September 2019

September 30, 2019

ご存命なら対談という手もあったかも。

7時に起きてしまう。朝食の後、キッチンマットを燃えるゴミとして出すため切り刻む。コーヒー6袋持って事務所へ。dから支払い書。満額にはならなかったが、ゲラ校正やそのための最終段階の編集作業をやらずにすんだので、まぁ妥当な数字かもしれない。これから、ギャラの分配を思案しないと。インタビュー謝礼など整理して、c&lの原価表作成。ランチは、3人でかむい。あんかけ汁そば。キノコと牛がどっさりのっている。サイドメニューは冬瓜の挽肉あんかけ。大森さんの視覚論を読み直し、こころとは何かを読む。これは使えそうだ。大森さんがご存命ならば、fujitaさんochiさんとの対談というてもあったかましれない。共有しているところが多々ありそうだから。星人と再見積もり。企画料と編集費をわけて、編集費はページ単価にするというアイデアはよい。19:30に出る。帰宅するとみんな食べ終わり。fuliくんも帰っていた。りつは、紐で引く電車のおもちゃをひいて歩き回っている。牛肉炒めとリンゴときゅうりのサラダ。りつは、階段に座り込んでグルスキーを引っ張り出すが、重くてうまくページがめくれない。ぱらぱらまんがの猫のきまぐれを見せるが、案の定あまり興味を見せない。グラフもそうだったが歌劇もさゆみ一色。BDやらグッズやらマーチャンダイジングもさゆみ景気。明日から消費税が10パーセントに、こっちも駆け込み需要か。

cauliflower at 23:11|PermalinkComments(0) 資料読み | 思想・哲学

September 29, 2019

インタビュー原稿すべてチェック終了。今回早くないか

4時半ごろトイレに起きる。そのあと7時前に再びトイレへいくと、つきちゃんが玄関にいるではないか。ゆきは見えない。たぶん母の部屋に入り込んで寝ているのだろう。たぶんつきちゃんだと思うが、砂入れをひっくり返し、うもたっぷりしていた。ゆきは探さずにトイレだけきれいにして寝床につく。妻が8時に起きたので、ぼくも一緒に起きることに。ほんとは、9時前まで寝て痛かったけどね。まずシスターズにご飯をあげる。それから朝食。あおさんのカンパーニュはうまい。日曜日のルーティン。途中一時中止。なぜなら、りつが歩いてきたから。満面の笑顔をうかべて、とことこ歩く姿はかわいい。ochi先生から原稿チェックが戻ってきた。これで3人すべて揃った。昨夜途中までやったfujita先生の原稿から確認。確かに細かいところを正確にチェックしてくれた。そのあとochi先生。こっちは、ほとんどokだった。妻は娘とりつとで散歩兼お使い。1人で冷凍の生協おこわを食す。そのあと、ガラスの資料とohmoriさんを読む。ベットで少し仮眠。再び読書。前に何度か読んでいるし、線も引っ張ってあるので頭にはすぐ入ってくる。みんなが帰ってくる。夕食は、ジャージャー麺と冷奴&プレモル。帰ってきた時効警察を見る。

cauliflower at 23:06|PermalinkComments(0) 原稿整理 | 資料作り

September 28, 2019

たこ焼きが食べたくなったので銀へ

なつの最終回。半年終わってしまった。土曜日のルーティンと風呂と水撒き。土曜日は、レイコップとdysonのお掃除の日。今日は、晴れているし、湿気もそう多くないので、乾くのは早いだろう。りつがママと降りてくる。階段におすわりするのがマイブームらしい。ママと写真集を見ている図を撮影する。14 時前に、まずhorigochiへ。おちよさんと星人と会社のコーヒー。星人は引っ越したので、これからは2週間のインターバルを開けて僕が買ってきてあげることになった。お千代さんはオーダーが入った時で、会社のもなくなったら買いに行く。それで今日は、我が家用も買ったので、なんと8袋。1万円を超えてしまった。でも、ポイントは全部佐藤へ還元。嬉しい。フレッシュネスへ寄ってみたが、駐輪場がいっぱい。お巡りさんもロータリーのところで目を光らせているので、西野川地域センター、多摩川住宅経由でヨーカドー。銀だこでランチ。僕はいつものねぎだこ、妻は、夏限定のゆずねぎ明太。簡単に水拭きできるキッチンマットを購入。素材はよくわからないが、踏むと少し沈む感じ。夕食は、ちらし寿司とヨーカドーで解体したばかりの本鮪の刺身、それとあさりの味噌汁。プレモル。これは美味しかった。りつはパパからばななをもらう。2階へ寝かせにいく。塩関係の著者とクライアントにメール。

cauliflower at 23:44|PermalinkComments(0) ショッピング | コーヒー

September 27, 2019

和菓子屋さんのお菓子のような保育園と結婚記念日

5:30起床。楽勝だと思っていたら、シスターズやはなのトイレなどやってたら、いい時間になってしまった。それでも、7:03喜多見発の1本前に乗る。新横浜8:21発。約70分で浜松。改札で待ち合わせてタクシーで目的地へ。あづきもちのゆすらうめ。園長先生は、浜松駅で待ち合わせた時間が来園時間と思い込んでいて、待ちわびてたらしい。まず、インタビュー。 緑が全体に少し元気がない。緑の園庭が整ったのは、今年の3月。なのに、思うようになってなくて、園長も心なしか元気がない。もともと工場跡地ということもあり、土壌は赤土。どうもそれが良くないらしい。それでも、園児は元気に走り回っている。築山と水辺を存分に楽しんでいるように見える。僕も子どもにつかまる。こっちに行こう、あっちに行こうと僕の手をとって連れまわすのだ。うれしいのは、ぼくほおじさんと呼んでくれること。じいじじゃないのよ。さかもっちゃんも、撮ろうとするとファインダーに園児。プレートを手作りの木製枠で設置してあった。保育所とはいえ、こういう配慮はうれしいですね。約1時間半。無事撮影終了。タクシーの運ちゃんに鰻屋を尋ねると八百徳に案内してくれた。なかむらひろこさんは演奏があると、必ずメンバーを引き連れていく店とのこと。うな丼と同じ値段のうな重と鰻巻き、そして仕事は終了したのでビール。帰りは、こだま。各駅状態なので時間がかかる。新横浜経由で16時前に帰宅。取材した音声データをPCへ転送したり取材の整理。18:30に自転車でふうふやへ。あとから、妻と母、りつとパパママがくる。今日は、39回目の結婚記念日。みんなにご馳走する。あいかわらず、りつが大暴れ。ごはんくれとうるさいのでパンを与えてつなぐ。すぐにわらべディナー。僕は、鴨南蛮と玉子焼き、そして獺祭。やっぱりうまい。

cauliflower at 22:38|PermalinkComments(0) 取材 | 妻・娘

September 26, 2019

駄駄を捏ねられると確かに手に負えなくなる

qsuさんのは、結局タイムアップ。あたま悪そうにみえるテキストで校了。hiさんから、督促。araiくんの写真を確認してもらうためにtaへ送る。写真につけるテキストをaraiくん自身に書いてもらうことに。取材した2人から返信。〆切にまにあうようにもどしてくれるとのこと。パスタでランチ。でも食欲がイマイチでない。dの原稿をもう一度読み直し、タイトル・リード・プロフィールをつくる。atkの仕様がだいぶ変わったので、再見積もりの要請。ただ、ページ数は減ったものの、撮影や取材はほとんど変わってないので、マイナスできる要因は少ない。もう少し検討して来週出すことに。c&lのディスカッションで司会進行役をomuraさんにお願いし快諾をもらう。来週、仕事部屋で打ち合わせをすることに。早めに帰宅し、dのテキスト類をchiakiさんへ送る。チェックの〆切りは来週だが、ざっとページ数を出してもらうことにした。りつが帰ってきて、すぐに僕の机へ。絵を描きたいのだ。風呂に入れるのを手伝うが、今日はきかない。ずっとぐずって、洗わせてくれないし、出たら出たいて、服を着させてくれない。そのきかんこが食事をしている間に少し読書。われわれの夕餉。ひさしぶりにブリの照り焼き。きくとりつは一切れ完食したらしい。厚揚げととうがん。薄味だが、それいいのかりつがくれくれ言うので少しあげると、何度もほしがる。ママにもういいかげんにしなよ、といわれながらもはしをもっていくと食べるのだ。滋味を味わうとは。ぼくは、夕食もイマイチお腹が減らない。しばらく遊ぶ。電車や鉄道の方がくるまより好きみたいだ。

cauliflower at 23:34|PermalinkComments(0)  | 資料読み

September 25, 2019

喫茶店に入り浸っていた10代後半、それが役にたつかもしれない

11時に約束通り、kogaさん来社。納品書を持参されて、そこに捺印として返す。その後何かいってきたかとたずねると、奥付にdnpの社名を入れたほうがいいか、聞いてきたらしい。dnpも呆れたというが、だれだって「なんじゃそれ」だろう。とにかく、発刊されたら是非見せてもらいたいと頼んだ。朝返却してくれた原稿2本の確認作業。3人でランチは、roan、ぼくは梅とじのあったかい蕎麦。美味しかった。14時より、abeさん、おすぎ来社で、amtの打ち合わせ。彼は、しもきたとささずかの真ん中あたりにひっこしてきたとのこと。うちでお願いしているカメラマンの顔ぶれに驚く。唯一のじまんだものね。続いて、c&lの企画でルポをお願いしようとするとおすぎは難色を示す。しばらく話し合った末、ルポは星人が、かわりにケースをおすぎがやることに。確認作業の続きとタイトル・リード・プロフィールづくり。19:30帰宅。りつが待ち構えている。スープカレーが美味しかった。りつと一階のリビング、キッチン、洗面所、玄関を3周する。これだけ回れば疲れて寝るんじゃないかと思うけど、そうもいかないのでよ。2階へ抱っこしていく。

cauliflower at 00:37|PermalinkComments(0) まちづくり | ブレスト

September 24, 2019

残りの原稿2本を送る

りつはベビーカーから降ろせ! アピール。でも、半分立ち上がりかけながらも、そのままパパにつれていかれる。朝食は、いつも通りのコーヒー&パン、そしてレタス&ハム。ただ、いまひとつ食欲が出ない。今日は、事務所でスタンドアローン。朝、おすぎが原稿をあげてきたので、まずそれを読む。じつはかなり心配していたのだが、一読して、これは大丈夫と確信する。じつによくかけている。わかっていることとまだわからないことを丁寧に解説している。いくら脳科学で解明されても、意識がなぜうまれるのかを明らかにしてくれるわけではない。著書が出てから12年たった今も、その距離はまったく縮まっていないという素直すぎる感想。今回のインタビューで伝えたかったことを、ちゃんと書いてくれた。お昼は、1人だし、重いのは嫌なので、回転寿司にする。かっぱとまぐろとさんまとアサリ汁。帰りに薬屋で整腸剤。午後は、ochiさんの原稿の最終コーナー。一緒に戻すと伝えたが、とりあえずfujita原稿を送り、追って僕の方を送る。帰宅すると、みんな食事が終わって、りつがやってくる。待ち望んでくれるのは嬉しいけれど、夕食をたべさせてくれよとうれしい悲鳴。りつは、今日は小鉢を床に投げつけて割った。乱暴者にならないでほしい。時間は存在しないがくる。

cauliflower at 23:58|PermalinkComments(0) 原稿整理 | 原稿書き

September 23, 2019

すっかり治って、原稿など執筆する

夏空を見るために起きる。昨夜も汗はかいたものの、熟睡したので、寝起きは悪くない。おかゆさんをいただく。丸一日何も口にしないでいて、初めての食事。おかゆさんの滋味を噛みしめる喜び。などというものはなかった。ただ、梅干しが美味かった。休日のルーティンをやり始めると、病明けにムリは禁物と妻に言われたが、言うだけなので続ける。いつにも増して、しっかり丁寧にお掃除。母は体操教室なので、母の部屋に布団を干させてもらう。外は雨ではないが、台風の影響でとにかく風が強い。妻が、母の部屋に臭いがつくからといって、自分のベッドルームの窓際に干し直す。ついでに、布団カバーとピロケースを洗濯してもらう。Mr.hataにメールすると、ガラスの資料が送られてきた。庭園美術館のmihoyaglassのインスタなど。詩的な文章付きで。お昼は、朝のおかゆさんを卵入りおじやにする。妻は、二階と買い物へ。布団カバーを外に干す。風が強くて丸まってしまうのだが、靴下干しを使うアイデアで、丸くならずにすむ。僕は、原稿の続きをやる。2日空いてしまった。夕方迄。30枚は越えた、あとはどう締めくくるかだ。夕飯の手伝い。僕は、三食目は昼のおじや。さすがにもう美味しくない。でも、おかずはみんなと一緒で、野菜入り手作りつくね。きゅうりの酢の物、お吸い物など。りつが降りてくると、まっさきに僕のところにくる。そして、僕の机でお絵描き。プジョーのミニカーとお絵描きしたブーブーが同定できるようになった。机の真向かいの棚の上のさゆみをパパとあーちゃんをママと指差して呼んだような気がする。さゆみの出た2015年のカフェブレイクを見る。スカイステージのカフェは、5年も前のものを放送している。でも、これはこれで面白い。さあ、今日はアルコールの解禁だ。


cauliflower at 23:59|PermalinkComments(0) 原稿書き | ヅカ

September 22, 2019

入滅ってこんな感じか

激しい嘔吐で夜中に数回起きてしまう。同じ玄関側に寝ている母にはバレたようだ。朝になって母は心配してくれる。食欲はまるでない。日曜日だし、そのまま寝ている。昼まで、その状態。この段階では、身体はずっと穏やかだった。食欲がなく、水さえも飲みたくない。「渇き」というものがないのだ。こうやって欲望がどんどん消えていく。目を閉じていても、ふだんなら何かしら考えているものだが、なんの考えも浮かばない。人は、こうやって死んでいくのだろうかと思う。高僧の入滅とは、こんな感じなんじゃないかと勝手に思ってしまった。妻たちは買い物へ。再び、ははげしい嘔吐感に見舞われる。もう何も出ないんじゃないかと思ったが、わずかばかり食べ物が混じっている(海苔のような)。昨夜送られてきたkurumiくんの切り絵とテキストを整理して森さんに送る。たぶん連休中に対応してくれるとは思わないけれど、証拠という意味もあって。床こに着くが、15分もしないうちに吐き気。それから、15分おきに数回トイレへ。さすがに、何も出ない。ゲーゲーやっているだけだが、うるさい。そのために、母の部屋にもとどろき渡り、その度に大丈夫かと心配してでくる。妻たちが買い物から帰った時にもう一度トイレへ。妻は、消毒用スプレーより、キッチンハイターの方が強力で、こっちにしなさいと手渡される。キッチン用とは別に買ったものらしく、素直にそれに従う。母が、あまりにひどいので救急でも呼ぼうかと提案してくれて、妻も同意したが、その動機が妻の場合は、ノロへの過剰反応からくるもので、母のそれとはちがう。ハンセン病患者へのいわれなき隔離政策に関する反発を思った。とにかく、「感染る」ことに対する根源的な恐怖があるのだろう。自分には身に覚えがないのに、感染者がそばにいるだけで、自分も感染してしまう。妻は、数年前のノロ感染がトラウマになっているのかもしれない。もっとも、あの時は、トイレに着くまでに間に合わず洗面所から風呂場から吐き散らしてしまったわけで、状況は、今日のぼくとは違うけれど、ノロの半端ない感染力を思うと、妻の過剰反応もわからないではない。モランの「オルレアンのうわさ」をだすまでもなく、社会学の重要なテーマではある。それから、再び床に着く。ウソみたいに寝入ってしまった。ひるまずっとうつらうつらしていたのに、よくこんなに深く眠れるものだ。目を覚ますと21:30。一瞬、朝? と思う。もちろん、みんな夕食を終えて、静かになったリビングだ。下の方がいきたくなる。妻と母に、吐き気はなくなったと伝える。トイレにはいると、下痢も収まり回復傾向へ。ようやく、白湯を湯飲み一杯分飲む。昼に妻が水筒に入れてくれたものを初めて飲んだ。風呂に入って寝るといったら、妻に反対される。母も賛同。気持ちよくなりたいと思ったが、確かに治ったわけではないから、ここは素直に受け入れて、歯磨きと洗顔、それと体重を計る。51.7kg。やった! 去年の1月時点で、51kg前半だった。それが月を追うごとに微増。奈落に落ちる前は、53.7kg。その前の週には54kg台の時もあった。グラストンベリーのケミブラを録画でみる。フジで見たより、VRがずっと立体的に見えた。画像もクリア。ステージ後ろのスクリーンの大きさとかが違うのだろうか。シスターズが2人してトイレ。妻に砂がないと言ったら、ちゃんと買ってきてくれていたのだ。感謝。トイレの清掃。今夜も休肝日。休肝日は、自分から決めるものではなく、強制的になされるものだ。逆に言えば、こういうことでもなければ、休肝日などつくない。

cauliflower at 22:06|PermalinkComments(0) 病気 | 妻・娘

September 21, 2019

突如奈落に落とされたようなこの身体感覚はいかに?

なつを見るために8時に起きる。終わったあと、すぐにkashiwadaさんへ。29番。日曜日のルーティン。半分やって、kashiwadaさん。血圧測って薬をもらう。お昼は、カップ麺。賞味期限は6月で、とっくにキレている。(夜の異変の原因はこれじゃないかと思うがエビデンスは取れない)りつを抱っこして寝かせる。horiguchiでコーヒーとaosanでパン。OKストアへ回る。夕方、りつを風呂に入れる。突如嘔吐感が襲いかかる。一気に奈落へ着き落とされる。トイレへ駆け込むか否や、本日口にしたものを一切合切出してしまう。そりゃすごかった。数年前のノロウィルスの感染が思い出される。しかし、出してしまえばもうムカつきもなければ、違和感すら感じない。いったい何だったんだろうか。台所の片付けの手伝いをやって、しばらく横になることにした。天井をまっすぐに見上げて、からだを伸ばし、両手を腹の上で組む。いつもこうやっていると、左側を上にするように、寝返りをうつが、今日はそれをしたいと思わない。また元の姿勢。 じっと同じ背を伸ばした姿勢で、上を向いて寝る。天井の照明は消してベッドのサイドライトの光がややまぶしくと、リビングのテレビの音が聞こえる。でも、まったく気にならない。そのままの姿勢で、母が風呂に入っている間中寝ていた。もちろん熟睡したわけではなく、さりとてうつらうつらしていたというわけでもない。脳は活動しているし、聴覚を中心に知覚情報は入っててくるのだが、感覚が遮断されている感じ。奇妙な経験だ。そのあと、風呂に入る。40度の水温が少し低く感じられた。風呂から出て、シスターズにおやつをあげてケージに入れる。いつものように、11時半過ぎに就寝させる。はなにおやつ。するとトイレ。夕食の時間から、今日は、何回トイレの世話をしただろうか。これが原因か、と今は思うが、多分違うだろう。いつもより早く就寝。

cauliflower at 00:28|PermalinkComments(0) コーヒー | 病気

September 20, 2019

とりあえず快諾。肩の荷がおりた

りつはあまりご機嫌がよくないみたい。事務所に着くと、大家さんが自宅から出てきたときに挨拶。突然「おたくの年配の女性、台風大丈夫だったのかしら」と話しかけてくる。なぜ千葉に住んでいるとわかったのか。「千葉でも北で内陸だから大丈夫だったようです。ご心配いただきありがとうございます」とお礼をする。この一件を当の本人にする。何かの弾みで話したのかもという。朝一でc&lの打ち合わせ。構成をブラッシュアップ。鼎談を座談会に変更。しかし、どうも人選に難があり、再び鼎談に戻す。ただし、人選を変えて、登壇者を特集の最後にインタビューという方で掲載。ケーススタディを3本にし、取った1物件を鼎談にコラム記事として打っ込む。こういうのがプロ仕事で、クライアントの担当者には到底できない芸当だ。dから伝票が送られてこないので、火曜日出社にするか悩むお千代さん。そのお千代さん本日は早退。わがまま母さんの相手をするらしい。お弁当を食べて退社。それを追うようにして、髪型が可愛くなった編集者とパスタ屋。ひさしぶりにペンネ。小型パスタは少し硬めでもう10秒茹で時間が多いといいのに、と思っていたが、今日のペンネのアルデンテはgood! 引越し先に父親がくるのは、来月の末らしい。リビングダイニングが広いのはいいけれど、壁が少ないので、物が起きにくいと苦情。事務所に戻って、原稿の続き。それから、随想の筆者候補者に原稿依頼。お一人は、即レスでOK。メアドに「i」が抜けてたばかりに、何回もだすことになった哲学者から、それでも快諾もらう。よかった。帰宅後、夕餉は、マグロの山かけとコロッケ。

cauliflower at 00:57|PermalinkComments(0) 執筆依頼 | 原稿書き

September 19, 2019

撮りおろしの企画が通る

朝は、araiさんのプレゼン用データの督促をしたり。11時半過ぎに出て、まつやでお昼。電車で移動中に、araiさんからテスト撮影のデータが送られてきた。それをsomaさんに転送。打ち合わせの時間より30分も前についてしまったので、somaさんに連絡して、先に会議室に入れていただく。14時より、3者会議。最新号の売れ行きは、順調とのこと。やはり、人選なのだろう。chibaさんは、新刊も出たしね。表紙の次号、次々号のプレゼン。作家は決まっているし、動物の頭に王冠というシリーズものなので、提案通りに決まる。差し込みについては、撮り下ろしの提案。テスト撮影のプリントアウトを見せながら、趣旨を説明する。所長から、「もしだめだっていったらどうなるの?」というとても痛いところを突いてくる。撮り下ろしにしても書き下ろしにしても、リスクをとらないプレゼンはありません。でも、無事OKが出ました。帰りながら、昨今の出版事情について聞く。新宿のタワーによりBGMになるJAZZの企画ものを二セット購入。ギター編とサックス編。さらに登戸で来週の浜松取材の切符を買い、さらにさらにkomaeで下車、horiguchiでコーヒー。帰宅後原稿書きをしようと思っていたが、りつが帰ってきたので、できずに夕食に突入。夕食は、コロッケとけんちん汁。りつのお腹はなおったようで、自分の食事をたいらげてからも、僕や妻から、ごはんをもらっては嬉しそうに食べていた。来年度の講義の問い合わせがきた。もちろん、二つ返事でOK。来年は、いよいよ13年目に突入だ。

cauliflower at 23:49|PermalinkComments(0) アート | ジャズ

September 18, 2019

昼は中国本土、夜は台湾、な〜んだ?

りつはお腹がゆるいみたい。食欲がないというのも心配。英文学女史から返信。丁寧な辞退のメール。ほぼ同じテーマで、ほぼ同じ頃の〆切。おなじ内容の原稿を2本つくるのはしんどいというごくまっとうな理由。昨日のこともあるので、くいさがるのはやめてあっさり従う。事務所ついて、まずおちよさんにdnpの請求書を修正してもらう。pdfで送る。昨日jpgデータに変換してもらった緑の写真データ2年分のDL完了のメール。さかもっちゃんからTMU他の緑の写真が送られてくる。原稿の続きをやり、ランチへ。かむいの日替わりは、とうものこしとたらの炒め物。これが、また美味しかった。タラを炒め物に使うというのは初めて。北京の研修旅行の成果じゃないかしらとお千代さんは嬉しそう。事務所に戻って、再び原稿。なんとか5分の3までたどり着く。19時半に帰社。りつは元気だがごはんを食べないらしい。保育園では食べたらしいが。夕餉は魯肉飯(ウーローハン)。初めて挑戦したとのことだが、美味しかった。

cauliflower at 23:35|PermalinkComments(0) グルメ | 原稿書き

September 17, 2019

失態は失態。もはや振り出しには戻れないのかも

りつは少し食欲がないようだ。昨日の昼間から。あのりつがだ。心配です。事務所は、僕一人。昨夜送ったインタビュー原稿に応答あり。予想されたことだが、他の二人の原稿の進捗状況について。今週末には1本あがりそうだが、やぶ蛇になるのを恐れて、ただいま鋭意作成中と報告。TMの原稿依頼をする。素直にあなたのファンだと告って依頼する。さぁ、これでうまくいくんじゃないかと期待したが、すぐにその期待は不安に変わる。やばいことに名前の漢字を一字間違ってしまったのだ。へんがさんずいではなく糸偏だった。このかたは、文学系のひとなので、こういうミスには厳しそう。しかも、自分の名前。すぐに詫びのメールをするが、時すでに遅し、とならないことを切に期待します。ランチは1人なのでうなぎと思っていたが、13:30にして準備中の札。スパイシーカレーにする。ここのはトマトの酸味が効いていて、僕は意外に好きだ。0inさんに変換をお願いしたみどりの写真が送られてきた。それをもとに、物件ごとにタイトルをつけて、点数を確認する。この作業が意外と時間がかかってしまった。そもそもデータが重いため、すぐに開かないのがネック。インタビュー原稿を少しやって、19時過ぎに片付け。帰宅するとりつは夕食を終えて玄関まで迎えに来てくれた。夕食は、肉詰めピーマンととうきびのバターソテー。白と黄を一つづつ。もちろん黄色も旨いけれど、白の美味しさは別格。とうきび本来の味とはこういうものだと控えめに主張している感じ。風呂で知らず知らずに風船を口ずさんでいたので、風呂上がりの一曲は遠い空の彼方に。

cauliflower at 23:05|PermalinkComments(0) 執筆依頼 | 原稿書き

September 16, 2019

アクアパークでドルフィンパフォーマンスを観る

3連休最終日。なつを見るので7時45分に起きる。朝食後りつが降りてきた。ルーティンの掃除を早くやりたいのに、早速僕の机のうえに、ペンとマーカーを何本もならべて、マッチのスケッチブックにいたずら書き。しばらく遊ぶが、僕は掃除を始めてしまう。11時すぎに終了。12時すぎにりつとママ、妻、僕でまず、駅のマックで食事。ぼくは定番のえぐちセットとコーラ。りつはお出かけセットのはすが、なぜか少し口をつけてもういらないと。バンズとポテトを欲しがる。しかたがないからちぎってはあげていると、なぜか癇癪を起こして、コーラーは床へ沈む。ほとんど飲んでいなかったので、スタッフの手を煩わせてしまった。神宮前/原宿経由で品川へ。プリンスにあるアクアパーク。14:30のドルフィンパフォーマンスを観る。ベビーカーで会場の上層階にある巨大プールへいくのが大変だった。つづら折りのようなスロープとエレベーターを乗り継いでやっと会場へ。すでに座席はほぼ満席。しょうがないのと、りつがもうあきたので、結局ベビーカーを最後列の通路に置いて、ママと妻が交代で抱っこして待つこと30分。始まりましたパフォーマンス、これがまるでサーカス。自分の身長の何倍も高いジャンプをし、ひねりながらの着水。かと思うと尾ひれで立ち泳ぎで一周。観客の手の振りに合わせて、からただを振ったり、もちろん調教師とのコラボも。完全にエンターティンメント・ショーだ。とにかく、お客さんが多い。会場は混み合っていて、水槽の展示でみたのは一つだけ。エイのいる巨大水槽。りつもここは一生懸命見ていたが、彼にとっては初体験。エイは水中だけど、空から飛んでくる生き物ということになったのではないだろうか。2300円の入場料を払った割には、もとのとれなかった水族館だった。妻は喉が渇いたを連発していたが、どこも混んでいてパスしているうちに駅まで来てしまった。駅ナカでパン。会終わってから、ポールだとか、もっといろいろなパン屋があったのに、と後悔。行きのルートを引き返す。帰宅後、りつを風呂入れるのを手伝う。夕食は、サーモンフライとポテトサラダと坦坦春雨。プレモル。りつは、なぜか夕飯も嫌がって、結局白飯を食べた。夜は、FRFの3日目。風呂をうまく入って、ハイエータスとくるあんびんは見れる。娘が楽しみにしていたJBはやらずキュア。

cauliflower at 00:52|PermalinkComments(0) イベント | エンタメ

September 15, 2019

孫を連れてお見舞い

日曜日のルーテイン+風呂掃除。録画したあーちゃんのミュージック・サロンをチラ見する。放送中のラスト・タイクーンをチラ見する。まだみりおはno.2なのに、すでにトップのような貫禄のある演技をしている。もちろんとむさんのトップは揺るぎないけれど、この時点で次期トップは決まった、とファンにいわしめるような態度である。おすぎが原稿をあげてきた。正直心配ですぐに読む気にはならなかったが、原稿の出来具合によっては、連休が吹っ飛ぶ可能性もある。覚悟を決めてしっかり読む。ところが、予想に反して、逆に不安を吹っ飛ばすような上出来の原稿だった。できる限りわかりやすく書くのが条件だが、その哲学の狙いは絶対外しては困る。二律背反の枠組みのなかで、かなり完璧に近い形で書いてくれた。僕が書いても、こんなにわかりやすくはならなかったと思う。お昼は、賞味期限切れのかっぷらーめん。妻は、汁なし担々麺。妻は妹に食べさせたいとお弁当をつくる。昨日と同じとうきびご飯。今日は、白だしで炊いたので、味が薄くないかというが、そんなことはなく、昨夜のより美味しかった。出汁巻も美味い。そのあと、りつとパパママ&妻とでお見舞い。入り口でじょばと合流。のぶりんは、腰が痛み今日はパスとのこと。わかはさらにやせた。なにせもう入院3週間。その間何も口に入れていないという。水すら飲んでいないのだ。りつは最初緊張しとていたが、だんだんとなれてくる。一度看護婦さんが寝返りをうたせにくる。今の所床ずれは免れているようだが、やせすぎて骨が飛び出したような状態になって、それが痛むらしい。FCとうきょうの話になると、妹とスマホでみていたとのこと。決して悪い試合ではないのに、なぜゴールがなかったのか。これで、リーグトップはかわらないが、かしまに勝ち点1差。帰り際に、それでも、くちもとがさびしくて、するめのようなものをかんでいるというので、じゃぁ今度買ってくるねと約束する。定員オーバーになるのでじょばは歩いて帰ってもらう。帰りに石井による。おかずや寿司などを買う。りつは病院内をかなり長い距離歩いたようだが、成城ぱんの前で少し歩く。帰宅後、プレモルとわた入りで焦がした烏賊。わかさんに今度持って行こうと思うが、少し柔らかすぎるような気がする。夕食は、レンコンのはさみ焼き、トマトのマリネ、寿司、ハンバーグ、ビーフンのサラダ、そしてとうきびご飯、味噌汁。2階がおりてきて、パン屋さんのロールケーキなどをいただく。夜は、FRFの2日目を観る。

cauliflower at 00:06|PermalinkComments(0) 病気 | 原稿をもらう

September 14, 2019

とても美味しいとうきびご飯

土曜日のルーティン。そのあと、レイコップとdysonのクリアランス。袋麺のそばが9月1日が賞味期限。きれていたが、天かす乗せていただく。りつとママと妻とで仙川へ買い物。ユニクロ、カルディ、トモスといつものコース。ユニクロで、長袖のボーダー、柄違いで5枚目。カルディは狭いので、ベビーカーで移動するとりつが棚の商品を手当たり次第引っ張り出すので、入り口の前のsarutahikoとなりのベンチにすわったり、だっこしたり、回ったり。テーブルの上にドリンクを置いて何か食べている子供を指差して、カーっていうのはやめましょう。トモスの入り口の前のテーブル席で一休み。寝そうになる。そのあと、しまほへ。おむつやらティッシュやら、かさばる荷物がたくさんあるので、先にひとりで荷物を駐車場のクルマに置きに行く。そのまま寝る。かなり本気で落ちる。りつは全然寝なかったらしい。いなげやに寄って帰宅。南房総の停電はまだ続いている。へたすると27日まで復旧しないかもしれないというおそろしいことをいっている。numaも停電地域に入っているようで心配。早くフッキョュウしてほしいものだ。妻が買ってきたチキンの黒胡椒でプレモル。夕食は、omachiマンがおくってくれたとうきびを生のままご飯炊いたとうきびご飯。とうきびが信じられないくらい甘い。おかまをあけると、薫りがふきだしてきた。もちろん美味しかった。夜は、まずFRFの第一日目。深夜、BSでおしんをまとめて観る。たなかゆうこの演技というより、存在感がすごすぎる。というか、はしだすがこの本がおそろしい。これを出勤前に見せられた人たちはその日大丈夫だったのだろうか。嫁と姑問題に還元できない深みのある内容だ。海外の、とくに東南アジアやアラブ諸国でモーレツに観られたらしいが、おしんの何がそんなにうけたのだろうか。ヨーロッパでは逆に反応薄かったんじゃないのかな。いろいろ考えとしまった。来週の土曜深夜もきっと観ると思う。

cauliflower at 23:25|PermalinkComments(0) グルメ | 妻・娘

September 13, 2019

モロッコ料理でぐるめ会

今夜のグルメ会はモロッコ料理。何年振りだろうか、るーじーるにいつものメンバー。やまちゃんは、沖縄旅行初日の夜、ホテルの部屋でつまづいて頭部を強打。出血して、帰宅後経堂の病院でMRIをとって治療もしたとのこと。深刻な事態にはならなかったようだが、今でも頭部が痛く、頭痛もするらしい。関連性はあると思うが、味覚に違和感があるらしい。一部の食品や飲料に味が感じられないというのだ。たとえばコーヒー。香りも感じられず、美味しくない。なので、今日は、ワインも料理も控えると宣言。ちょうど2年前の夏、ぼくも頭部の一部がなぞの陥没。慈恵医大で脳外科と整形外科、皮膚科と回って調べてもらったが、一応異常ではなかった。そんなことをはなしているうちにオーダーしたスパークリングワインがくる。乾杯。定番の海老パンとサラダモロッカン。ローストビーフ、蛸など。そしてメインはクスクスロワイヤル。ワインは、フランスの赤と白1本づつ。最後にデゼール。四種類全部たのんで取り分けた。デザートの美味い店は、料理も美味いという定説通り。終わりよければすべてよし。帰宅後、風呂上がりにさゆみの特別番組を見る。

cauliflower at 14:09|PermalinkComments(0) 外食 | グルメ

September 12, 2019

中華は休み。ならばプランチェ。

りつは元気に保育園。事務所についてまずたすかろらってどういうこと? ソルトガーデンからメール。みおこさんへ正式な依頼書を送ってもらった。原稿に着手するために、もう一度読む。一問一答的なやりとりをどのように書き換えるか。〜みたいな、を連発する独特のポップセンスをのこしつつ、先生っぽくするにはどうするか。まあ、悩んでいても始まらない。そんなこと気にせずに書き始めちゃえばいい。ランチはkamuiのはずが、北京へ研修旅行だそうだ。でも、四川じゃなかったっけ? と思ったけれど、四川料理は地域とは関係ないんですね。スペイン料理へ。鶏もも肉のプランチェ。お千代さんは、カルドソ。もちろん、ナスのフリット付きです。三省堂によって、0.38mmの替え芯ブラックを買う。事務所にもどって、いよいよ原稿に着手する。導入の質問をつくってここまで。帰宅すると、りつがリビングを歩き回っていた。夕食は市販のハンバーグに昨日のドミュグラスソースをかけて。厚揚げにチーズをのせて炙ったものを醤油でいただく。利き酒会でのこったnotoをもらってきた。いっぱい飲む。どんな食事にも合うし、ハードなのにとても飲みやすく、ほのかに甘みも感じられる。風呂上がりにさゆみさんのサヨナラ特別番組を見る。

cauliflower at 00:36|PermalinkComments(0) 外食 | 原稿書き

September 11, 2019

これがほんとのインストアベーカリー

午前中、オーストリアに滞在中の女性学者にメール。みごとにお引き受けいただきました。12:30に市役所に自転車を置いて、妻とhoriguchiへ。コーヒー&ベーカリーショップのプレオープンイベントにご招待いただきました。ショップ内のレイアウト構成は、工事初期の段階から見ていたが、本格的販売がスタートする最終デザインは、今日確認した。中で数人が働いていたが、いずれもaosanの関係者らしい。残念ながら、パンが買えるのは13日の正式オープン後のようだ。会場でウェルカムコーヒーをいただき、スタウトのMをおかわりする。テーブルにはカンパーニュとシナモンロールが並び、自由にとっていただけるとあって、早速一つづついただきました。横浜のファクトリーに異動された何人かと挨拶。男性のお住まいははいたうん。毎日通っているそうな。ただ、横浜はレンタルバイクが充実していて、従業員はみなさんそれで出勤しているとか。ただし彼は現在ダイエット中。15分一生懸命歩いています、と、やれやれ顔で話してくれました。そのあとkomae cafeに行ったが休み。斜向かいのmamefukuでランチ。お豆とトマトのカレーは酸味があって美味しい。それなのにさらにレモンを絞っていただいた。付いていたピクルスも美味かった。妻の頼んだプレートは野菜やおかずが盛りだくさん。こっちも美味かった。ATMによって帰宅。僕は、再び塩の原稿依頼。夕方雨がざっと降ったが、すぐに止んで、その隙にりつとママが帰宅。夕食は、ハヤシライス。本日も、自分の食事は済んでも、みんなが食べていると、食欲は収まらないようで、妻やママにくれくれコール。この大食漢、いつまで続くのだろうか。食後、僕の机で遊ぶ。ペンをにぎらせないで、と妻はいうけれど、決められた紙(マッチ箱を模した小さいノート)になら、どんどん書かせた方がいいと思うので、キャップはとらず、書く真似をする。風呂から上がると、快諾のメール。終わってみれば、2勝2敗。まあ悪くはない成績だ。

cauliflower at 00:41|PermalinkComments(0) イベント | コーヒー

September 10, 2019

これ見ちゃったら、千秋楽を見ないわけにはいかないぞ

むちゃくちゃに暑い。37度って体温と同じじゃないか。11時の打ち合わせのはずが、chinaくん珍しく30分遅刻。聞くと、猫がじゃれついて外に出させてくれなかったとのこと。いつものようにお菓子を持参。今日はタルト。さて、決算に向けて、去年と比較する。dnpの見積もりが通るかとどうかで、大きく異なる。9月末までなんとも言えない。パスタ屋でランチ。くらしおの原稿発注。17時に出て、日比谷へ。次の花の発券を済ませて入場。キャトルでパンフとプロマイドとシール。16列の60番。小柳さんのミュージカルは、コメディ。星はさゆみ・あーちゃん、こっちゃん、みんな笑いのツボをよく心得ているし、オタクごころもみごとにシンクロしている。アイドルグループを男女一組づつ出すところからして、小柳さんはわかっているひと。このアジアンテイストのミューシジカルは、香港映画を見まくっていたという人だからこそできた作品かもしれない。舞台をシンガポールにしたところや、都市再開発は、今や古い建物のリノベがトレンドといった視点を取り込んでいるところが、じつに今を感じさせる。それにサブカルと食が複雑に絡み合う。しかも、最後は、豪華絢爛・贅沢三昧のグルメ大好きで終わるのではなく、親の手作り餃子が一番美味しい! でハッピーエンド。とてもしゃれた現代的コメディだった。レビューは、酒井節満載。オーソドックスにしてヅカらしさが随所に溢れでる華やかなショー。両作品には、ラブシーンやデュエットがてんこ盛り。さゆみとあーちゃんは、それをなんの気負いもなく普通に演じるわけだから、ほんとうに二人は、信頼し合っているんだなと納得した。恋愛関係よりもっと高みにある、あえていえば至高の愛。あーちゃんのさゆみをみつめる瞳には、愛がいっぱい詰まっていましたね。それとこっちゃんへの王位継承がしっかり仕組まれていて、みごとというほかなかった。こっちゃんもそれを当たり前のことのように受け入れて、演じているのだから、あんたもやるねぇという感じ。終わってみれば、もうなんとしてでも千秋楽のライブ中継をみるぞ! という気になってしまったのでした。


cauliflower at 00:37|PermalinkComments(0) ヅカ | 鑑賞

September 09, 2019

風速57mってどんなんだ?!

都内のJR、私鉄各社ほとんどが運休。昼前後には復旧するとアナウンスはしているようだが、各社まちまちなうえ、全体的に遅れている。夜中3時ごろかなりうるさかったらしい(ぼくはすっかり寝入っていた)。今はおさまって、玄関に避難させていた観葉植物類を玄関外の定位置に置き直す。生協のプラスティックのケースの蓋が飛んでいた。裏のオリーブがやや倒れ、ノキアも全体が片側に寄っている。でも、その程度で済んだ。妻の寝室の南側の壁上部の換気扇がベッドの横に落ちていた。風邪ですっぽり抜け落ちたのだ。ニュースで、関東圏の被害状況を伝えている。コンテナがなだれ落ち、くるまが多数、吹き溜まりにあつめられた枯れ草のようになっていたり、送電線の鉄塔がもげておれて、民家の屋根を直撃したり、尋常じゃない光景が次々に TVに映し出される。伊豆のほしのリゾートに宿泊していたりつたちは無事。写真を送ってきたが、まだ曇り空だけど、ベランダからは静かな海が見える。弊社のみなさん、omachiマン一行、チナは、小田急線が復旧していないので、今日のミーティング&食事会はパス。ぼくも急遽自宅作業にする。Ochi先生のデータを読み、先生編著の資料を読む。昼は、妻が皿うどんに昨日の具をあんかけにしてくれる。夕方、御一行帰宅。りつはぼくの机まで歩いてきて、さっそく遊んでくれコール。LINEがきた。けっきょくomachiマンは、クワとだいこんくんとガード下で飲んだみたい。夜は、鯵の干物とおぼろ豆腐のわさび味。りつが鼻をこするので、「君といつまでも」のセリフの箇所でやる、鼻こすりのパフォーマンスをやる。それがきっかけで、風呂から上がってから、ゆうべの秘密とか霧にむせぶ夜とか座投げの値打ちもないなどを聴く。

cauliflower at 22:48|PermalinkComments(0) 資料読み | 歌謡曲

September 08, 2019

今、台風通過中。でも、朝は晴れていたのに。

りつとパパママが伊豆へ家族旅行。今夜夜半から明日早朝にかけて、台風もろ直撃というのに。だから、11時前に出たのだと。朝は晴れてましたから。日曜日のルーティン+風呂。昨日途中から録画したまりあ40anniversaryをみて、ついでにスカイステージでひとこさんの特集。どうも彼女の鼻が好きみたい。というか、基本顔も性格も好き。ゆっきーが階段に積んであった、グリコの昭和シリーズを床に落としてくれた。最小でコメより小さい部品がとびちって、それを拾うのに一苦労。いよいよ今度は、アロンアルファでくっつけてしまおう。お昼は、ライ麦パンに卵やら生ハムやら、自家製オリーブのマリネやらをのせたサンドイッチ。それからhoriguchiとユニディへ。ユニディは、アロンアルファの口の細くて小さいやつと消臭剤詰め替えようと猫砂。帰宅後コーリン・ロウの透明性の論文などを読む。夕食は、焼きそば。その前に、蛸フライでプレモル。りつの動画が送られてきた。ボールのプールに一人で入れるようになった。

cauliflower at 23:07|PermalinkComments(0) 天候不順 | コーヒー

September 07, 2019

パネルディスカッションと孫が歩き始めたこと

りつがひとりで歩く。それも、だいぶ長い距離を歩けるようになる。土曜日のルーティンの後、みゅーじっくつーりずむのシンポ。渋谷のセルリアンタワーのとなりの大学院へ。yagiさんのお誘いだ。会場で、hiramatsuさんiwashitaさんtakiさん挨拶。まず、ロコドルとまちづくりについて研究者の発表。現在ロコドルは、東京圏も入れると3000組もいるそうだ。それをうけて、現役ロコドルの報告。つぎにyagi先生のみゅーじっくツーリズムの可能性。彼は、この夏イギリスに視察旅行を敢行、その報告とあわせて概要を語る。つぎに1000人フェスの主催者の報告。休憩を挟んで、arena構想はまちを活性化させるかという問題提起。さらに、ひと、まち、おんがくの三題噺をパフォーマティブに語る還暦の実務者の面白いお話。最後は、全員参加のパネルディスカッション。帰宅すると、りつの歩行距離がさらに伸びていた。器用に、一人で立ち、すたすた歩く。疲れるとそのまましゃがむ。Vサインもできるようになる(といっても1本指)。今日は、昼食べなかったが、お腹は減らなかった。夕食は、カツオの刺身とプレモル。

cauliflower at 00:20|PermalinkComments(0)  | 音楽一般

September 06, 2019

乗り換えをしくじったことと利き酒の会

余裕のつもりで、naviちゃんをみたら、けっこう時間がないではないか。それでも、少し早く着くように乗り換え時間をセットした。ところが事件。表参道で、銀座線にいったん乗りかかったが、「あれ、行き先逆じゃん」と思ってしまった、ホームの反対側に停車中の電車に乗り込んだ。ところがである。表参道は銀座線の浅草方面行きと同一ホームの反対側は、半蔵門線の押上方面行き。つまり、半蔵門線に乗ってしまったのだ。だいたい押上行きと書いてあったのをちゃんとみたではないか。それから、あらめて検索。日本橋で三越前に行き銀座線に乗り換えれば次は京橋、楽勝と思ったが、日本橋で降りてしまった。ぐるぐる歩き回って、再び銀座線。結局京橋に下車したのが11時。どうもこういう乗り換えをミスったり、地上に出て方向を間違ったり、ということがおおくないか。反省。nagasakaで打ち合わせ。構成案についてのFB。京橋でおすぎと星娘と中華。おすぎの超デカ餃子8 つのうちの一つをもらう。ぼくは肉丼。お杉とはここでわかれ、星娘とは渋谷で買い物。海苔巻き類とイチジクとアボカドのサラダ、海老しんじょうなど。星娘と別れる。事務所で、雑務。夕方、まずえりさんが一番乗り。つづいてさかもっちゃん。結局18:45にスタート。第9回kikizakekai。まず発泡タイプの濁り酒から。氷で割って飲む。すっきりした飲み口。確かにどれもが美味い。肴もみんな美味い。食べつ飲みつつ、語り合い、楽しい酒宴となった。えりさんはえっちなことをリアリズムで押してくる。前から、そういうところがあるのは知っていたが、今回はさかもっちゃんが驚くほどのリアリズムだった。えりさん星娘さかもっちゃんはもうすぐトライアングルに。面白い関係が生まれれば良い。6本+発泡を飲んだ感想を言うとすなおに全てうまかった。ただ、酒米、無濾過、生酒を貫き通すと、結局高止まりの美味い酒になるのだか、どれも似たような味になってしまう。それぞれの個性が少し後退する。まあ、贅沢な悩みですけどね。帰宅したのは0時近かったが、ひさしぶりに寝酒をせずに就寝。

cauliflower at 00:00|PermalinkComments(0) アルコール | 飲み会

September 05, 2019

お見舞い。意識もしっかりしていて話もできるのでちょっと安心

りつを見送る。少し早めに出社。利き酒会の資料とレジュメをつくる。妻からtel。昨夜はどうなるかと心配だったが、今日は意識もしっかりしているというので、wakaさんの見舞いに行くことにする。エグチのランチ。14時すぎに帰宅。母もつれて、3人でkyourinへ。第三病棟の5階、ただ、今日から一人部屋へ移動。ナースセンターの真向かい。以前の3人部屋くらいの広さがあり、トイレとシャワー、大きな洗面台。wakaさんはゆっくりだけどちゃんと話ができる。午前中にqusumiくんもきたらしい。去年声が出なくなって、耳鼻咽喉科へいったが風邪と診断。抗生物質をもらってかえるが、5日経ってもまったく治る気配がない。そこで別の病院へいく。そこは、PETの設備がある都内でも数少ない病院の一つ。さっそく検査すると、かなりのかずの腫瘍が身体中にできていることが判明。それで入院となった。抗がん剤や放射線治療も試みたが、今はもうそうした治療ができる状態ではないという。先週は、転院するようなことを言われたが、月曜日、てんかんのような症状が出て、結局院内の個室への移動になったとのこと。高級な一人部屋もあるが、ここはそれよりも一般的。ただ、費用は以前の三人部屋とかわらない、もしくは無償(?!)らしい。雑談でも話していれば、時の経つのは早い。1時間以上になる。wakaさんは途中うつらうつらしているようだが、あまり疲れさせても良くないのでひきあげることに。帰宅後、利き酒のレジュメの続きをやる。夕餉は、ソーセージと練り物、納豆、大根おろしと味噌汁など。りつと少し遊ぶ。りつは急に眠くなるみたい。すこしぐずり出したので2回へ連れて行く。みんなにおやすみのあいさつ。バイバイと少し声が出て、こぶしをつきあげるのとVサイン。ただし、指は1本だが。

cauliflower at 23:18|PermalinkComments(0)  | 資料作り

September 04, 2019

2年間で溜まった資料を廃棄処分

りつは元気に保育園。朝一で、ATM経由で郵便局へ。23期同期会の参加費を払い込む。喜多見駅に向かう途中できららの玄関から子どもを抱いた保母さんがでてきた。ちらっとみただけだからよくわからなかったけど、りつだったかもしれない。夜なつが今日は立ち乗りで散歩に出たらしい。事務所で、請求書をつくってもらう。塩の執筆予定者の確認。いずれも、大学の教員案内にメアドが記されていない。一人は作家。今回も出版社に聞くしかなさそうだ。ランチはkamui。日替わりは、油淋鶏。やはり、ohshoより格段に美味い。まぁ、単純に比較できないけれど、鶏肉も違うし、タレも違う。事務所に戻って、olyの資料の整理。まとめてダンボールにつめておいたので、ファイルこど順番に出して、どんどん廃棄する。17年にスタート。プリントアウトしたもの、コピーした資料などだが、面白いことに17年から18年のはじめまで、ちいさな📎を使っているが、その後、中型サイズ使用するようになる。ちょうどその交代時期にあたったらしく、見事に世代交代していた。星人もあわせると、ビニール7袋。なんのための資料だったのか、空しいものがある。oly借用の飼料類を、dnpへ返却する用意をする。記号と事件の映画の章を読む。ポスト構造主義の影響をもろに受けて、読書してきたわけだが、いったい現代思想の何がそんなに僕を惹きつけたのだろうか。昨夜は、68年を基点に、パリ、日本、中国と比較しながら、アメリカの緑色革命を位置づけ直す必要性を感じたが、今夜は、80年代前後の現代思想の再検討だ。自分の歴史も、時間と距離を置くことで、少し違った見方ができるかもしれない。夕食は、オムライスとスープ。なぜか突然ひとかけらの純情が聴きたくなり、3回連続で聴いた。

cauliflower at 23:50|PermalinkComments(0) 仕事 | グルメ

September 03, 2019

なんであれおたくなひとはすごいのです

雨が降り出したので、クルマでりつとパパ・ママを保育園へ。かれらは、そのまま仕事へ。今日は、自宅作業。まず、大宮の将来像のレポートを読む。そして、恐る恐るメールすると、すぐに返信、快諾していただきました。それからドゥルーズ関連の資料を読む。シネマがきっかけだが、あらためて哲学と何かなど。それから、データ起こしを読む。お昼は、妻がタンドリーチキンのお弁当&玉ねぎの揚げ物。すみれさんのは、どれも美味しい。怖くなるくらい安いtaはやめて正解。データ起こしの続き。再び強い雨。せっかくうちにいるのだから、クルマで迎えにいく。今日は送り迎えをしたことになる。きょうびのじじばばは大変です。夕食は、チキンピカタとごまドレのサラダ。まつこにsaebowが出演。ういきのことは知らなかった。このひとどんだけマルチなんだ。つれあいがいるのも意外だった。とにかく、「えっそうなの?」と思わず言わせてしまう何かをもっているひとだということです。

cauliflower at 22:16|PermalinkComments(0) 執筆依頼 | 読書

September 02, 2019

建築と外構のデザインが、周囲の環境にみごとに溶け合っている

7時起床。りつはにこにこしながら保育園へ。バイバイしながらバイバイといった。8時30分に出る。ところが、乗り継ぎが悪い。代々木上原の手前で信号待ち。ホームに滑り込むと、無情にも向かい側に停車中の千代田線のドアが閉まる。何食わぬ顔で走り出す。勝手に止まっておいて、それを知っているにも関わらずそのことを考慮しないで出発するとは。その結果、中目黒からアプローチした大学入り口には、すでに全員そろい踏みである。まず、理事長室のとなりのミーティングルームで理事長のインタビュー。今回の移転と新築に関しては、明確なヴィジョンをもっている。池袋の造幣局跡地という選択肢もあったが、大きなハードルがあったことと、価格面での折り合いがつかなくて、ここに決まったという。しかし、この選択は大正解だった。実際現場を見てそう思った。三角形の敷地は斜面立地で、高低差2 層分。階段とスロープで南北を上手につなぎ、南からアプローチする利用者に考慮して、エレベーターが設置されている。中央の音楽の道と並行する鎌倉街道は、大学関係者以外の近隣住民も自由に往来できる。現在は、夜間22時以降朝7時までは通行禁止にしているが、いずれ鎌倉街道は24時間利用も予定されているようだ。で、緑の環境づくりだが、従来の高木類は基本すべて排除し、新たに武蔵野の原風景を彷彿させる高木類に植え替えられている。すでに6ヶ月を経過して、雑草類が地面を覆うまでになっているが、理事長の考えで、できるだけ自然の状態に保つようにしているという。つまり、草むしりは当分しない方針のようだ。南西方向から登っていくと、校舎と草木類がいい感じで調和して、すてきな景観を作り出している。北側の入り口音楽の道のトップにディーンアンドデルーカのカフェ。住民には大変好評らしい。校舎の内部を視察する。世界最高峰の音楽スタジオとやはりクラシックに特化した音楽ホールがひときわ目をひく。各教室の配置がよく練られていて、設備も最新。またサイン計画のデザインがしゃれていて、見やすく、僕的には好印象。などなど、ざっと見て回っただけだが、立地と建築、自然環境がみごとに調和し、優れた楽曲を聴いているような錯覚さえおぼえるような場所となっていた。四季を楽しめるような植栽計画がほどこされているという。自主的な紅葉が色づく秋口にまた撮影しようと思った。終了後、目黒川沿いのワインバーでランチ。トンテキとスパークリングワイン。なぜか、matsuokaさんの話からkosakushaの話になって、思い出を手繰り寄せるひとにになってしまった。事務所まで送ってもらい、請求書などつくったり、事務的な仕事を片付ける。18時過ぎに帰宅。りつと少し遊ぶ。初めてペンで絵を描かせてみた。まだうまく握れない。どこまで興味が湧くか、これからが楽しみ。

cauliflower at 00:11|PermalinkComments(0) 庭づくり | 建物

September 01, 2019

現代思想と霊性、ぼくには意外な組み合わせ

8:30起床。妻が起きて、TVつけてがたがたやっていたのでおきちゃった。昨日、kamae駅前のイタリア食堂のブースで買ったあんぱん。あんこがきめ細かくてたっぷりはいっていて美味しかった。パンも合格。朝食は目玉焼き。日曜日のルーティン&風呂掃除。SSで一週間のまとめtakazuka news。さゆみとあーちゃんのショーの稽古場風景など見る。お昼はカップ麺・エスニック。8月が賞味期限。少し超えてしまった。それが原因ではないだろうが、軽くお腹の調子悪し。昨日から腰も痛く、貼り薬をしているのだが、腰といっても左側の少し上の方。内臓疾患が原因の腰痛なのかもしれない。りつとママと妻は買い物。僕はパスして読書。koizumi先生のドゥルーズ本の最新刊など。ひさしぶりの小泉節に浸る。夕方水を撒く。ところが、その後、通り雨。妻にメールするとaobaのレジが混んでるらしい。雨は収まったが、車で迎えにいく。水炊き屋の前でピックアッフ。帰宅後、amazon注文品が4冊。うちkitamurasaeさんの著作が3冊。机の上に平積みしておいたら、娘が見つけて、買おうと思っていた本だったらしい。ぼくは先週はじめて知ったけれど、娘はだいぶ前から知っていたらしい。まずは随想をお願いするところから。夕餉は、シュウマイと中華風スープ&プレモル。

cauliflower at 21:30|PermalinkComments(0) 資料読み | 思想・哲学