一まわりも違う若いインテリの議論を聞くのは面白い。しかし、団塊世代をそんなにボロクソにいわなくても…極上シングルモルトを8種類をテイスティング、という至福を味わった。

December 08, 2009

最速のオファーに快諾もらう。人脈をもっているというのは、やはり僕の最大の武器かも知れない。

朝 パンドゥミ、ハム、レタス、リンゴジャム/コーヒー(イルガチェフ)
昼 鶏のカレー、サラダ、パン/エスプレッソ
夜 鮭のフライ、カリフラワー、チーズ入り雑炊
タラモアデュー
晴れ
6時50起床。ミルゥを外へ。ニャンの世話。朝食。日比谷へ。少し早く着いたのでコーヒーショップに入り、校正の残りを読む。10時より事前打ち合わせ。Yuコリンにプレゼンしてもらう。今号の内容に、お二人とも満足したご様子。次の企画にも関心を示す。Nさんは、定年を控えてより強い関心。コメントが多い。事務所への帰りに、ベルギービールの店で早いランチ。なかなか美味しい。事務所で、まず「たてヨコ」の発送の準備。校正の付け合わせの合間をぬって、大家さんとの打ち合わせ、K君のはがきのレイアウトの対応、NTTとの打ち合わせ、印刷所との対応など。じつは、B社で編集会議があったのだがキャンセルさせてもらった。すると編集長より、「残念です」というご返事。えっ何が? Yさんから約束通りケータイへtel。引き受けてくれることになった。最速のオファーで快諾。感謝、感謝である。大学帰りに、夕方直接あって打ち合わせ。そのまま帰宅し、Dの校正の一部を妻に見てもらう。校正をやりつつ、金曜日の出張の件でメールしたり、例の研究会のゲストがFIXしたことを報告したり。するとすぐにレスがくる、それにまたレスしたり…、時間は刻々とすぎていく。


cauliflower at 23:45│Comments(0)TrackBack(0) ダイアリー | 仕事

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

一まわりも違う若いインテリの議論を聞くのは面白い。しかし、団塊世代をそんなにボロクソにいわなくても…極上シングルモルトを8種類をテイスティング、という至福を味わった。