アスリートはなぜ苦しむのか。勝敗にこだわるからではないのだ。ひさしぶりにゆっくりデスクワークをしてしまった。

September 08, 2009

のギャルにマイドル、農業をよくする女の子が増えてるのだそうだ。

朝 パンドゥミ、ハム、レタス、マーマレイド/コーヒー(ガテマラ)
昼 大椀盛(お刺身、牛ステーキ、天ぷら、焼き魚、甘露煮、小鉢二種)、煮物、茶碗蒸し(豆冨料理)、味噌椀、御飯、香の物、水菓子
夜 鮭のソテーきのこ風味、サラダ、青菜の煮浸し、野菜のスープ、佃煮、わさび漬け、ご飯/無帝冠(冷酒)
ジェイムソン
晴れ
6時50分起床。ニャンの世話、朝食。ベランダの植物に水をやる。資料に目を通しておく。資料を読みながらDへ。早く着いたので、エントランスで待っているとOさんとoyabeさんがやってくる。10時から企画委員会。珍しく雑談。民主党政権になると建築業界はどうかわるか。ぼくは都市開発にどんな変化が生まれか、の方が気になる。いい方向へ変わってほしい。企画のプレゼン。今回は3本。創造○○。この企画が本命なのだが、決まると取材が大変。ジレンマだが、一番食い付きがいい。他の2本をを離してダントツで決定。しかし、それにしてもこの企画は、みなさんのりましたな。昼食。以前にもご馳走になった巨大お椀料理。その大きさに度肝を抜かれるが、蓋をあけると、刺身、天ぷら、小鉢などがきれいに収まっている。みてくれですね。しかし、面白いサーブの仕方だとは思う。13時前に上がる。表参道のmakabeさんの事務所。正式に対談を依頼する。本を贈呈してもらう。先生は、出版プロデューサーか。監修者としてばんばん本を出しているみたい。新しく始められたjutakukenchikuと以前からやっているmisesuの連載を見せてもらう。建築家の自邸、本人以外の家族とかに話を聞くという構成。これは気が付かなかったし、面白いアイデアだ。事務所のもどって、『c&l』の校正。居眠りしながらやるから、ざるが大ざるに。そのあと、後記を書く。農業、農業、農業…と呪文のごとく唱えていたら、昔「農学」の特集をやったことを思い出した。そして、tzuno先生におあいしたことも。この先生を気に入って、2度もインタビューすることになるのだが、それからだいぶたって、テレビに出演していたことも思い出した。有機農法の画期的発明をしたのだ。で、そのことを書く。なんとかうまく落とそうと、おしりでちょっぴりウソを付いた。




cauliflower at 23:25│Comments(0)TrackBack(0) 仕事 | 読書

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

アスリートはなぜ苦しむのか。勝敗にこだわるからではないのだ。ひさしぶりにゆっくりデスクワークをしてしまった。