あまり受講者が多いと、それはそれで困るんですが……お金を沢山持っている人が寄付やボランティアをすることは、僕的にはぜんぜんオッケーです。

April 17, 2010

突然やめて時間がつくれると思ったら、家事に追われて結局おなじ。

朝 パンドゥミ、レタス、スモークチキン/コーヒー(ブラジル)
昼 葡萄パン、ジュリエンヌスープ/コーヒー
夜 焼き鳥(ナンコツ、皮、ねぎま)、蒸し海老餃子、牛肉とアスパラの中華風炒め物、ほうれん草の卵とじ、納豆、ネギと油揚の味噌汁、御飯/生ビール
曇り、晴れ(昼になって暖かくなったと思ったら、夕方どんどん冷えてきた)、ベランダや屋根にみぞれのような雪が積もっている。
7時起床。ニャンの世話。朝食。妻を成城へ送っていく。あんやで取材先への手土産。ミルゥの散歩。くるまでサミットへよって母の買い物、セルフのGSによって、事務所へ。彼の君と可能性を探るが、結局夜にぼくからということで。戻ってパンを食べる。読んでおきたかったC.K&J.Tのカタログに目を通す。こんなものも読む時間がないというのはどういうことだ。それにしても、これ2500円は高い。ならば、CDを買った方がよかった。成城へ予約したパンを取りに行く。妻にあれだけ余計なものを買うなといっておきながら、メープルシロップのメロンパンとこしあんのあんぱんも買う。本屋で、「レコードコレクターズ」の「シンガーソングライター」特集と東洋経済の「相続」特集を購入。帰りがけに娘が駅の駐輪場に置きっぱなしにしている自転車をpickup。再び、サミットで娘に頼まれたヨーグルトとプリンなどを買い、あと水。やはり、壊れた浄水器を新しく取り換えるべきだ。システムキッチンのパッキンも傷んでいるので、両方いっしょにこうじしてもらうといくらかかるかすでに見積もりは取っている。あとは、実行するだけなのに。壊れた傘の補修。さらにゆにでいへくつもりだったが、この時点でタイムアウト。ミルゥの散歩。そして夕食。生協の冷凍に頼る。TVをみながら妻に母の近況を尋ねる。そしてついに、まちにまったお楽しみの時間。今一番大切にしているものはと尋ねられたら、迷うことなくこのひとときだというだろう。でも、楽しみは永遠には続かない。あたりまえだけど。では、永遠に続けられる方法があるのか、それを模索してみたいとはおもうけれど、やはり、このままの方がいいようにも思うし、思考はぐるぐるいったりきたり…。

cauliflower at 23:50│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

あまり受講者が多いと、それはそれで困るんですが……お金を沢山持っている人が寄付やボランティアをすることは、僕的にはぜんぜんオッケーです。