道の成り立ちがわかれば、その街の骨格はほぼ掴めたも同然。あとは、それがどんな政治的力線をもつかだ。はじめての外出。べつに口数が多くなるわけではないが、表情はあきらかに穏やかだった。

October 16, 2010

角地が透けているのがいい。サイトデザインはヌケ(透け)のよさで街を評価する。

朝 パンドゥミ、ハム、レタス、はちみつ/コーヒー(イルガチェフ)
昼 魚介類のトマトソースのパスタ、カスクート、グリーンサラダ(レタス、キュウリ、なす、ズッキーニ、パプリカ)
おやつ カボチャのクレームブリュレ
夜 焼きトン(ガツ、シロ、ナンコツ、皮)、アスパラガス、シシトウ、無死野菜(人参、アスパラ、ブロッコリなど)/生ビール、サワー
ジェイムソン
曇り(暑い)
6時50分起床。ミルゥの散歩。朝食。寝室と風呂の掃除。あんがルノーで迎えに来る。ゆうの家へ。赤いソファをもらう。すでに、革製のステキなソファがテレビの前に置いてある。2.5人掛け。子供のいない家庭は、すぐわかる。食器棚やテーブル、イスなどがおさまるところにおさまっていて、インテリア雑誌でもみているようだ。70年代のモダンライフといったところか。まっくくんは伸び伸び暮らしている。ダイニングテーブルの置かれている部屋のつくりがなんとなくリゾート気分を醸し出す。出窓が、屋根の形状によってなのか、床に近いところにつくってある。それで、外の景色がよく見えるのだ。小さいながらも庭木があって、集合住宅にはない、一軒家ならではの住まい方ができるのであろう。あんのクルマに積み込んで弊社まで。マンションの玄関前の駐車スペースをあけてもらって、クルマをつける。少し色あせてはいるが、渋柿色のソファは事務所にフィット。収まると、引っ越ししてきた時からそこに置かれていたようなたたずまい。これで、仕事に疲れ時はソファで一息つける。それより、昼寝ができそう。あんちゃんは帰ったので、ゆうとイタリアンのサタデイランチ。いつもよりちょっと高いが、サラダつき。生の茄子がおいしかった。魚介のトマトソースは、鮪とえび。これから鮪の刺し身が残ったら、醤油漬けにしないで茹でておいて、パスタソースにすればいい。いいアイデアをもらった。改札でW先生と待ち合わせ。南口を出て踏み切りを渡って北口の食品市場を抜けて一番街へ。渡先生は、一番街をことのほか気に入ったようだ。サイトデザインの立場で見るとT字路で、対面している窓、ドアが広くとってあって中だけでなく窓を通して外もよく見えような場所がいいらしい。とにかくT字路だ。そうやって見ていくと、シモキタはT字路だらけ。透けている通りが多くあれば、町は開放的に見えるし、実際人も外へでて来る。それにしても先生はばんばん写真を撮る。CCCで休憩。先生が渋谷にいるという助手を呼ぶ。外に出て、CCCの入っている裏の雑居アパートを見せると、助手が合流。ちょうど一歩遅れてCCCに到着。上からみると、先生をすぐに確認できた。なぜならすごく目立つからだという。確かに先生、猛烈に頭が大きい。ゆうの2倍強はある。目立つはずだ。しばらく54号線の道路予定地を見て、一番街で解散。ゆうと途中通った居酒屋で一杯やる。ホルモンが美味しかった。20時半に僕だけ事務所に戻る。土曜の夜のシモキタ。面白そうなので、カメラをぶら下げてもう一度商店街へ繰り出す。30分ばかり、経巡りながら写真撮影。

cauliflower at 23:50│Comments(0)TrackBack(0) 仕事 | 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

道の成り立ちがわかれば、その街の骨格はほぼ掴めたも同然。あとは、それがどんな政治的力線をもつかだ。はじめての外出。べつに口数が多くなるわけではないが、表情はあきらかに穏やかだった。