前科のある先生に、またもすっぽかされてしまった。災いを転じて福となす、というほどのことでもないが、別の収穫があってとりあえずよかった。

July 15, 2009

一日3つの打ち合わせ(インタビュー含む)は、さすがちょっと疲れました。

朝パンドゥミ、ハム、レタス、とうもろこし/コーヒー(ケニア)
昼 カレー2種、ナン、バターライス、マンゴプリン、ラッシー
夜 カレー、サラダ、ブロッコリーと玉子
タラモアデュー
晴れ。猛暑
7時10分起床。にゃんの世話。朝食。ベランダの水撒き。向ヶ丘遊園で待ち合わせ。大学は南口方面にあるが、学バスは北口から出る。昨日のこともあるので、念のために北口であることをメールする。学バスはマイクロバス。乗車したらtelしてほしいといわれた。大学につくとバス乗り場で待っていてくれた。ご挨拶のあとさっそく原稿依頼。趣旨を説明すると、先生の関心とも重なり、予定通りの原稿になると確信。再び学バスで駅で。次は下北で下車。昨日すっぽかされたことで同じM大学で学部違いのHT先生の研究室へtel。ちょうど12時10分に授業終了、たぶん研究室に戻ってくるはず。しかし、不在。駅前市場にできたカレーの店に入る。注文した料理がでたところでケータイが揺れる。先生から直接telだった。先生はなんと眼○○血をして病院に行っていたのだという。約束のことはちゃんと知っていたが連絡が取れなかったというのだ。自宅の電話番号を聞き出す。資料はたくさんもっているし、T女史が持参したものもロンドンで直接購入したという。ならば、あとは原稿を待っていればいい。T女史とSさんにtel。次は虎ノ門。Jビルで「○み」の打ち合わせ。今日は、B社の編集長もいるし、あえて言うこともないので、おとなしくしていた。売れるためのコンテンツとは、果たしてこういうものなのか、おおいに疑問になったが、代案もないから、静かにしていたのだ。終了後、編集長と暑気払いをする約束。最後は丸の内。MのまちづくりをやっているHさんを取材。じつにしっかりと話をする青年。大いに気に入った。「守り育てる」ということ。僕の考えと一致。これから、いろいろ協力できるはずだ。

cauliflower at 20:59│Comments(0)TrackBack(0) 仕事 | ダイアリー

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

前科のある先生に、またもすっぽかされてしまった。災いを転じて福となす、というほどのことでもないが、別の収穫があってとりあえずよかった。