なぜあんなにあの時代は熱を帯びていたのだろうか。研究会の第二部は神楽坂街歩き。

May 13, 2011

やはり人数はそれなりにいてほしいものだ。

朝 パンドゥミ、ハム、レタス、メープルシロップ/コーヒー(ブラックバーン)
昼 和風ハンバーグ、レタス、みそ汁、ご飯
夜 突き出し(大根の煮もの)、ワカサギの酢の物、ナンコツ、鶏皮、豚バラ、塩からじゃがバター/生ビール、ハイボール
ジェイムソン
はれ、雨、曇り
6時50分起床。朝食。ミルゥの散歩。事務所へ。資料づくり。夜は大学。本日は、さらに一人減って3人。とくに今日は講義だったから、シャベくりまくればいい。しかし、終わってみれば、反省すること多し。takarazukaを知らない人たちに、その創立者で明治の企業人kabayashiichizouの年譜から始めたって、興味をもつわけがない。そういえば、去年は女性やクラシック好きで好奇心旺盛な学生が何人かいたので、それなりに手応えがあった。しかし今年は、好奇心もあまり感じられない。なにはともあれ、人数が少ないというのが問題だ。予定より30分延長。事務所による。いつものようにbenitonで一杯やって帰ろうと思ったら、今日は早くに店じまい。しかたなく、たこ焼きとハイボールと思ったら、こっちもすべて品切れ。しょうがなくyarukichyaへ。注文しようと思った野菜系が品切れ。そうしたら、焼き鳥の方を2本ずつサービスしてくれた。野菜を食べたいと思ったのに、逆に野菜なしで肉×2って、どういうことよ。


cauliflower at 23:30│Comments(0)TrackBack(0) ダイアリー | 仕事

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

なぜあんなにあの時代は熱を帯びていたのだろうか。研究会の第二部は神楽坂街歩き。