ブースに本が溢れかえっているのに、探している本がみつからないのはなぜだ。こっちはしらなくても相手は知っているというマスメディアの感じが少し体感できた。

July 08, 2009

書かれたものを読む限り、現実の人とは一致しませんでした。

朝パンドゥミ、ハム、レタス/コーヒー(コスタリカ)
昼モチモチワンタン(カップラーメン)、豚肉と小松菜の煮浸し(昨日の)
dzumiにてシャンパン、赤ワイン
夜 ラタトゥーユ、サラダ/バケット

雨、曇り
7時30分起床。にゃんの世話。朝食。午前中自宅作業。昼ご飯を食べて、妻にクルマで成城パンに行くというので送ってもらう。取材の準備とイベントの事務処理。16時よりH大でI先生の取材。ク☆リストファー・ア☆と唯一の実施作品を手がけたかた。お目にかかった印象派、想像とまるで違っていた。終始厳しい顔で、一つ一つに神経質に対応する怖い人。ところが、実際はそのまったく反対だった。確かに最初は、「この雑誌の読者は? コンセプトは? 」と詮索され、「HやHやJはどのくらいでこの雑誌にかかわっているの?」と少し挑戦的なモード。ところが、インタビューがはじまると、じつにいいおじさんに変身。自分のゼミの男のこと、ア☆を研究したいという建築家の学生がインタビューに同席。話しを聞いているうちに、ものすごく親近感を覚えた。しかも、ア☆をぼくはH大で教鞭をとられたK先生から学んだというと、がぜん興味がわいてきたらしく、いろいろ聞いてくる。この先生は、これから長く付き合えそうだなと思った。中央線で吉祥寺へ。dz○○○○へ。アルバイトをしてくれる女性を紹介してもらう。とても美人でクレバーなまだ20代の主婦。プログレオタクってなんですか、それって。でも、いい人を紹介してもらった。12日の最終打ち合わせ。バスで仙川経由で帰宅。

cauliflower at 23:31│Comments(0)TrackBack(0) 仕事 | ダイアリー

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

ブースに本が溢れかえっているのに、探している本がみつからないのはなぜだ。こっちはしらなくても相手は知っているというマスメディアの感じが少し体感できた。