愉しい時間が、永遠に続くといいのにって思うのだけれど……。清い気持ちと偽りないこころ。今、なぜ、山本有三?

February 21, 2010

カオス的遍歴を理解する格好の事例を発見したけれど、それを言えないのがくやしい。

朝 パンドゥミ(ハム&チーズ)、レタス、カリフラワー入りスクランブル/コーヒー(リオのカーニバル・ブレンド)
昼 どんべい
夜 野菜餃子、ジャーマンポテト、青菜の煮浸し、ミネストローネ、ご飯(統一性まるでなし!?)/一番搾り
ジェイムソン
晴れ、曇り
9時起床。ニャンの世話、ミルゥを外へ、朝食。洗濯して、布団干して、ミルゥの散歩。中二階と二階のお掃除。やっとテープ起こしを1本チェックして、執筆の準備。成城までジェイムソンを買いに行き、帰りにサミットで美味し水の給水。妻たちが帰宅時間を言ってきたので、それにあわせて夕餉づくり。それにしても、中華なら中華、和食なら和食と、もうちょっと統一性をもたせられないものですかねぇ。普段、ひとにはあんなに言っているのに。龍馬と浅田を見る。

cauliflower at 23:52│Comments(0)TrackBack(0) アコースティック | クッキング

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

愉しい時間が、永遠に続くといいのにって思うのだけれど……。清い気持ちと偽りないこころ。今、なぜ、山本有三?