あたらしい生活をはじめるふたり。若いっていいですね。一気呵成につくってしまう。

November 06, 2011

手術の日。年齢を考えると麻酔が怖い。

朝 パンドゥミ、ハム、レタス、ゆで卵、イチゴジャム、黒すぐりジャム/コーヒー(ケニア)
昼 カッパ巻き、お稲荷さん、太巻き、カップ麺の焼きそばを少しずつ/コーヒー(ケニア
夜 豆乳鍋(豆腐、つくね、鶏、白菜、えのき茸、人参、油揚げ)、明太子、ご飯/隆(燗酒)
ジェイムソン
曇り
8時30分起床。朝食。ミルゥの散歩。今日は手術をするので朝ご飯はなし。部屋の掃除。父のひげ剃り。13時すぎにミルゥちゃんをkitami動物病院へつれていく。先生がひとりの小さな動物病院。髪がもじゃもじゃで小さなからだ。ちょっとがじろうが入ってます。安定剤を打ってしばらくしたあと麻酔薬。右足に静脈を探すが、なかなかみつからない。妻が押さえて、僕がナゼる役。めくら撃ちしかないな、と言いながら再度試みるもダメ。いったん小休止し、筋肉注射に切り替える。これ痛いので、ガブッてやるかもしれないよと脅かすが、あっというまに終わる。ミルゥは東北出身だからか、とても我慢強い。そのあと、ベッドを移動して、こんどはガス。ミルゥちゃん、息を止めて我慢するも、しまいにとろっとして目を閉じる。やっと眠ったようだね、という。われわれは、ここで退散。あとは、執刀。先生にまかすしかない。いとうへ買い物。週末のこのパターンが定着しそうでイヤだ。父のプレゼントにあったかスリッパ。ショートブーツタイプ。明らかに女性用、でも父に履かせたらかわいかった。父も喜ぶ。本屋でえんてつさんも寄稿しているだんちゅう。ぽてさらの特集。げんだいしそうとべっさつとえんためを購入。なでしこりーぐのあいなっくとべれーざの1位2位直接対決。ぼくにとっては、かわすみといわぶちのFW 対決がたのしみ…。結果は、1対1のドロー。そして、その得点はかわすみといわぶちでした。ミルゥちゃんを迎えにいく。えぐり取った腫瘍(?)を見せてもらう。げんこつせんべいほどの大きさ。12針縫ったそうだが、服を着せられているので傷口は見えない。ミルゥちゃんはとびだして来たが、家に帰るとぐったりしてしまう。やはり、まだ麻酔が完全には抜けていないのだと思う。ミルゥちゃんにとっては大変な一日だった。


cauliflower at 18:33│Comments(0)TrackBack(0) ダイアリー | わんちゃんにゃんちゃん

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

あたらしい生活をはじめるふたり。若いっていいですね。一気呵成につくってしまう。