June 24, 2017

ミクロな世界をマクロ化して本当に面白いのか

レイコップが帰ってきてから初めてのゴミ捨て。
ハウスダストの塊のきめが細かくなった感じ。
よくぞこれだけ取ってくれたという感謝の気持ちでいっぱいになる。
録画したCafe Breakを見ながら、ダイソンでお掃除。
都美館で開催中のブリューゲル「バベルの塔」展を鑑賞。
40分待ちはいい方なのだろう。
しかし、よく引っ張ったなというのが正直な感想。
ボスが2点の他、同時代のネーデルランド派の作品も多数来ているが、
同展覧会の主役は「バベルの塔」
というかそれだけという展覧会だった。
しかも300倍にして高解像度の画像を展示する意味ははっきり言ってない。
芥子粒より小さい人間たちがあのサイズに収まっているからいいのであって、
それをあたかも顕微鏡で見る感じで、
「わ〜ちゃんと表情まで書き込まれている!」なんて喜ぶのはバカである。
双眼鏡で見ている人もいたが、もうあきれてものが言えない。
帰りにM.Le Bihanでパン、小田急地下でコロッケと寿司、母には牛肉弁当。


cauliflower at 23:20│Comments(0)TrackBack(0)妻・娘 | アート

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。