朝方の無音の熱狂体験。サッカー好きがこんなに身近なところにいたことを、もっと喜ばなくてはいけないね。マルディグラには遠くおよばないにしても、雰囲気は十分ニューオリンズだ。

July 09, 2010

講義は、いつのまにか人生哲学に。でも、それが受けたのだから世の中わからもんじゃ。

朝 デニッシュ、レタス、ハム/コーヒー(サンタカタリーナ)
昼 和風ハンバーグ、味噌汁、ごはん(ワンコイン)
夜 本日の冷菜小鉢、手作り豆冨、生湯葉と水菜のハリハリサラダ、カンパチのカルパッチョ、若鶏の香り揚げ、海老とふんわり玉子のエビチリ、パスタ、自家製杏仁プリン/生ビール、赤ワイン
曇り、雨、曇り
6時50分起床。朝食。洗濯物は乾燥機。事務所に出て、まずKyorinHにtel。その結果を妻に報告。どの病院の窓口も親切だ。anちゃんに印字してもらう引用文をピックアップ。ゲストスピーカーの資料を読み直す。昨年お呼びした時に、ディスコグラフィをつくっておいたので、それが役に立った。突然思いついたのが、iPodにsakaiさんがプロデュースした代表作が入っているので、それを年譜的にかけるというアイデア。講義が立体的になっていい、われながらgoodideaだ。いつもの講師控室で待合わせ。SakaiMastoshiさんはいつもすてきな服をお召しになっているが、今日のジャケットは胸のポケットがジッパーになっていて、縦に薄い柄がはいっている。かっこいい。さて、例のiPodをつなげようと思ったら、なんと肝心のケーブルがないではないか。というか、ケープルでつなぐという考えがまったく頭になかった。それじゃヘッドホンでしか聴けないじゃないの。なんたるドジマヌケ。まったく人のことはいえませんなぁ。しかし、結果的にはそれがよかったようだ。僕のインタビューにSakaiさんがおこたえするという形式は、思いのほかスムーズにいき、受講生にはストレートにメッセージがつたわった。後半、いかに人を育てるかという話になる。こういう話は、ここではむかないのではと危惧したのだがさにあらず。かえって、こっちの話題の方がみんなにはうけたみたい。カウンセラーの資格ももってらっしゃるから、リアルなテーマとしてみんなには伝わったのかもしれない。終了後、炒り豆で食事。これで、今期の授業はおしまい。今日のゲストは抜群によかった。感動すらしたという言葉を、何人かから聞いた。そして、僕の講義についても、受けてよかったと素直に僕にいってくれた人が二人いた。たった二人というなかれ。ふたりもだ。僕としては、大満足である。帰宅途中で彼の君に最終講義のことをつたえると、なんと知っているというではないか。えっ親戚!? とビックリしたのだが、有名人として知っているという意味だったとあとからしることになる。面白いひとだなぁとニヤリ。

cauliflower at 23:42│Comments(0)TrackBack(0) ダイアリー | 仕事

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

朝方の無音の熱狂体験。サッカー好きがこんなに身近なところにいたことを、もっと喜ばなくてはいけないね。マルディグラには遠くおよばないにしても、雰囲気は十分ニューオリンズだ。