リアルタイムでサッカー観戦、世の中便利になりましたねぇ。あまりに眠い日は、いっそそのまま眠ってしまうほうがよさそうだ。

May 31, 2010

湯船の中で、映画のあのシーンを思い出して、ひとりにっこりしてしまう、いや、彼の…か。

朝 バケット、ウインナ、レタス、目玉焼き/コーヒー(コロンビア)
昼 ハーフ&ハーフ(トマトのフォー、ベトナムカレー)
夜 スープカレー、冷やしトマト
ジエイムソン
曇り、晴れ
6時10分起床。起き抜けで原稿をチェック。朝食。ゴミを出して、洗濯物をほして、ミルゥの散歩と風呂掃除。ようやく出かけて9時30分。コーヒーをいれて、さっそく原稿整理。ishikawaさんが、「shohosen」の納品。うまくできた。お昼はyuこりんとベトナム料理。トッピング用にもやしをお好きなだけとれるようになっている。このサービス、意外にいいね。もやしは安いから、店のウリとしても一石二鳥だと思う。午後は、自ら撮影した写真選び。15時にはtahashi君が来社。tashinamiのcross reviewのブツ撮り。彼は、セッティングが上手いので、安心してまかせられる。とくに集合写真がうまい。終了後、asakawamakiに興味津々。強く惹きつけられたらしい。写真選びをしてyuこりんに渡す。少し早く帰宅。妻にメールしたのに返事がないから、てっきりまだ帰ってきていないと思っていた。娘と妻がテーブルの前にいる。何もしたくないらしい。昨日のうちにつくりおきしておいたスープカレーを三人で食す。もらってきたトマトがうまい。母は、ウイルスがうまく退治できれは、退院できるらしい。治療計画もちゃんとあるし、ロジックができていて、それにのっとって医者は治療をしているとのこと。母は聞いていないというが、医者はちゃんと言っているよ、と妻に話したらしい。母の思い違い、それとも…。母は昨夜トイレに行こうとして転んだ。点滴が引っ掛かったらしいという。それでふたたび個室を換えてもらった。なにはともあれ、退院できる見通しはたったようで、けっこうなことだ。湯船につかりながら、いろいろと想像してみるというのは楽しい。それにしても、どうしておんなじことを考えるのだろうか。不思議。

cauliflower at 23:58│Comments(0)TrackBack(0) ダイアリー | 仕事

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

リアルタイムでサッカー観戦、世の中便利になりましたねぇ。あまりに眠い日は、いっそそのまま眠ってしまうほうがよさそうだ。