どんな温和な人でもキレる時はキレるのだタランチュラの屍2体発見

August 10, 2017

脳震盪のようなものではぜんぜんないですよ。でも、ロキソニンは効く。

朝一で慈恵医大。皮膚科で案の定かさぶたはがし。
この女医さん、これが楽しみだったみたい。
一枚きれいに剥がれるのかと思いきや、バラバラて丸まってるみたいできたない。
それを開けたピンセットが入っていたセロファン製のようなケースの上に並べていく。
なんかこの女医さん、やることがおかしい。
一昨日も昨夜も頭が痛いと伝えると、脳外科の先生にお手紙を書いてくれて、次にそっちへ回りなさいと。
さすがに脳外科は待って入る人も少ない。
自分の番が来る前に、看護師さんが血圧を測ってくれたが、その直後にドカーンという音。
直下型の地震。妻にメールすると、やはり揺れたとのこと。千葉の北で震度3。
脳外科は若い男の先生。救急で診てもらった時のCTの画像データをみながら、話は聞いてくれたが、おそらく大したことはないだろう、偏頭痛のようなものかもしれない。
ベッドに頭を打った時に脳震盪をおこした可能性もあると。
抗生物質はやめて、別の塗り薬をもらう。脳外科では、ロキソニンをくれる。
毎食後に飲んでもかまわないようなことを言う。
帰宅して本日は自宅作業。妻が買ってきたワンコイン弁当のあとさっそくロキソニンを飲む。
インタビュー原稿3本とゆうこりんの原稿チェック。
解体業者が来宅。スチール本棚を廃棄してくれるとのこと。
庭の大きな石もみんな持って行ってくれるそうな。4tトラックで4万くらいらしい。
解体費の見積もり120万は、アキュラの予算とほぼ同額。ちょっと関心。
仮住まいヘ行って2度目のバルサン。
田中さんの質問項目作り。ハッシーから締め切りは17時とメールがきたが、ごめんなさいで、21時にしてもらう。結局21:30に送る。
ツイピークス後半30分を見る。キング・クリムゾンのライブも少し見る。


cauliflower at 23:41│Comments(0) 病気 | ロック

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

どんな温和な人でもキレる時はキレるのだタランチュラの屍2体発見