誰と食べるか、それって一番大事なことじゃないですか、なのにある時僕は…、まったくふざけたやつじゃ。湯船の中で、映画のあのシーンを思い出して、ひとりにっこりしてしまう、いや、彼の…か。

May 30, 2010

リアルタイムでサッカー観戦、世の中便利になりましたねぇ。

朝 パンドゥミ、ウインナ、レタス、オムレツ/コーヒー(コロンビア)
昼 角煮饅頭、大根とツナの豆板醤炒め(昨日の)、春子鯛の南蛮漬け(昨日の)/コーヒー
夜 ポトフ、マカロニサラダ、焼き鳥(レバとかハツとか、母からもらわなければあまり食べないやつ)、バケット/一番搾り、白ワイン(Marrenon Classic Cote du LUBERON Blanc 2007)
ジエイムソン
曇り
8時45分起床。朝食。ミルゥの散歩。「tashinami」で取り上げるDVD「Musica para os Olhos」を見る。カルトーラは、アルバムを1枚もっている。サンバ界のレジェンドである。その伝記ともいえるドキュメンタリー。随所にサウダージュ感がただよう。「人生は風車」「沈黙のバラ」などヒット曲をギター弾き語りで、あるいはバックをつけて、思い入れたっぷりで歌い上げる。途中母たちを踊りの発表会に連れていったので途切れてしまったが、それでも感動した。買い物とかして帰ってきたら枇杷の便り。うれしい! 枇杷が届くからだけでなく、文が届いたことがもっと嬉しい。妻からtel。腰が痛いらしい。付添に行って一緒になって痛がってたらしゃれになんないぞ。でも、彼女も疲れているんだろう。がんばって欲しい。母のお腹の痛みは、胃炎らしいが、心因性の疑いもあるとか。個室を換えて角部屋へ。今度は窓がもっとあって明るいらしい。しかし、ふたりで不機嫌になっているんだそうだ。ミルゥの散歩。帰ってから、日本のW杯への道をたどるドキュメンタリーを見ながら、ポトフをつくる。今夜は、ピアノから帰ってきた娘と一緒に夕食をする。夜は、イングランド戦をTVで見ながら、ポトフをスープカレーにする準備。サインが…、彼の君とチャット状態で一喜一憂。臨場感たっぷりの楽しい観戦となった。結果は、トゥーリオが両チームに1点づつ入れて(!?)おまけに中沢までオウンゴールで、1:2で敗れる。しかし、試合内容は悪くなかった。イングランドのようなゲームをやるチームとなら、なんとか伍して闘えるけれど、世界にはさまざまなサッカースタイルがある。他のチームだと、今日のようにはいかない。課題は多い。

cauliflower at 23:59│Comments(0)TrackBack(0) ダイアリー | クッキング

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

誰と食べるか、それって一番大事なことじゃないですか、なのにある時僕は…、まったくふざけたやつじゃ。湯船の中で、映画のあのシーンを思い出して、ひとりにっこりしてしまう、いや、彼の…か。