ザックって運のいいやつなのかもしれない。内臓脂肪をなんとかしなければと言った次の日に、もうだらだら居酒屋メシ。

September 03, 2011

バブルの頃に好きになった映画

朝 パンドゥミ、ハムエッグ、レタス/コーヒー(狛江ブレンド)
昼 ガンボライス(昨日の)
夜 谷中生姜、薩摩揚げ、大根おろし、肉豆腐、秋刀魚の野菜漬け、茄子と茗荷の味噌汁、ご飯 /秋味、酎ハイ
ラム・コーラ
晴れ、曇り
7時50分起床。朝食。ミルゥの散歩。今日は野川まで。中2階と風呂の掃除。妻が先週借りてきて今日が返却日のDVDを見る。「さぶうぇい」、りゅっく・べっそんを一躍有名にし、くりすとふぁ・らんばーと、いざべら・あじゃーに、じゃん=ゆーぐ・あんぐらーど出演の映画。地下鉄ものの先駆け。封切られたのが85年だって、確かぐらん・ぶるー、にきーた、れおんとと立て続けに見て大ファンになり、だいぶあとになってからこの出世作を見たと思う。なのに、ストーリーはおろか出演者やそのたもろもろすっかり忘れていた。今回あらためて見直すと、やっぱり面白い。その後パリに何度も行き地下鉄にも数えきれない程乗ることになるのだが、さぶうぇいを見ていたら、地下鉄の移動もまた違ったものになっていただろう。パリの地下鉄は東京や大阪ほどではないにしろ、たくさんの路線があって、かなり複雑だ。でも、そのわりに乗り降りがしやすいのはルールがあるからだ。路線はすべて進行方向にむかって列車の左側のドアがあく。駅ホームには必ず行き先(終点)が表示されているし、運賃はすべて同一料金、かるね(切符)を買って改札を通れば、乗り換えは自由。出口には改札がない。つまり、目的地と地下鉄出入り口の位置関係さえわかっていれば、すぐに利用できる。
それはさておき、この地下鉄に住み着いてしまった人たちが主人公。地下鉄構内は、彼らの庭であり、仕事場であり、遊び場なのだ。ビデオを借りて見たのは80年代の終わり頃だったと思うが、あんぐらーどに自分を投影していたことはもちろんよく覚えている。ところが、当時あじゃーにに夢中になっていたことをすっかり忘れていた。つんでれ好きは今に始まったことではないが、僕の中であじゃーにはその筆頭カブだ。おざちんの奥方が彼女にそっくりで、やきもちをやいたこともあったような。
で、この三人、今どうしているだろうとすぐにネット検索したら、あれまぁ、そろいもそろってみなさんおじさん、おばさんになっているではないか。あんぐらーどとあじゃーには僕と同い年、ということはmiさんもね。らんばーとは二個下。らんばーとは顔つきがハリウッドの脇役俳優みたいになっていて笑った。あんなに個性的だったのに。というわけで、りゅっく・べっそんとじゃん=じゃっく・べねっくすの作品をまた見てみようかと思ったのでした。ここでもうひとつ思い出したことが。二度目のパリ来訪の時、ベトナム料理屋にべねっくすの「ろざりんとらいおん」で主演を演じたいざべら・ぱすこー女史が入ってきて、われわれのとなりで食事をしたのだ。その時の同伴者は、「にきーた」で秘密警察官役をやったちぇっきー・かりょだったような気がする。彼らは結婚していたはず(その後離婚)。とここでまた豆知識。「れおん」のまちるだはなたりー・ぽーとまんだった!なんてみんな知ってることだけど。
お昼を食べてから、DVDを返却するついでにしまちゅうへ。妻の震災対策第二弾、石油ストーブを買う。それとTANITAのインナースキャナー。内臓脂肪、BMI、体脂肪、筋肉、骨量、基礎代謝、体内年齢、体水分が測れる優れもの。さっそく家に帰ってのってみたら、内臓脂肪が標準をやや越えていた。どうもからだが重いと思っていたら、やっぱりそうか。今後食べるのを少し減らそう、できるのか、おれ。夜は、なでしこを応援。韓国にかなり攻められ、試合内容でみるかぎり完全に負けてましたね。得点こそ2:1だったが、こんな戦いをしていたら、オーストラリアには勝てない。なんとしても立て直してほしい。本音を言えば川澄ががんばっていたのでぜんぜんいいんですけどね。あとは丸山!


cauliflower at 23:30│Comments(0)TrackBack(0) 映画 | ダイアリー

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

ザックって運のいいやつなのかもしれない。内臓脂肪をなんとかしなければと言った次の日に、もうだらだら居酒屋メシ。