宙組の先行発売の抽選。
明日から、珠城りょうと愛希れいかの月組東京公演の第一次抽選なのに。
で、これからTHEME SONGS 2016を見るんじゃ。

cauliflower at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エンタメ | 仕事