はじめで最後の地鎮祭に施主として参列1976年の女装

September 11, 2017

現代の名工、レンズ研磨技術に驚嘆

新宿からあずさ11号で岡山まで。newmanでお弁当。あの深川めしを購入。
居眠りしながら、小諸に着く前に昼食タイム。電車が5分以上遅れていたので、上諏訪で乗り遅れるんじゃないかとゆうこりんが心配したが、特急が先に走らないと各駅は発車しないとわかる。
岡谷で飯田線に乗り換えて羽場駅下車。tanakaさんと合流。
畑道を歩くこと15分目的の長野オリンパスの工場。聞くと駐車場が5つつ。ほぼ満車状態。
我々のように電車を使って徒歩で出社する従業員は皆無らしい。
Fujitaさんと合流し、工業顕微鏡のヒアリング。そのあと、生物顕微鏡の製造工場の見学。
レンズ研磨技術を中心に、最新のバイオイメージングシステムまで。
とにかく対物レンズ。その製造過程も完成品も度肝を抜かれた感じ。
レンズを磨きながら哲学をしたスピノザはすごいと思ったけれど、現代のスピノザはもっとすごいことがわかった。
17時過ぎまで一通り駆け足で見て回る。
同じ旅程を引き返す。岡谷で特急券購入。助六と真澄2合瓶をもちこんで、発車と同時に飲み始める。
太巻きは余分だった。
ゆうこりんはほぼ爆睡状態。tanakaさんが八王子で降りたことに気がつかなかった様子。
彼女は立川で下車。
ぼくは新宿経由で帰宅。
藤圭子をYouTubeで見まくる。



cauliflower at 00:07│Comments(0) 仕事 | 歌謡曲

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

はじめで最後の地鎮祭に施主として参列1976年の女装