にわかサラリーマン、会社帰りに生ビールで乾杯大学院へ入りなおす若い女性エディター。

August 17, 2011

炎天下で墓掃除。よほどの変わり者だね、あたいらは。

朝 パンドゥミ、ハム、レタス、クリームチーズ、マーマレード/コーヒー(イルガチェフ)
昼 回転寿司(にぎり、あさりの味噌汁/はま寿司)
夜 スープカレー(マジックスパイスのソース)、アスパラガス/酎ハイ
ジェームソン
晴れ(猛暑)
7時45分起床。朝食。ミルゥの散歩は野川まで。風呂の掃除などして、クルマで富士見台霊園へ。以前は中央高速をつかって行った。八王子インターがいつも渋滞で、降りるまでと降りてからでへたすると2時間ぐらいかかったことがあった。数年前に、国立インターの入り口から日野バイパスができた。都合のいいことに、霊園手前で甲州街道に合流し、そのまま道なりに行くと霊園の入り口に入る細い道につく。お墓には、さすがに数組しかいない。さっそく草取りと植木の剪定。僕は、長ハサミで剪定役。つい調子こいてばんばんきってしまう。きりすぎたかなと思ったが、最後に遠くから見直してみると、いい感じになっていた。植木屋さんになれるんじゃないかと思うくらい。妻と娘は、低木の剪定と草取り。その間約2時間。みんな汗だくだく。玉のような汗がどんどん流れてくる。妻のウエストに汗じみ。そんなことはこれまでなかったぞ。僕は、半パンの60パーセントが水没、というくらい。もちろんシャツは90%浸水。最後、からだが動かなくなった。指差して、ほら、その木の下にまだ枯れ葉が残っているぞ。ふつうなら、すぐしゃがむのだけれど、それができない。昔猛暑の中、太宰府に行ったとき、400メートル先に太宰府が見えるのに、進めなくなったことがあった。足が前に出てくれないのだ。そういう時があるのだ。線香をあげて、お墓を後にする。同じ道を引き返す。途中で回転寿しに入る。すべての皿が100円。いかもほんまぐろもうにもみ〜んな100円。平日は、さらに1割引で90円。三人でびっくりするくらい食べて、汁まで飲んだのに3000円内で収まってしまった。母がご飯でも食べてらっしゃいと1万円くれたのに。自宅について、いつのまにかお昼寝をしてしまった。

cauliflower at 23:30│Comments(0)TrackBack(0) 妻・娘 | 外食

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

にわかサラリーマン、会社帰りに生ビールで乾杯大学院へ入りなおす若い女性エディター。