昨日とは、約10度ちかく気温が下がった。渋谷の山さんでビール&焼き鳥の夕食

August 19, 2007

精神分析的主題を扱う24年組のひとりとは

朝 パン、レタス、キュウリ、トマト、ハム/コーヒー(味わい)
昼 冷やしうどん(天かす、かにかま、キュウリ、ひげもやし)、かき揚げ、ナスの天ぷら
夜 パン(カレー、チーズなど/フジコシで)、ハヤシライスのルー、サラダ菜/ヱビスビール
晴れ、暑さがぶり返す
7時半起床。朝食。ミルゥの散歩。精米をしてくる。デイリーヤマザキを曲がったところにあるはずが、かなりいってもないではないか。あれ、つぶれたか? と思って引き返すとちゃんといつもの場所にあった。単に見過ごして、通り越してしまっただけだ。30kgをつく。もどって風呂掃除。妻と土産の桃、ブドウ、野菜などを買いに行く。「トーマ」を娘が買ってきたので、お手伝いや食事の合間に再び読む。ストーリーをすっかり忘れていた。こうして改めて読み直してみると、萩尾さんの作品には、一貫して精神分析的主題が通奏低音のごとく響いている。トーマからすでにそうだったのだ。嫌いではないし、むしろ好きなのだが、たとえば親子関係、同性愛を描く場合、オイディプス神話があまりにも赤裸々に表象されていると、ちょっと躊躇してしまう。残神を読んだ時に、それを強く感じて、読み進むにつれて少し食傷気味になった。しかし、彼女の作品は、常にそうなのだと思わなければいけないのだ。それがわかっただけでも収穫である。昼食を食べて、帰宅の支度をする。妻と犬は、1週間の滞在であった。娘を母に託して、15時justに出発。いつものように、一般道路は妻に運転してもらい、僕は一眠り。45分に常磐道。いわき四倉で交代。たこわさびを購入。常磐道はほとんど渋滞なく首都高速へ。北池袋、銀座ともに真っ赤になっていたので、箱崎から新宿方面へ。電光掲示板のとおりではなく、箱崎-新宿も少し渋滞。でも、自宅に着いたのは、7時40分。約4時間半は、早い方だ。K合君より、雑誌のポートレイトが送られてきていた。テキストと一緒に、ラ●スへ転送。

cauliflower at 23:38│Comments(0)TrackBack(0) ダイアリー | コミック

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

昨日とは、約10度ちかく気温が下がった。渋谷の山さんでビール&焼き鳥の夕食