October 2019

October 31, 2019

咳を必死でこらえながらの観劇は勘弁願いたい。

やはり、寝汗をかく。気づかないうちに咳をしているのかもしれない。メールの返信などしてから出社。乗り換えがスムーズにいき、45分着と言っておきながら、30分前に出社してしまう。本日は、僕ひとり。USBに格納したshinji先生用の写真が開かない。佐藤用はOKなのだが、saito用が開かない。すでに、Dには送り済み。問題はないが、自分用のストックがないと困るので。事務所でもう一度sakamotoさんから星人に送られてきたギガファイル便からもう一度DLする。タイムアップで事務所を出る。日比谷のJR脇のスペインに入る。ランチにパエリア、しかもサラダバー、ドリンク飲み放題で1000円。コスパ良すぎる。今日は13:30の会。すごくよくて、これは今の花でなければできない作品だ。ショーと合わせて、みりおかられいくんへ、王位継承の仕掛けが随所に詰まっていた。パレード前のみりおのソロは、楽だったら絶対に泣いてしまっただろう。朝から咳があまり出なくてこれならいけるかもと思っていたが、ふぇありーの方で、突然咳き込む。必死でこらえて、発作はどうにか免れた。だから、観劇に風邪はひきたくない。まだもう一回観れるので、その時は治っているだろう。18時前に帰宅。shinji先生佐藤担当分の写真整理。夕食後先方へ送る。

cauliflower at 22:40|PermalinkComments(0) ヅカ | 病気

October 30, 2019

原稿依頼

11時ぴったりに現れるはずなので、少し早くコーヒーを淹れ始めると玄関のチャイムが鳴った。なんと正確な。その前にdから宅急便。驚いた、開けたら普及版が入っていた。本当につくってしまった。しかし、ページをめくってみると、レイアウトはほぼそのままだし、テキストもそのまま使われたように思われる。これをDにいけしゃあしゃあと送ってきたのだとすれば、どこまでとんでもない企業なのだ。Dからの封筒には本が2冊、上書きもないし、メモらしきものもない。これが届いてしまった以上、支払いを早くに進めなければならない。それと、だまってハイそうですかと認めるわけにはいかないだろう。というようなことが、ちなに会う前に起こったので、決算の方向が狂ってしまった。とはいえ、このままズルズル引き延ばすことはできない。判断をする時期がせまっている。一緒にkamuiへ。日替わりにぶっとんだ、あんこう鍋だ。しかもあん肝入り。この鍋を仮にディナーで注文したら2000円は下らないと思う。それが、ランチで1150円。ありえない。潰れないことをいのるばかり。咳がひどくなる。

cauliflower at 01:13|PermalinkComments(0) 執筆依頼 | 資料作り

October 29, 2019

写真捜索、ただ鍵がかかっている?!

朝から雨。りつはベビーカーのカバーが嫌で、かけるとすぐに取ろうとする。まだ霧雨程度でよかった。事務所に出て、コーヒーを2杯分淹れる。昼食後2杯目を飲むため。JINさんに原稿依頼。いつもの都市・まちづくり・建築とはまったく無関係の塩について。といってもイタリア。ラグーナ地域は、塩焼きが盛んだったという記述を発見したからだ。星人からメール。本日の撮影後、緑の写真の件で、その対応で出社するとのこと。ぼくはmisakikouでランチ。あら汁はアサリ汁と値段は変わらないが、せっかくだからと300円の皿をふたさらたのんでしまったら、お会計が1500円越え。かといって、100円の皿だけじゃ、わざわざ寿司屋に来る意味はない。と言っても回転寿司だけど。シーブリーズと生茶。店によって、随分値段が違うのに今更おどろく。生茶が100円割っているとは。戻ると、星人がきている。例の写真の件。共有ホルダーが2人とも開かないのは、外付けHDの問題だと思う。星人はsakamotoくんに、再送を頼む。ぼくは、自宅のMACを調べてからにする。yayoi先生に原稿依頼。言葉を選ぶため、大幅に時間を費やしてしまった。寿司の後はコーヒーでしょ、星人に断って2杯目も僕がもらう。写真の捜索。結局見つからず。

cauliflower at 00:48|PermalinkComments(0) 外食 | 執筆依頼

October 28, 2019

rendez-vous loungeですてきな出会いを

朝kashiwadaさんへ寄って…、なんて考えていたけどそんな余裕はなかった。いつもの仕事をこなして、出たのは9:40。帝国ホテルに待ち合わせより20分も早く着いてしまった。rendez-vous loungeなんて随分としゃれたネーミングだ。星人とまちあわせて、予約席に案内されたところに、ご本人も現れた。着物がとても似合うチャーミングな人。どうせインタビューするならこういうひとがいいですね。カフェとは一言で言えば、出会いの場である。お客どうしあるいはギャルソンと人として対面しあえる場がカフェなのだ。そして地位や立場にかかわらず、人として迎えられる場でもある。人間の尊厳が何よりも重要視される場でもあるのだ。お客様は神様ではなく、お客様は人なのだ。すごくいい話を聞いた。やはり、最後はこの人のインタビューで〆るというコンテンツは正解だった、と早々と勝利宣言。星人とランチ。インテリアがまさにちくはぐ。名は体をあらわす。さわら醤油漬け丼のさわら大量盛り込みすぎ。一切れ残してしまった。ぼくは、そのまま直帰する。通常は15時からだが、今日は午前中混んでいたため16:30オープン。時間を待ってアイチケットでエントリーするも34番。Dのwebサイトを更新。そのためには、「TM」の更新をしないとならなくて、小賢しい手をつかったが、バレバレだろう。kashiwadaさんに大腸ガンのキットをもっていき、ついでに風邪と伝えて診療してもらう。1週間分の薬をもらう。夕餉は、ご飯にドミグラスソースとフライドポテト・ほうれん草のソテーをワンプレートで。食後は、りつと一緒にVSE(70000系)とGSE(50000系)を見比べる。

cauliflower at 23:12|PermalinkComments(0) インタビュー | コーヒー

October 27, 2019

衣替え第一弾

9時前に起きる。大腸がん検診キット第1回目。作業自体はうまくできたと思う。もちろん、冷蔵庫に入れません。トイレの棚の隅に保管。久しぶりにseijopanのあんドーナツとメロンパン。この二つはseijopanの至宝だ。日曜日のルーティン。それと、dysonのメンテ。今週はチリ・ゴミがプレスされていて、相当たくさん溜まっている。晴れなので水洗いしてもすぐ乾いてくれて良い。お昼外で食べない?と2階に誘われたが、やることがあるのでといって断る。そのやることとは、衣替え。全部そっくり冬物にしちゃうのは早すぎるので、一部半袖を残しながら、2段階方式でいくことにした。その過程で発見したこと。ベッドの下の引き出しの活用だ。たとえば、ヒートテックの長袖のインナーや下着をここに仕舞う。まだ来ないけれど、近いうちに着るもの。夏冬でマタイで着るものを出す場合、タンクトップや半袖の下着は、通常通りチェストに仕舞い、ヒートテックの真冬仕様は、ベッド下に仕舞う、といった使い方だ。小屋裏から少し大きめの衣装ケースをもらってくる。ここに夏仕様のTシャツと夏仕様のポリのポロシャツをしまう。クローゼットの上の衣装ケースが少し余裕になってしまった。じょばがげざんとあおばいちこのこらぼを貸してくれた。すぐにダビング。お昼は、賞味期限切れ(9月1日)のふくろもののそば。天かすトッピングしていたいただく。スーブが塩っぱい。horiguchiとあおさんへ。今飲んでるコスタリカのあるとす・でる・あべほなる・てぃぴーの・にーにょがすごく美味かったので2週続けて買う。それとゴティティのナチュラル。カルディでワイン2本買うと10パーセントの割引を買う。てんぷらにーにょがあった。帰宅後、買ってきた唐揚げと中華風春雨サラダをつまみにプレモル、そのあと、てんぷらにーにょの赤。さーどぷれいすを少し読むが、これはなかなかよい研究書だった。りつたちは経堂のコルティで電車見物。ロマンスカーも見たらしい。

cauliflower at 23:12|PermalinkComments(0) 衣替え | ショッピング

October 26, 2019

50年前に予想した人はぜったいにいないと思う

土曜日のルーティン。13時よりローズガーデン新宿にて同期会。幹事がoharaくんとminamiくん、それとkodamaさん。男性ふたり、まさかの幹事だ。この2人が壇上にたって会を仕切っているという光景を、50年前に予想した人など1人もいなかっただろう。あのちんぴらたちがこんなに立派になって、などという感想をもらす同級生もいた。そのくらいありえないことなのだ。でも、これが現実で、これはとてもよいこと。

cauliflower at 23:42|PermalinkComments(0) 同級生 | イベント

October 25, 2019

成長著しい孫は、パパと呼ぶ

事務所に出て、まずたすかろらを書く。メールの返事と新たにメール。28日の場所は決まったけれど、時間を聞いていないと言う問い合わせ。ついでに会場であるラウンジの予約を入れる。ところが、インタビュー者からすでに予約は取ったという。なんと手回しのいいこと。なにやら、知り合いがいるとのこと。このひとの交友関係が俄然気になり出す。Omiyaの原稿をsayoちゃんに送ると、下絵を送ってきた。おもわず、景気よくデフォルメしたねと。ランチはおちよさんとパスタ。28日の取材の準備。パリについて資料を引っ張り出す。思い出が蘇る。10年海外に出ていない。行きたいという気持ちはあるけれど、行くならパリだな。りつに自分のノートに貼ったシールをパパにみせておいで、というとしっかりノートをつかんで歩いて行き、パパにむかって、パパらしき声で呼んだ。

cauliflower at 23:44|PermalinkComments(0)  | 病気

October 24, 2019

定期検診と執筆依頼、そして孫を風呂に入れる

7:30にkashiwadaさんについたら、なんと行列ができていて、ぞろぞろと入り始めたところ。そうだったのか、初めてこの光景を目にして面食らいました。まぁ、8時前に行っても20番前後だから、当然このくらいの時間には開けていると思ったていたけれど。ということは、みなさん、7時には来ているということ? 驚きました。向かいの整形外科は、どんなに行列ができていても、開くのは9時だ。雨の日も風の日も、頑なにそのルールを守っている。患者にとっては、kashiwadaさんのやり方の方がいいのだろうけれど、web予約ができるのに、なぜその時間を守らずに開いてしまうのか、考え方の違いなんでしょうね。ということで、僕は33番。仮にwebから予約入れていたら40番は軽く超えていただろう。一旦自宅に戻って朝ドラを見る。空き時間を使って、こういう時じゃないとやらないことをやる。シャリルのライナーノーツを読むとか。まだ、26番だが早めに行く。まだ順番ではないのに、名前を呼ばれておしょうすいをとる。そのあと、提出した受診票以外の検査・問診用紙に書き込む。大腸、前立腺、肺、胃の4種を一緒にやってしまう。ピロリ菌のみ有償(700円)で、あとは今月31日まで無償。ただしこの制度、今年で終了するらしい。すぐに検診。血圧計って、身長・体重と心電図。身長は5mmほど伸びて、体重は1kg減る。血圧と体重は、毎日測っているし、身長は極端に上下しないので、実際にはほとんど1年前と同じだ。そのあと、血液検査をして終了。あとは自宅に帰って2日間検便、これを終えれば、すべて終了。帰宅すると妻も母もいない。クロワッサンと残っていたカリフラワーを食べる。執筆依頼のための打ち合わせに備えて、資料に目を通しておく。16時ちょっと過ぎたところで研究棟で待ち合わせ。hiさま、また切れてしまいました。Dを本当に読んでいるのでしょうか。なんのために、昨年特集したのか、hiさまのためですよ、なんて口が裂けても言えませんけどね。で、執筆予定のsuzuki先生。かなりオタク的な人ですが、こういう話し方をする人は基本的に好きなので、会えてよかったです。内容〆切共に決定。日本の食で同じようなアプローチをしている人は案外いないとおっしゃっていました。であれば、先生にその第一人者になってもらいたい。まず手始めに、対談というのはいかがでしょう。などと考えながら、現地で解散。帰りに、靴下を5足買う。帰宅するとりつも帰っていた。着替えるついでにりつを風呂に入れることに。夕餉は、カベルネの小瓶をお供にシチュー・オン・ライス。

cauliflower at 12:21|PermalinkComments(0) 検診 | 執筆依頼

October 23, 2019

今度は、webデザイナーに助けられる

りつはちょっと風邪気味。だけど、元気(のようにみえる)に保育園へ。てっきり、今日は1人だと思い込んでいたが、おちよさんも星人も出社する。Dの配送でトラブル発覚。21日にうちとsuiyoshaに納品の予定が、うちにはこなくて、不在届けもない。おちよさんがイッシーに電話すると、運送業者(宅急便)は朝早くに出て、届けると言っていたとのこと。おちよさんは昼食も取らず待っていたが、結局21日には届かなかった。うちの分は、イッシーが届けてくれた。今日改めて、イッシーに連絡すると、suiyoshaには届けたが、うちは不在だったので(そんなことはないとおちよさんは主張しているが)、いったん持ち帰ってあらためて届けようと思っていたが、一旦置いた社内の棚が指定のところでなかったため、次にどどけるつもりでいた担当者はからの棚を見て、ほかの人が届けたと勘違い。それで、21日はうちだけ来なかったというのだ。結局、本日午後に運送業者がもってくる。ここのところDとc&lの両方で、配送トラブルが起こった。3回続くとなると、ここは問題にしないといけないだろう。ランチは、kamuiで日替わり。新生姜とエビのチャーハン。これがなかなかに美味かった。まったくよく考えるシェフだ。付け合わせのクラゲも美味かった。Dのwebサイトのテストサーバーをチェック。引用・参考文献がそっくり抜けていたので、昨日朱字をいれたPDFを送っておいた。プリントアウトすると、タイトルに誤植が見つかる。あわてて修正をしようと思ったが、よくよくみると、ぼくの原稿が間違いで、らぴすさんは修正して加筆してくれていたのだった。今回は、印刷屋さんとweb担当者さんに救われた。まったく恥ずかしい限りだ。hiraiさんから緊急連絡。明日の待ち合わせ場所とか伝えていなかった、というか決めていなかったので、大急ぎで決めて連絡。カフェのインタビューの人とも時間と場所をチェックする。帰宅すると、りつがぴょこぴょこやってくる。すぐに遊んでやりたいが、ぼくも夕飯食べないといけないんでね。明日検診をする予定なので、この後検診終わるまで断食。

cauliflower at 23:57|PermalinkComments(0) 外食 | 原稿整理

October 22, 2019

1段だけだが、階段を上り下りできるようになった

8時ちょい前に起きる。ところが、スカーレットは45分からで終わる寸前。即位礼正殿の儀を中継するためだ。朝食のあと休日のルーティン。妻が突然お腹が痛くなって、少し寝たようだ(太田胃散を飲むも結局夜まで調子悪いのは続いたみたい)。途中でりつが降りてくる。机の前でいつものように、お絵かきやシール貼り。電車が好きなのがわかったので、youtubeで新幹線やロマンスカーを出すと、りつは食らいつくように見ていた。りつは、だんだんといろいろなことができるようになってきた。玄関の階段を1人で登れるようになる。ただ、まだ降りれないし、横の柵から落ちる可能性が大いにあり、目が離せない。ステアトゥインテリジェンスの方も、一段は上がって降りられる。ちょっと足が絡まると泣きそうな顔で「なんとかして〜」というが、あと何度かやれば、普通に降りれるようになるだろう。こちらも、目が離せなくなる。しゃがみこんで、気張り出した。こりゃウンチだ。案の定すぐに臭ってきたのでリビングへ。こうやって排便排尿を自覚し、教えるようになるのだろう。お昼は賞味期限切れのカップ麺。チーズカレー。その後、クルマでイトーヨーカドーへ。プレモルと炭酸、イカリングと牛蒡のフライなど。りつの昼寝を促すという目的は果たす。帰りはずっと寝ていた。帰宅後りつがやってくる。色鉛筆でお絵描きをする。ちょっと離れていたら、色鉛筆を持って歩き出す。それを妻は見逃さない。「あんな先の尖った長いものをにぎって、ころんだらどうするの!」と怒られてしまった。確かにそうで、普段それを一番心配している。しかし、過剰にリスクを恐れるのは問題だ。とくに子どもは。どこの保育園、学校も、このことで頭を悩ませている。りつを風呂に入れて、早めにプレモルをあけて、さきイカとイカリングと牛蒡のフライをつまみに飲む。そのあとKAKEYAを冷酒で。夕餉は、ホウトウとカリフラワーのアンチョビとチーズ。

cauliflower at 23:39|PermalinkComments(0)  | ショッピング

October 21, 2019

告別式に親族として出席

今日は告別式。りつはパパが保育園へ連れて行く。シスターズのお昼の用意をして、9:30に出発。道は意外に空いていた。井之頭公園入口付近は、ウィークデイでも混雑しないようだ。ジブリの入り口に人だかり。外国人のお客さんも結構いるみたい。kouekisha kichijojikaikanの駐車場の今日は向かって奥の方。ヘインのライトバンの隣。親族控室は、今日も冷房キツめ。11時から式開始。まず参列者から順にお焼香。参列者は、昨日ほどではないが、数十人は来ているように見える。棺に花を入れる。祭壇に飾られていたFCtokyoの赤と青の花々。赤の花の中には、真っ赤なバラもある。この青い花はなんだろうか。みるみるうちにわかさんのからだの周囲は花で埋め尽くされて行く。お顔の窓が閉められる。ゆりちゃんの挨拶。昨年11月に食道がんが見つかる。その本格的な検査入院をするという前に、マンションの売却が決まり母と兄の住む実家を2世帯住宅に改装した。市民祭りのある18日に引越しを手伝った。その時すでに、声がうまく出なかった。その後、食道がんの他にも転移があることがわかり、放射線と抗がん剤を使った本格的な治療が始まる。なんと100時間の治療を試みた。その後、新年お一日にワカさん夫婦はやってくる。獺祭と手作り黒豆持って。酒もたばこも解禁して。一旦は劇的に良くなって、引越し後今度はもう一つの夢だったbarの開店に漕ぎつく。toritsukaseiに居抜きのいい物件を見つけ、実際には1月と10日、バーテンダー生活を楽しむ。本人は、ほんとうに嬉しそうで楽しんでいたそうだ。ところが7月突然の腸閉塞で緊急入院。すでに転移も多数みつから、手術は不可能な状態。大部屋かに個室、再び大部屋へ。ところが今度は、下半身に体液がたまり、まはや取り除くこともできない状態。容態が悪化、再び個室へ。そして、16日帰らぬ人に。ゆりちゃんは、というこの激動の1年を振り返りつつの挨拶をした。それから、棺と一緒に堀之内の火葬場へ移動。ノンアルを飲みつつ、せんべいやらするめやらピーナッツをつまむ。妻と娘とでたいらげる。わずか1時間足らずで焼き上がる。骨拾い。喉仏が完全な形で残っていた。一番大きな骨壷が用意される。焼き場の人が言うには、これだけたくさん、いいかたちで残っているのはあまりないとのこと。ほんとうかと思いつつも信じることに。帰りは、遺影を持つ役割を与えられる。斎場に帰って、ノンアルとともに食事をいただく。刺身と煮物が美味しかった。天ぷらもたいらげる。若山さんのご母堂の手をとって初めは、のぶちゃんと次に妻と介助。4時過ぎに終了。お千代さんに連絡するとイッシーが数冊持ってきてくれたので、それを一冊明日までに自宅に送るよう手配してくれた。結局、宅急便手配の分は届かなかった。夕餉は、レトルトカレーの日。

cauliflower at 19:22|PermalinkComments(0) 冠婚葬祭 | 

October 20, 2019

ヒット曲がループする葬儀

15:15出発の予定が、ちょっと遅れる。クルマで公益社吉祥寺会館へ。だいぶ早く着く。会場の祭壇横には、FCtokyoの棚と音楽の棚が設けられていた。FCの方には、アマラオのサイン入りのユニフォームが三つ、FCtokyo検定初代優勝者の記事が載った東すぽの紙面。音楽の方は、フライングvシェイプのギターとショールのステージ衣装。BGMとしてワカの楽曲が流れている。ループになっているので、歌詞を覚えてしまう。ダライママと昔ヒッピー、今ラスタ。ワカさんの御母堂とお兄さんに挨拶。親族の部屋で待機。鶴を折るが、まったく覚えていないし、折り方をみてもわからない。のぶちゃんに教えてもらうが、きれいには折れなかった。夜中じゅう折っていたしずよさんのことが話題になる。fuliくんがくる。りつの食事。これが大変だったらしい。コンビニでインスタント麺を買ってくるが、それではまるで足りないらしく、りんごやらなんやら食べくりまくったそうだ。ぞくぞくと参列が集まってくる。お通夜は、お焼香から。まず列席者からだが、長い列になる。あとからわかったのだが、100人近くきて、その3分の2は、FCTOKYOのサポーター友だち。みんなすごくいい人で、結束力がハンパない。イベントでもアウェ戦でもそして今回のような冠婚葬祭でもあっという間に集まるらしい。次に、親族。若山家は2人きりだけど、佐藤家はおおい。といっても3列でおしまい。参列者は通夜振る舞いで別の部屋へ移動。親族は残ってお焼香。そのあと、親族のみの通夜振る舞い。寿司が美味かった。煮物とローストビーフなど。ビールはハートランドが置いてある。ワカがすきだったので、特別に入れてくれたという。ありがたい振る舞いである。りつのおなかはパンパンだ。爆発寸前。21時を過ぎておひらきに。fuliくんがきたので、彼をクルマにのせて、僕は電車で帰ることに。下北経由なので、事務所に寄って、アルシーヴ社分とおちよさん分の会葬御礼を置いておく。帰宅すると、クルマ組より30分ほど遅かった程度。案外電車も早いものだ。

cauliflower at 22:55|PermalinkComments(0) 音楽一般 | 冠婚葬祭

October 19, 2019

猫と孫と買い物、プラス京王線鑑賞。

スカーレットを見るために8時前に起床。朝食の後ちこちゃんを見る。土曜日のルーティンと風呂。そのあと、レイコップとdysonのメンテナンス。雨が降りそうではあったけど、昼までは持つだろうと思ったので、いつものように自転車のカゴにいれて干す。傘も干す。fuliくんは仕事なので、りつが降りてくる。少しかまう。午後からクルマでしまほへ。まず西松屋、まごと娘中心の生活。すでに2時半を回っていたが、仙川駅kakomi食卓へ。この店は大戸屋の新ブランド。りつをベビーカーに乗せたままで食卓をかこむ。和風ハンバーグとけんちん汁。カルディは、りつを乗せて周囲をぐるぐる回る。仙川の陸橋で、しばし鉄ちゃんに。りつが一生懸命電車を見る。金網につかまって。鉄の道へ導くことができるかもしれない。しまほへもどる。猫砂と消臭スプレーの入れ替え用。先に荷物をもってクルマに戻る。モーレツな睡魔に襲われ続けていたので、そのままシートで寝るとほぼ爆睡。娘に起こされる。たぶん30分は寝ていただろう。彼女たちは、あおばで食材を買って戻ってきた。夕餉は鍋。その前に、明日の葬儀の花の手配。個人は、satokeにして、母とのぶちゃんと妻でまとめる。それが一基と会社のを一基、さらに社員一同というのを一基。娘夫婦はfuruyakeで一基出す。ごま豆乳鍋はふつうに美味い。キュウリは水が出てしまってちょっと薄味。ビールを入れ忘れて、かわりに大宮の店でもらったチュウハイを飲む。ブリトニーとシャルリとまりあを聞き比べる。

cauliflower at 23:27|PermalinkComments(0)  | ショッピング

October 18, 2019

深夜枠のドラマ2本

朝一で、つくっておいた見積もり請求書関係の検算とお清書。今回は出張が一回だったので、経費の計算はしやすかった。ぼくもできるだけ早くに記録してしまうし、おチヨさんも素案を早めにつくってくれるので作業がしやすい。お昼前に、PDFにして送ってしまう。ランチはOHSYO。10月末で終了してしまうあんかけ焼きそばと餃子。この焼きそば、かなり強めに炒めるので、一部焦げもあってそれが美味い。事務所にもどると確認終了のメール。さっそく原本を郵送する。HP用の原稿整理。こっちも案外早く終わり、らぴすへ入稿して帰社。帰ると、りつが待ち構えている。いつものパターンだ。夜はjikoukeisatsuとkodokunogurume。

cauliflower at 23:42|PermalinkComments(0) TV | 仕事

October 17, 2019

大宮の西口と東口を巡る

ナビタイムの予定時間よりはやくでる。構内をリサーチすると、macがあるのでこちらにする。ますマックでランチ。東口をざっと見学。鉄博行きのニューシャトルをチェック。待ち合わせ場所の豆の木でみんなを待つ。ほどなくして全員集合。まず、ソニックシティを中心に西口駅前を散策。どこにもあるような大規模再開発。聞くところによるとニッセイの開発らしい。ホールとオフィス、パレスホテルが入っている。ビル前の広場は植生を活かして階段状になっている。そのとなりでは、さらに開発が進んでいる。ニューシャトルに乗って鉄博へ。タイヤを履いた新交通システム。大宮駅はループになっている。展示室へは入らずに、オマチマンと入口前の修学旅行専用列車にのって記念撮影など。ここから東北本線、高崎線を渡って東側へ。歩いて、武蔵一宮氷川神社へ。埼玉県立歴史と民俗の博物館の横から入って大宮公園を見て、素戔嗚尊と稲田姫の夫婦神と子どもの大己貴命を祀っている本殿をお参りする。2kmある参道のニの鳥居まで歩き、そこから大宮駅へと向かう。東口の路地を蛇行するように巡って、結局駅前のいずみや本店に入る。4時半。天井の高い典型的な飲み屋。もちろん昼間からやっているので、すでに常連と思しきお客が飲み食いしている。ビールで乾杯後、ぼくはまず滝の川を燗で。それから上撰を冷やで3杯、最後にデュアーズのハイボールで〆。肴は、もつ煮込み、しめ鯖、くじら、ハムカツ、さつま揚げなど。5人でしこたま飲んで食べて1万ちょっと。安い。上がったのが6時半。りつに、鉄下(ドクターイエローとはやて)を買って帰る。

cauliflower at 23:25|PermalinkComments(0) まち歩き | 飲み会

October 16, 2019

わか、すぎるぜ、それは

朝一でHORIGUCHIへ行くと、今日は12:00からだって。だったら、昨日言って欲しかったな。市ヶ谷へ。mitsubisiへ。おときさんから現状の資産を説明してもらう。全体で見れば堅調だ。一見グラフをみて説明を聞いただけではだけでは、本当の理解にはならない。とくにぼくのもっている金融商品は、表で起こっていることと、その裏で起こっていることが相反しているように見える。一見、マイナスになっているようにみえるが、全体の中で捉えると、逆にプラスになってたりするのだ。NISAについて提案をしてくれた。積立NISAというのがあって、1月1万〜3万までをいれていくと、NISA枠内で運用益がえられるというもの。アメリカが年末までに金利を下げる。来年さらに下げることが予想されているらしく、日本はゼロ金利をこのまま来年以降も続けると、うまみが増す、そういう商品。しかも、株価が下がり、半分になったとしても、やがて上がる時は必ず来る。そうなるとさらにいいのだそうだ。景気変動の波があって、その差が大きければ大きいほどいいらしい。「ここまでわかりますか」と何度か聞かれるたびに、「わかりますよ」と答えたものの、ほんとうのところはよくわかっていない。ただ、何もしなくても、自然に利益がでることは確かなようだ。とにかく何もしなくてもいいと言うところが大事。「こんなにいい商品があったのね」と喜ぶと、彼女は、こんなことを言った。ちょうど去年こられた時、積立NISAを紹介したら、すごく関心を示されて、すぐにでも買うようなことをいってたわよ、的なことを言われてしまった。確かにそんなことがあったような気がしてきた。一応来年初頭にやる方向で、書類を作ることにする。2037年で終了するものなので、85歳ぐらいになった時年金の足しにはなるだろう。新宿のべるくでカレーとコーヒー。これが600円とは、しかも両方とも美味い。タワーで、まりあのベストとぶりとにーとしゃりるを購入。ついでにこれくたーずの細野さんの特集も。事務所に顔を出し、一本原稿発注すると、すぐに快諾の返事。出版社の担当者に取り次いでもらう方法は案外いいことがわかった。danの取材経費の見積もりづくり。明日の大宮の資料のコピーなど。帰宅途中で訃報を聞く。wakaさんほんとうに逝ってしまった。18時半。一昨日「いっちゃいそうだ」なんて言うから本当になっちゃったじゃないか。わかだからわかすぎ。シャレになりません。合掌。りつは飛んできてぼくに抱きついてくる。むすめは「私にだってしないのに」とヤキモチをやかせてしまった、とまんざらでもないじじでした。

cauliflower at 23:42|PermalinkComments(0) 資産運用 | 他界

October 15, 2019

今度は、まんすりーの方の依頼

朝一でhoriguchiへいくと今日は定休日。なにやら撮影もしている。事務所について、意を決して、原稿依頼。コンタクトから依頼書を出す。これまで、ほんとうにコンタクトが取れたのかわからないままタイムアウトになったり、そんなんが多かったので、ダメもとでやったら、意外に早く返信がきた。愛煙家だとみずから名乗るほどで、うってつけの候補者。ところが、現在執筆途中のものが佳境に入っていて、新しい原稿依頼はすべて断っていると。そう言われたら仕方ない、何ヶ月か経ったら、また依頼してみよう。もう1人は、大学の名簿にメアドは記されていない。意を決して版元にtelする。著作のあとがきに編集者担当者への謝辞がのっていたが、なんと塩で執筆をお願いした著者と同じ担当者だった。2月前と同じ方法、つまり、担当者に取り次いで(転送して)もらい、返信してもらう方法をとる。ランチは、再びステーキ屋。今日は200gにチャレンジ。フリードリンク制のスープに、ワカメをトッピングすることができることを知る。ごま油を垂らすことも。美味しかったが、さすがに200gは多い。150gぐらいがいいな。事務所に戻る。Suzuki先生から快諾のメール。やはりこの方法は効くわ。

cauliflower at 00:30|PermalinkComments(0) 執筆依頼 | グルメ

October 14, 2019

お見舞いと買い物

スカーレットを見るために8:00に起きる。朝食。昨夜寝る前に、あんたたちおかしいよ! と妻から散々言われる。wakaさんに見舞いに行くとかあなたから言い出さないし、その件について妹たちと連絡し合わないのはどうみてもおかしいというのだ。この件についてyurimuがLINEしてくるのは決まって私だし…、どうにも合点がいかないという。いや、おかしくないよ、兄弟どうしそういうことはあうんなんだよ、と反論のような言い訳のようなことを言ったが、当然納得されるわけはない。というようなことを20分ぐらい言い合って床についた。しかし、朝目覚めれば、そんなことあったなあ程度。これがいけないのか。普段と変わりなく、朝がすぎていく。休日のルーティン。fuliくんとりつがおりてくる。お昼は、ピザを食べようと。yaokoで買ったらしい冷蔵物。マルゲリータとシーフード&しらすのトッピング。バルミューダで焼いたのがよかった。宅配ピザと遜色ない焼き上がり。じつは、1枚300円を切っている。食べ物にまつわるサプライズが続くが、その最新版。そのあとなつも一緒にお見舞い。再び、個室へ。担当医の話では、もう転院はないとのこと。移動のリスクを考えたうえでの結論。本人との面会。今日は、酸素マスクをつけている。話はできるけど話しにくそうだし、聞く側は何を話しているかほとんど聞き取れない。yurimに通訳してもらう。なつとえりとのぶの女性陣が並ぶとすごく似ているといって笑う。時々痛むらしく、フラッシュを要求する。すぐに看護師さんがきて打つ。みるみるうちに白目になって睡眠状態。モルヒネの力はすごい。そのごまた目をさまし、まるでタイムマシンに乗っているみたいという。時間が飛ぶらしく、前後の関係がわからなくなり、たった今言ったことも忘れてしまうという。yurimがじゃ、さっき三人が似ているという話も忘れちゃったでしょ、と言うと、「そんなことはない!」と直ちに否定。そのことでみんな笑ったことが、僕は面白かった。目覚めたかと思うとまたうとうとしたり、その繰り返し。本人も疲れるだろうからと切り上げる。じょばは昨夜はオールナイトで全感覚祭。千葉が颱風で中止になり、急遽渋谷のライブハウス数カ所でオールナイト開催になった。それに行ってきたのだ。投げ銭ライブだし。サーキット型もどんどん新しいタイプが生まれている。かえって、今度はりつとぱぱも加わって、ユニクロへ。シャツと靴下を買う。夕食は、刺身とささみのフライと海藻サラダ&プレモル。

cauliflower at 00:10|PermalinkComments(0) 病気 | ショッピング

October 13, 2019

台風一過の多摩川は濁流と化していた

1回7時に起きるが、また寝て9時起床。二度寝はけっこう不快感が残る。台風一過でいいお天気。少し風がは強いが、昨日ほど蒸し暑くなく、風に当たるのは気持ちがいい。観葉植物を玄関に戻し、自転車も立てて元の位置。もちろんノキアの縛りは解かれる。日曜日のルーティン。昨日レイコップのゴミ捨てはやったけれど、dyson は今日。しっかり清掃をすると12時を超えてしまった。2時前に2階と一緒にふろんてぃあへ。子ども椅子を用意してくれた。お目当のナポリタンとドライカレー。これは、しんぷるだけど美味しい。カフェオレのアイス。りつは、ナポリタンを手づかみで食べる。野生児丸出し。そのあと泉龍寺の横を通り西野川を抜けて多摩川へ。濁流が川幅いっぱいに流れている。それでも河川敷の一部は水も引いて、下流に向かって草が倒れている。大木が五本松に引っかかっている。和泉多摩川からたまりば方面を見ると、えあたまりばに講じている人を多数発見。駅のロマンスカーのグッズショップを除く。りつはジオラマを熱心に見ている。vseのプラレールをりつに買う。

cauliflower at 23:56|PermalinkComments(0) 外食 | 

October 12, 2019

これまで経験したことのない超大型颱風接近中

8時ちょい前に起きて、スカーレット。僕の中では戸田恵梨香といえばスペックだが、スカーレットでようやくそのキャラを払拭できそうだ。朝ドラが終わってから、もっぱらTVは台風情報を繰り返し伝えている。狛江市にも大雨警戒情報が出るが、その後多摩地区に大雨特別警報が発令される。また、和泉地区を中心に避難勧告も。15時過ぎくらいから、多摩川の兵庫島を中心に二子玉川の河川敷の映像が流れるが、すでに完全に水没している。背の高い樹木が数本水面から顔を出す程度。かつて大駱駝艦が兵庫島で舞踏公演を予定していたが、舞台やトラックもろとも川の藻屑と化したが、今回の台風19号をそれを遥かに凌ぐもの。今後さらに被害が拡大する恐れがある。自転車を上に上げて、倒すしておく。妻がゴミ箱とか鉢植えとか地上に置かれているものは、みんな避難させる。ノキアがしばられている。お昼は、白飯を海苔でいただく。あとインスタント味噌汁と妻が玉子焼きをつくる。とにかく白い炊きたてご飯の美味しいこと。そのあとも、ずっと台風情報。家の中にいる限り、風の音もそんなにしないし、ただ、玄関の小さいのぞき窓に雨が打ち付ける。東風はめずらしい。たまりばも中止。明日の千秋楽は、やるようだが、今日は中止。

cauliflower at 18:03|PermalinkComments(0) 天候不順 | グルメ

October 11, 2019

背景が描かれている図鑑

TMの執筆者は提案したものの連絡先がわからない。教職員であってもwebサイトに自身のメアドを公開している人もいれば、後悔していない人もいて、その比率は半々ぐらい。たとえ公開派であっても、すぐに返信してくれるとは限らない。ということだから、企画が通って万々歳というわけにはいかないのだ。それで、著作を出版している版元に尋ねることになるのだが、これがなかなか敷居が高い。個人情報保護を理由に、すぐには教えてくれない。最近は、執筆依頼書を版元におくって、版元から「こんな依頼がきてますが、いかがいたしましょうか」と本人に打診し、直接本人が返事をよこす場合がふえてきた。その場合は、当然のことながら、fixした企画書を用意する必要がある。少なくとも、間に立ってくれる版元の機嫌を損ねてはいけないので、文体もスクエアにならざるを得ない。この気配りがけっこうメンドーなのだ。結局今日は、依頼できずに終了。ランチは、ステーキのmatsu、初めてだ。ここの肉は、ミスジステーキ肉。肩甲骨付近の肉で、柔らかく、濃厚な割に脂身が少ない。1000円ステーキのウリは200g。だが、ちょっと安すぎると思い100gにする。ソースが3種類プラス紅塩&胡椒。それに薬味が4種類。それを自由に組み合わせてかける。それにサラダバーとスープがつく。ただしライスは別料金。で感想だが、確かにな柔らかくて、分厚く見えるようにカッティングしてあるのでボリューム感もある。個人的には、この値段ならgoodだ。事務所に戻るとすごく眠くなる。今日は誰もいないのでソファで寝る。座った途端に落ちて、気がつくと30分近く経っていた。メールなどしていたら出る時間に。ところが、下北沢駅で何を思ったか小田急の新宿行きに乗ってしまった。ほんとうは、井の頭線だ渋谷だったのに。目黒へ行くのにわざわざ遠回りしてしまった。目黒美術館で「SAITO meo and the Temple of fulora」の内覧会。入り口入るとすぐに炬燵に乗った絵の具と自分の作品。その周囲には、ハンガーにかかったたくさんの服。日本花色考の図案と読解を見て、第1章花の迷宮から順を追って暗虹街道までを見る。途中にフローラの神殿。約10年前ギャラリーで初めて見た時、極度に文学寄りの作品だなという印象をもったけれど、今回改めて見なおすと、テーマ性よりも、画力そのものが放つ図像それ自体に感情が揺さぶられた感じ。構成力が卓抜しているのは見ての通り。しかしやはりこの紅色か。ちょうどさゆみが卒業で、紅色を見る機会が増えたが、さらに輪をかける。紅づくしだ。ソーントンがまた素晴らしい。1点1点にすべて背景が描かれている。さながら諸国曼荼羅の様相を呈している。エキゾチックで神秘的。花は花で、エロスが滲み出ている。しかしこんなにエロかったとは。このエロティシズムはmeoさんの作品を抜いている。アンのtakasunaさんに挨拶。彼女とはじつに5年ぶりぐらいだ。会場のスライドショーは、meoさんの旅の記録だが、イメーゾソースとなって、作品に反映されていることを教えてもらった。視覚情報は脳内で再構成されるわけだが、それが見えているということであるとすれば、meoさんの作品はすべからく彼女の見ている世界そのものなのだ。

cauliflower at 17:28|PermalinkComments(0) アート | 外食

October 10, 2019

地元のインフォーマントはじつは自分だったというオチ

朝起きて外に出ると少しひやっとした。長袖とズボンでもいいような気候だ。午前中、周辺の資料を読む。12時にkomaecafe。すでにおすぎもaraiくんもきている。2階からオーナーさんがおりてくる。取材の前に、外観の撮影をすませる。オーナーさんは、yokohama出身。ただ奥方がkomaeのひとらしい。僕が昭和38年生まれで、地元komaeに暮らして半世紀になると伝える。ここはもともとラーメン屋で、カフェをはじめてからすでに4年になったそうだ。fudosan屋がカフェを併設しているというのは嫌でカフェにたまたまfudosan屋が併設されている、という感じがよくて、あくまでもカフェがメイン。料理も季節ごとに変えたり、新鮮野菜や素材にはこだわったりと、食には力を入れている。じっさいグリーンカレーをいただいたが美味しかった。それよりも嬉しかったのは、コーヒーはhoriguchiさんとのコラボでここだけのオリジナルブレンドとのこと。フツーランチでコーヒーは頼まないけれど、今日は迷わずコーヒーにした。昨今komaeが注目されているのは、たとえばkaldiに象徴されるように、新しいショップが次々に出店しているからだ。もっと行政に頑張ってもらいたいと。2階も撮影したが、なによりトイレが異常に広いこと。なんとオムツ替えのできるコーナーがトイレについていること。いつも、ママチャリやベビーカーが多数とめてある。ママ友の心を鷲掴みにして、これからもっと人気の出そうな店だ。取材撮影終了後、senryujiさんやメビウスやバスロータリーなどを撮影しhoriguchiでスタウトを注文する。先にカフェの席を取ってから、araiくんがパンを買いに列に並ぶが、まずをパンを購入し、そのあとカフェの席をとるのがここのルールとのこと。帰宅後、今度は自転車で再びhoriguchiへ。今度は、ちゃんとカードをもってコーヒーを買う。りつと少し遊び、妻とりつを風呂に入れる。夕餉は、アジフライと一口カツなど。りつは味噌汁のねぎを好んで食べる。トレーシーの自伝がようやく届く早く読みきりたい。妻にゲースロの最終章のボックスセットを予約する。

cauliflower at 23:29|PermalinkComments(0) 書籍 | インタビュー

October 09, 2019

印刷所の人が誤字を発見してくれた。

11時30分にイッシー来社。色校の戻し。その前にコーヒーを淹れる。色校は、昨夜切ったやつに朱をまとめたが、それをみながら切ってないやつに転記したのは、昨夜、退社する前のこと。今日は、イッシー立会のものと確認していく。すると、転記し忘れた朱字が何箇所かでてきた。これだからおっかないのだ。立ち会ってもらってよかった。ほかにもよかったことが。なんと朱字を入れてくれた。taの朱字は、昨日もらったものだけ。つまり一つだけ、 え〜!?だ。3人でスペインへ。朝一でやっていたポークのソテーが食べたくなったので。正確にはプランシェだけど。オニオンライスもナスのフリットもうまい。事務所に戻って、あとりえばうにお礼のメール。あとは、会場とネタ提供のけんちくたいそうの人。インタビュー依頼をする。文面をつくるのに少し苦労した。個人サイトのコンタクト欄へアクセス。17:30すぎに神宮前。ぴーのさん。まつさんとの話題は孫。やはり20年近く通っているということは、20歳年齢を重ねたということ。あたりまえか。しかし、どうですか2人目は? といわれると、いよいよ隔世の感ありだ。帰宅するとりつは卓上カレンダーとプジョーくんをもってきた。カレンダーをトンネルにして、その中を通って反対側から出るというのをやっていた。fuliくんも帰宅して、2人してはす向かいになって夕餉。妻がりんごをむくと、それを掴んで口に入れて、テーブルの周りを回ってまた口に入れる。なんだかこの絵は、サブカル的えろを匂わせるなと思うのは、僕だけだろうか。本日のcdはがるどー。

cauliflower at 00:14|PermalinkComments(0) ヘアカット | 

October 08, 2019

思いのほか朱字が多かったことにちょっと驚いた

昨日取り込んだデトコペ聴きながら出社。事務所に10:30着。じつは15分の予定だった。メールのやり取りをしているうちに出そびれてしまったのだ。事務所に着いて、早速amazon告知用のテキストを作成。wednesdayに送る。12時にイッシーが色校を持ってくる。すぐにバイク便を手配する。おすぎが来社。校正開始。僕は星人とパスタ屋へ。本日のラグーソースはいつもより美味しように感じたが気のせい? 僕も頭から読み始める。19時までかかる。それから付け合わせ。結局20時終了。案外時間がかかってしまったが、何より朱字が思いの外多かった。今回久しぶりに98ページ。

cauliflower at 20:19|PermalinkComments(0) 原稿整理 | post jazz

October 07, 2019

20年間進歩なし。神様はきっとそういうだろう。

りつはいつもより早く30分過ぎにfuliくんと保育園へ。入稿データPDF版を印刷する。色校出稿前に、文字修正の確認は済ませておく。それと、書物の入れ替え。matsunagaさんより64号がほしいという読者からの要望について、問い合わせてきた。すぐにお千代さんに確かめてもらう。まだ、5さつほどある。それで、すぐに用意して送る。この号は、risakuさんのサントビクトワールの作品が載った号。あとokazakiさんとかshimojoさんとかインタビュー者みんな大物ばかりの豪華本だ。今、ちらっと読み直したら、今号の登壇者もくわえれば、視覚の百科全書がつくれるかもしれない、と思った。あと悔しいのは、editは、明らかに64号の方がよく書けていたこと。進歩ないなぁ。お昼はkamui。午後から、対談のアポ取り。結構時間がかかってしまった。19:30に帰社。りつは、食事が終わって、ぼくのあとを付いて回る。夕食はロールキャベツとクリームシチュー。ところで、行きも帰りもイヤホンつけっぱなし。音の深みが違う。重低音重視なのがよい。

cauliflower at 00:02|PermalinkComments(0) 思想・哲学 | アポどり

October 06, 2019

なんかしてくれてもいいんじゃないか。

9時前に起床。シスターズは、早くメシくれとうるさい。朝食後、日曜日のルーティン。それと、レイコップとDysonのお掃除。朝、霧雨なので、軒下に干す。お昼はカップ麺、ペヤングという珍しい選択。でも賞味期限切れてんですけどね。りつが時々降りてくる。15時にお見舞い。まず百合ちゃんから注意時効。確認して、病室へ。大部屋には、他に2名、もう1人いたけれど、昨日だかに退院したらしい。容態は変わりない。ただ、痛み止めの他に、睡眠導入剤を定期的に入れているようだ。スラッシュとかいう急激に大量の薬剤を投入できる装置がついている。本来は痛み止めとして使用するが、彼は眠れないので使いたいというと、それはダメ。それでは、麻薬の使用と同じになってしまうからだ。モルヒネだからね。妻が買ってきたゲソをしゃぶる。ずいぶん長い間しゃぶっていたが、「飲み込んじゃった」と苦笑い。ゆりちゃんは、あれだけ吐き出しなと言ったのに、と怒る。僕だって、彼の立場だったら飲み込んじゃうと思う。jobaも交えてたわいもないはなし。2時間弱いたことになる。また来るねと言って退室する。しかし、厳しいと言われてもね。何もしないというのは、いかがなものだろうか。本当にそれでいいのか。妻も怒っているけど、それって医の倫理に反するんじゃないの? と思っちゃう。こっちが、延命を諦めても、医療者としては最善を尽くし、植物状態になっても生かそうとするのではないのか。暗澹たる気持ちになる。帰宅後、jobaはFRFをみたいというので、夕食(クリームシチュー)を食べていくことに。プレモルも一緒に。彼は、昨夜久しぶりに大酒を食らったらしい。知らなかったけれど、今年になってほとんど飲んでいなかったと。コートニーをまた見てしまった。最後のfujitaさんとochiさんの朱字を送る。これで明日の入稿はOK。




cauliflower at 19:11|PermalinkComments(0) 病気 | 

October 05, 2019

運動公園で孫の運動会

7時起床。朝食後、8:30にクルマで2階を運動場へ送っていく。妻は洗濯物を干すのと人数の関係で自転車で会場へ。土曜日は空いていて、技研まですぐに着く。ローソンで下ろして、僕と母は妻に教えてもらった駐車場へ。ここも空いていて楽勝。ところが、買えにここに駐めたというと、「そこは駐めちゃダメだっていったでしょ」と怒られてしまった。この駐車場をスルーしてその次のところに駐めなさい、と指示していたのであった。確かにこっちからだと、会場の広場まで結構歩くことになった。広場は、ちゃんとレーンが引かれていて、あおもんとあかもんのゲートもつくられていた。きららはKITAMIのほかにSOSHIGAYAがあって、運動会は合同開催だった。おそらくSOSHIは大きいのだろう、園児も父兄も会場にあふれていた。すでに、おろしたりつとパパママとパパの父母もきていて、シートに座っていた。りつは、出がけは元気が良かったが、開会の挨拶と最初の競技からすでにママに甘えっぱなし。帽子はかぶせると取るし、靴さえ脱ごうとする。0歳児にできることなどあるのだろうかと思ったが、お遊戯なども披露してくれた。といっても、フラのような腰のひらひらをつけながら、おしりふりふりは封印。ママに抱かれっぱなしだった。パパの出場した親御さんの綱引きは、パパの赤組の負け。閉会前の親子リレーは、それでもなかなかの迫力だった。あと3年もすると、りつもこんな風に走るようになるのか。来年も来ることになるのだろう。パパのじいじとばあばも来るのだろう。今日は、それでも7時半に出たとのこと。幕張から、そんなんできちゃう方が驚きだ。終了後世田谷通り沿いの和食屋に行くも12組待ち。協議の末、ふうふやへ変更。結局こっちも5組待ちだったようだが、われわれが着いた時には、ちょうど席を案内されている時だった。腹を減らしている孫は、大きな声は出していたが、この前ほどではなかった。ぼくは、天丼の小がついたきつねうどんセット。母は御膳で妻は冷たい坦々うどん。妻は坦々うどんでデザートに白玉ぜんざい。白玉二つもらいました。パパの親御さんも来宅。昨日の夜始めたCDの取り込みとiPhoneへの転送。昨夜操作ミスで、取材の音声データを大量に転送してしまったので、その削除をやる。帰宅後娘は体調不良。熱中症の疑い。パパとじいじでりつを風呂に入れる。なぜか泣きっぱなし。りつの夕食は、下でパパがあげる。そのあと、われわれの食事。親子丼とワカメの味噌汁&プレモル。食後、りつとお絵描き遊び。chiakiくんから送ってもらったゲラのチェック。


cauliflower at 23:16|PermalinkComments(0)  | イベント

October 04, 2019

さてんの思い出。

りつを送りいつもの朝の支度。昨夜送ったediが戻ってきた。チェックは3箇所。内心ドキドキしていたが、良かった。ちあきさまからもレイアウトが上がっている。今日は、朝一で沼袋。ところが、駅に着くとまた止まっている。今日は相模大野で人身事故。全線ストップ。すぐに星人に約束の時間に間に合いそうにないとメール。ところが、意外に早く復旧し、大幅に遅れはしたものの、ちゃんと新宿まで動いた。そこで、考えた。西武新宿の駅は、ぺぺの所なのでかなり離れている。ナビによると650mもある。ならば、高田馬場で乗り換えた方が断然早い。ホームとつながっているから。で、はじめて馬場で乗り換えることにした。そうしたら、沼袋に着いたのは約束の時間。改札前で、星人はぼくの前を歩いていたので、たぶん同じ電車。ohmura先生の個人事務所で次号で予定しているディスカッションの打ち合わせ。先生の喫茶店の思い出を聞き、ぼくは学生時代はpoemで、高校時代は純喫茶hanajujiの思い出を話す。先生のかよったるおーは、移転してたことを初めて知った。前は、中庭付きのもっと広い喫茶店だったらしい。京都はshinshindoかinoda。どっちも京都へ行くとよりますけどね。沼袋商店街を取材したのは10年前。まだ、本屋が数件あったと記憶していたが、今は一軒もないそうだ。先生は西武沿線のまちを順繰りに巡っているとのこと。すでに20駅以上だって。まちは刻々と変わっていく。事務所に戻る前にochiyoさんと合流。ナスは撮影中でohshoへ。3人ともあんかけ焼そばと餃子3枚。事務所に出ると、色校があがっていた。一部をaraikuへ送る。今日のミッション、書物をやり始める。もっと早く終わるかと思ったがやはりかかってしまって19:30に帰宅。りつの食欲は相変わらず凄まじい。明日は大事な運動会。腹など壊さないことを祈るばかりだ。

cauliflower at 00:40|PermalinkComments(0) 都市 | 日程調整

October 03, 2019

本当にすごい建築

バイバイを何回やっただろうか。りつは機嫌よく保育園へ。昨日と同じでスケジュールをこなしていく。ediが意外に進んだ。macで今日はマクポ。ベーコンとポーク、それにポテトとコーラ。そのあとも昨日と同じ。乗る電車乗る電車すぐに座席を確保して寝る。京橋のMTKのエントランスには、3人きている。yoshidaと一緒にnagakuraのオフィスへ。todaのmotitaさんのインビュー。ちゃんと話すことを書き出してきたようで、それを見ながら始まる。学生の頃柔道部だったらしく、いかにも体育会系的ノリ。もちろん好感度大です。本人は何度も人望がないといっていたけれど、それは全く逆だろう。上から認められ、部下からも頼りされるタイプ。とにかく、どうせやるなら楽しくやらなきゃ、と社内のイベントを企画から立ち上げて実行する人。にっけんさんとのコラボはそうとう大変だったらしい。何よりもディテールへのこだわりが半端ないのがyanoさんだ。材料も贅を尽くすし、特注やら最初で最後というのばかり。ドイツ製の15mの一枚ガラスも。壊れたら、2度とできないらしい。世界にただ一つで、これからも製造されることはないだろうと。取材の後ポートレイトの撮影で場所を探しながら、そのディテールへの執着の凄まじさを実際の現物を見ながら実感した。終了後、eraiくんに渋谷まで送ってもらう。今回の撮り下ろしは、彼も楽しんでくれたようで、今後、カメラマンとコラボする企画を本気で考えてみようという気になった。事務所に出て、ediのフィニッシュ。とにかく、バッサバッサと削って、新原稿は極力少なく、という方向で進め、なんとか完成。もどらないはずの星人が顔を出す。19:30に、Tとデザイナーに送って退社。夕餉の前と後で、りつと少し遊ぶ。いつのまにか、電車はぶんぶんになっていた。

cauliflower at 00:03|PermalinkComments(0) 原稿書き | 建物

October 02, 2019

楽しみにしていた寿司はLOに間に合わず、ひさしぶり紅さんに

りつを送り朝食。今日の資料を印刷する。何と言っても64枚。予習をして、macでえぐち。小田急も千代田も銀座も寝ながら。12:35にATについてしまった。ほどなくして星人。続いて、おすぎとタカシくん。13時よりインタビュー。ビルの設計は大変だなと思っていたけど、ここは、オフィスと公共施設の複合施設。ホールのような大変さはないけど、用途が違えば、オペレーションも異なる。素人は、コンプレックスにすれば、その多様さが賑わいをつくると単純に思ってしまうが、そんな簡単なものではないようだ。ユーザーがちがえば構成も変わるし、デザインだって変わってくる。複雑にすると大変だけど、ちゃんとやろうとすれば、必然的に複雑さへ向かっていくことになる。ポートレートの撮影で、屋上庭園へ。ここには、真ん中のスペースが庭に開放されていて、面白い空間を作り出している。エレベーター室も壁面を作家に開放して作品を作らせている。屋上の塔やのヘリを歩くことができるようになっていて、ぼくは途中で退散したが、タカシくとおすぎは、空中散歩を楽しんだ。いや苦しんだ(⁈)。となりのtodaの1階で開催中のエキシビションをみる。70年万博でこんのつとむが提案したプレゼン資料が展示されていて面白かった。事務所に戻って塩の請求書を提出。でも、請求漏れがあって再発行に。edの続きをやる。すでに枚数を超えているが終わらない。明日に持ち越し。今日こそ寿司と30分に出たが、45分がLO。仕方なく久しぶりの紅さん。厚揚げとスティックが美味かった。


cauliflower at 23:33|PermalinkComments(0) グルメ | インタビュー

October 01, 2019

登戸で人身事故は珍しくないか

りつはfuliくんと40分くらいに出て行く。信楽がスタート。だいたい主人公の幼少時代は、面白くない。小役がうますぎるから。BDの初期化をやりながらレイコップ。いつもの時間にでるも喜多見で足止め。珍しいことに登戸で人身事故。向ヶ丘遊園-成城学園前間が不通。妻にtelして、クルマで成城学園前まで送ってもらう。事務所について早速資料読み。ガラスの方を読むが、あまり面白くない。mr.hataの情報以上のネタはない。ランチはパスタ。小エビとオイル。午後、ようやく書き始め流。ところが、ほどなくして居眠り。というか唐突に落ちた。これかなり危ないと思う。クルマの運転中だと間違いなく大事故だ。ただその後は、スムーズに筆が進む。結局、半分の5枚ちょい。あとは、ohmori先生の引用が続くので、あと5枚は明日中にいくかも。ほんとは三崎港で寿司のつもりだったが、閉店時間の22:00を回ってしまった。oshoで夕食。10月のキャンペーン、ビール&餃子に心が動かさせられそうになるが、いつものハイボールと餃子、炒飯、ホルモンで〆ることに。


cauliflower at 00:45|PermalinkComments(0) 外食