今年最初の行事はお見舞い。P-noとビル・ヴィオラの「 はつゆめ」

January 07, 2007

今年はじめての仕事。執筆に取り掛かる前の資料読み。

朝 パン(あん&クリーム)、パンドゥミ、レタス、焼き豚、メープルシロップ/コーヒー
昼 七草がゆ、漬物、鯖の竜田揚げ(昨日の)/コーヒー
夜 カルボナーラ、海老と水菜、レタスのサラダ(サザーン・ドレッシング/手づくり)/ワイン(赤 Robert Mondavi Woodbridge Califonia 2004)
晴れ 
9時起床。朝食。ひさしぶりにサンデープロジェクトを見る。ミルゥの散歩は野川方面。アヒルさんが少し下がってきていた。かなりやばくなってきたので金子さんをやろうと資料を読み直す。すっかり忘れてしまっている。風邪とノロと福島正月で20日近く間があいてしまったものだから無理もない。お昼は七草がゆ。再び資料読み。夕方のミルゥの散歩は、妹の家経由。甥っ子にお年玉。甥っ子ったら、年初めには期待していたらしいのだが、父から予想外の金額をもらって、目標に達してしまったらしく、ぜんぜんもらいにこない。わざわざ持っていったわけだ。御代橋を通って戻る。カルボナーラをつくる。いつもはベーコンだが、今回はパンチェッタを使う。白ワインも少し大目で、パルミジャーノもたっぷり。これでソースにコクが加わった。いつもより、美味しくできた。妻のドレッシングも美味かった。モンダビは防腐剤入りで、どことなく人工的な味。過度に強調されたカベルネ・ソーヴィニヨン。「風林火山」を見る。

cauliflower at 23:27│Comments(0)TrackBack(0) クッキング | 仕事

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

今年最初の行事はお見舞い。P-noとビル・ヴィオラの「 はつゆめ」