挨拶回り。ここをどう押さえておくかで、今後の僕の立ち位置が決まってくる。たった1日だったけれど、やはりムリして来てよかった。フジ10年目は、踊り狂ってフィナーレ。

July 31, 2010

hanaちゃんをとなりの人にたくして、いったん帰宅。なんといっても明日はFRFなのだから。

朝 パン、レタス、トマト、キュウリ/コーヒー
昼  ふぐのフライ丼、味噌汁、手作り男爵コロッケ
夜 寿司、サラダなど/ビール
6時30分起床。朝食。部屋の掃除と風呂の掃除。布団を干してしまったり。帰る準備。あさかのおばちゃんを乗せて一緒に帰宅。おばちゃんは、後部座席で本を読んでいる。よく酔わないものだと妻と感心。昼過ぎ出て、四倉で食事。いつも美味しそうだなと見ているだけで入ったことのないレストラン。小さなSAなのだが、食に関してはものすごく熱をいれている。刺し身定食も穴子丼も美味しそうだったけど、ここはちょっと珍しいふぐにした。サイドメニューの揚げたてコロッケも美味かった。常磐は渋滞ほとんどなし。久しぶりに外環に入る。kenji君が和光南から降りてというので、和光北をスルーすると和光。よしこの次だなと思っていたら、大泉になってしまった。どうやら和光のことだったらしい。大泉でUturnして(出口のすぐに入り口歩入れる道路がある)ケータイで連絡を取り合って和光出口下で合流。おばさんを降ろして環八で帰宅。仙川のクイーンズ伊勢丹で夜の食事を調達。父を見舞う。目が開けられない感じ。眠っているようで起きているようで。帰宅後、jobaの散歩の様子を見るっていうかjobaものすごく背が高くなった。なんかこのコンビ似合っているぞ。帰って今度は明日の準備。妻の腰が心配だが、なんとか現状維持。母から、父のお腹から出てきたこぶし大の謎の物体を見せてもらう。白濁色で堅いもの。先生もなぜできたのか、なんというものかわからないらしい。まぁ、こいつが腸を圧迫していたことは考えられるが、悪さをしていたわけではないようだ。

cauliflower at 23:59│Comments(0)TrackBack(0) ダイアリー | 妻・娘

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

挨拶回り。ここをどう押さえておくかで、今後の僕の立ち位置が決まってくる。たった1日だったけれど、やはりムリして来てよかった。フジ10年目は、踊り狂ってフィナーレ。