October 16, 2011

さて本日の紅葉狩りは…。

朝 鮭、ベーコン、スクランブル、筍とふきの煮物、サラダ、イカの塩辛、海苔の佃煮、海苔、梅干し、味噌汁、ご飯/オレンジジュース、コーヒー
昼 とろろご飯、キノコ汁
夜 カルビ網焼き、コロッケ、もつ鍋
吉乃川ひやおろし
曇り、雨、曇り
7時15分起床。朝風呂に入る。すでに、iPod中年が露天風呂につかっていた。しかも、もうひとり、同じ輩がいる。はやっているのだろうか。にちゃんねるやってんじゃないだろうな。娘にいったら、ねとちゅうだろと。なるほど、ネットやってるのか。朝食。チェックアウトしてまず越後湯沢駅へ。井仙でプリンと酒を購入。いよいよ目的の苗場スキー場へ向かう。22km、狛江から娘の会社位まで距離がある。スキー場がみえてきたのにテントがない。そんなことに新鮮な驚きをもつのは僕ら家族ぐらいだろう。ブラトーで往復券を購入。HPからプリントアウトした割引購入券を提出する。これはドラゴンドラで頂上で降りて、苗場-田代ゴンドラに乗り換えて二居へ降りて、ここから苗場ふもとまでバスで送迎してもらうと言う乗継券。ドラゴンドラは5.4kmの世界一の長さを誇るロープウェイ。渋谷-下北沢に匹敵する。少し上っただけで山々の木々は一変する。紅葉はどうだろううか湯沢ではまだ10%ぐらいだたので心配したが、全然心配することはなかった。茶色、紅色、黄色、薄紫やピンクもある。窓の上の小さな窓を開けてみると、木々の色はよりいっそうきれいに見える。ガラス越しでみる風景とはまるで異なる。アップダウンを繰り返し約25分の空中散歩を楽しむ。レストラン・アルムでキノコ汁とお汁粉。そこから20分さらに上って田代山頂。こっちは、大型ゴンドラ。乗ろうとしたら、乗継のバスが来るのは2時間先だといわれる。ゴンドラは5分。いったい1時間55分も何していればいいの、ということで、乗るのはやめて引き返す。再びドラゴンドラで下山。苗場食堂がオープンしていた。迷わず向かう。聞けば、今年初めて秋に店を出したと言う。魚沼産コシヒカリの御飯にとろろ。うまい。歩いてボードウォークへ。ホワイト・ステージが意外に小さいのに驚く。ヘブンは印象が違うし、オレンジはただのサッカー場だった。再びボードウォークを逆走。フジ会期中はご法度だけれど。
ところ天国にかかる橋は、毎回設営されるらしくない。しかし、後で聞いたら、本当は今年渡れるように残しておいたのだが、集中豪雨で水があふれ、危険なのではずしたとのこと。それがなければ、フジの時のように、グリーンまでいけたのに、残念。苗場食堂の人に、苗場入り口まで送ってもらう。我々がフジローカ―だというと、よろこんでくれた。今年初めて営業したが、ものすごくお客が来て大変だったらしい。しかも、朝霧とかさなって人はいないし、てんてこ舞いだった。再び、越後湯沢へ。駅の構内が一大ショッピングゾーンになっている。新潟の名手が500円で試飲できるコーナーとか。娘が日本酒に目覚めて2合瓶のじょうぜんみずのごとし大吟醸を買う。妻は、風邪がわるくなったのか、耳が聞こえないととても不機嫌になる。

cauliflower at 09:19│Comments(0)TrackBack(0)妻・娘 | 観光

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。