January 08, 2012

はじめて上った展望フロア。江の島からは遠く大島や鋸山が見えました。

朝 パン、ハム、レタス、目玉焼き/コーヒー(ニューイヤーブレンド)
昼 シラス&鯵のたたきの2色丼、味噌汁、漬物
夜 濃厚味噌鍋、キムチ、〆はバターとラーメン/プレモル
ジェイムソン
晴れ、曇り
7時50分起床。朝食。ミルゥの散歩。妻が洗濯を干し終わったところで出かける。今日は、江の島へ、娘とは片瀬江ノ島で待ち合わせることに。お互い12時2分着のはずが、彼女が先に来ていた。すぐに江の島まで歩く。途中江の島弁天橋から遊覧船で行くことも考えたが(ずっとむかしに乗った)、まずお昼を食べようと思ったので、そのままスルーして、例の食べログ(?!)で一躍人気店になったとびっちょ参道店へ。予想通り行列、90分待ちだって。次にヨットハーバー沿いの店のいくつかをみたが、こちらも行列。しかたなく、参道を登り、シラスパン(!)でちょっとお腹をもたす。江の島には3つある神社の一つ江島神社(中津宮)を軽くスルーしてエスカーに乗る。シーキャンドル入館料付きのセット券。八坂神社を通ってさらにエスカーで頂上へ。御岩屋通り沿いの「江之島亭」でお昼。僕は迷わずシラス丼。妻はシラスのかき揚げ丼、娘は江の島丼(こどくのぐるめにでてくるあれ)。妻曰く「かき揚げって一口目はいいんだけれど、飽きちゃうわよね、辛いし、くどいし」、まぁそうでしょうけど。江の島丼はアワビとサザエが入っているので、妻は卵とじの部分しか食べられない。岩屋も以前行ったのでパスして戻りサムエル・コッキング苑を散策。中心にそびえ立つシーキャンドルへ。エレベータで展望室と一つ上の階の野外展望フロアへ。360度の風景。千葉も伊豆も大島も丹沢もみ〜んな見えました。島に沢山いる猫たちをからからいつつ弁天通まで降りる。江の電駅へ続く通りにある珈琲屋に入る。制服を着た女性たちが働く、いわゆる珈琲専門店。カップが選べます、一杯一杯豆から挽いて心をこめて淹れますという。が、メリタでとても丁寧には見えない淹れ方。出された珈琲の苦いこと(といっても僕はホットチョコレート)。こういう店が一番嫌い。これならレトロの喫茶店のつくり置きしたものをゆきひらかなんかであたためて出された珈琲ならざる珈琲の方がよほどいい、と思う僕でした。というわけで、お参りもせず、えのすいにもいかず、シラス丼と展望塔だけの江の島小旅行。まぁ、そういうのもいいでしょう。夜は、はじめて買った濃厚味噌仕立て。〆はラーメン。美味しかったけど、妻は、すぐに〆をいれたがる。野菜、肉が煮えたら、それぞれ食べ切って、最後のスープ煮〆のラーメン。それがセオリーだと思うのに、みんな一緒くたになってしまった。マツケン(まだ子役)の「平清盛」第一回を見る。これは、面白くなりそうだ。

cauliflower at 23:30│Comments(0)TrackBack(0) | 妻・娘

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。