この年齢になると、人生ゲームが妙にリアリティをもってくる。出陣式で、結局午後仕事にならず。

January 04, 2012

フェルメール全点踏破の夢はかなうか。

朝 パンドゥミ(チーズ)、ハム、レタス、焼豚/コーヒー(ロースターブレンド)
昼 カップ麺(豚汁風うどん)
夜 カルボナーラ、グラタンコロッケ、茄子のサラダ/プレモル、白ワイン(一昨日の)
ジェイムソン
曇り
8時起床。カーネーションを見る。朝食。ミルゥ散歩は野川まで。中2階と風呂掃除。昨年末からフェルメールからのラブレター展を東京でやっている。3点きていて、そのうち「手紙を書く女」のみ未見。一度は足を運ばなければならない。いったい僕は何点見たのか、98年に7点来た時一度思い出しながらチェックしたことがある。それを思い出して、日記をひもといてみた。ありましたよ、ちゃんと。それを読むと17点見たことになっている。もう一度、朽木さんの新書をガイドにカウントしてみる。やはり17点だった。アムステルダム国立美術館とハーグのマウリッツハイス美術館で3点ずつ見たのが大きい。今度6月に来日する「真珠の耳飾りの少女」もハーグで見てしまった。さて、僕は、死ぬまでに全点踏破できるのだろうか、なんて思いを巡らせていたらお昼になってしまった。午後は、またお買い物。成城のコルティと石井。妻が、妹の誕生日のプレゼントを買う。毎年あげていると、何を贈ったか忘れてしまう。素敵なマフラーをしていて、妻が「それきれいだね、自分で編んだの?」といったら、「やだ、eriちゃんにもらったじゃん」と返答されたらしい。さんざんぱら迷って、編み込みのガウンにした。ミルゥの散歩の後、夕食を作る。僕は飲んじゃったので妻の運転につき合い、娘を家まで送る。



cauliflower at 23:35│Comments(0)TrackBack(0) アート | ダイアリー

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

この年齢になると、人生ゲームが妙にリアリティをもってくる。出陣式で、結局午後仕事にならず。