いつもの会場でトークショー。今日は、主催者でも司会役でもなく、単なるオーディエンス。ほんとは家事が好きなのかもしれない。

May 08, 2010

もしも僕が一周り上だったら、新聞沙汰になっていたかもしれない、ほんとに?

朝 パンドゥミ、ハム、レタス、スクランブル/紅茶(!)
昼 讃岐うどん冷(生醤油、玉子、揚げ玉)
夜 アスパラ・新玉葱・キャベツ・トマトのオリーブオイルソースのパスタ、オイルサーディンとキャベツのサラダ(母より)、アスパラ・新玉葱の網焼き/南アフリカ産ワイン(Secluded Valley Pinotage 2008赤)
ジエイムソン
晴れ
8時起床。朝食。昨夜、事務所の冷蔵庫に買ったコーヒーを忘れてきたのでなんと紅茶をいただく。自宅でこんなこと、何年ぶりだろう。ミルゥの散歩は、珈琲工房経由。帰って、早速コーヒーを淹れる。ついでに、妻の道中のためにポットにも。部屋の掃除と風呂の掃除。妻を成城まで送っていく。これでは、まるで二泊三日で自宅に外泊している感じだな。戻って、すぐに出社、駅から事務所に行く途中で昼食。事務所について、一通り事務仕事をしてからおもむろにtel。木登りしている牛蒡の姿もそうだけど、ショートヘアで男の子みたいな、しかも、ポールスミスの毛糸のパンツを笑顔で自慢しているところを想像すると、もうたまらなくなる。ロリゴコロを刺激するシチュエーション。やはり、ぼくはヘンタイなのかもしれない。それはともかく、野菜の収穫カレンダーは楽しいのだけれど、10分圏内にイノシシやたぬきやハクビシンが出没したり、アブラムシが大量発生するところは、なかなかにワイルドではある。しばしば楽しい時間を過ごし、本日の仕事にとりかかる。カメラマンをした出張の写真整理とか校正など。あと、キャッシュを削除したりPCのメンテ。帰宅すると、母がサラダをつくったから食べて欲しいと持ってくる。ミルゥの散歩の後、パスタをつくって、娘と夕食。夜は、書庫から昭和49年1月1日創刊のわがミニコミ誌を引っ張り出してきて読む。変わることもあれば、まったく、ほんとうにまったく変わらないこともいっぱいある。過去への旅路は、やっぱり楽しいなと思う今日この頃です。

cauliflower at 23:59│Comments(0)TrackBack(0) ダイアリー | 仕事

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

いつもの会場でトークショー。今日は、主催者でも司会役でもなく、単なるオーディエンス。ほんとは家事が好きなのかもしれない。