現場再始動予想もしない方向へ発展しそうな気配

September 03, 2017

これもアルチンボルド・イフェクト?

洋間のTVがダイニングからは見えない配置になっている。
日曜美術館を見ながらの朝食は、年末まで諦めなければならない。
いつものように週末午前中のルーティンをこなす。
FURUYA家から、ぶどうが届く。さっそく開封すると、マスカットが箱にいっぱい。
ヘインが書庫の件で来宅。池袋の工場スペースは広い。
1日15000円で三郷にも予備の工場を確保したとのこと。
でも、近くにあればいいなと狛江で賃貸の土地をさがしたいと言っている。
帰りがけに「ぶどう持っていく?」と言うと目の色が変わる。ヘインがそんなにぶどう好きとは。
ワイン好きが嵩じてぶどう好きになったのだろう。
午後上野へ。アルチンボルド展。
澁澤龍彦の影響で、アルチンボルドは奇想の画家と刷り込まれていた。
しかし、いざ本物と対峙してみると、じつにまっとうな絵描きさんだということがわかった。
あえていうならば博物学者でありナチュラルヒストリー系のイラストレーター。
フンボルトかキュビエ、もしくはアルチンボルド、というところか。
グッズ類のなかに、アルチンボルドの花の絵を模ったフェイパックがあって笑った。
3Dの「四季」というのもありました。
新宿でパンと駅弁。妻が選んだ深川めしは、なぜか母のもとに。
結局お腹の調子が悪くなって冷蔵庫へ。
ぼくのは、かぎりなくそぼろに近い親子丼。

cauliflower at 23:55│Comments(0) アート | 妻・娘

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

現場再始動予想もしない方向へ発展しそうな気配