棟上げの日週をまたいでたこ焼き

November 02, 2017

対談とパッサージュのような天神さん

現場を見て、新幹線で大阪へ。お昼は車内でシュウマイ弁当。
グランヴィアは駅と直結していて便利。
さかもっちゃんとフロントで待ちあわせ。3人で25階へ行くと、客室がたくさんあるではないか。
スイートは一つ。デイユースのため、寝室などは開かないようになっている。
コーヒーは無料だが、誰も使ったことがないコーヒーメーカー。
温度、濃さ、どれをとってもうまくいかない。
ルームサービスを頼もうとしたら、夜以外はだめみたい。
ほぼ定刻に対談者は集まる。さっそく対談。仕事と家族の今。くわえて、それらと夜の関係をむすびつける。いささか強引と正直にいうと、本当にそうですね、的な反応。
ふたりともお笑いの人に似ていた。対談終了後おはつ天神通へ。
5時に入れる店に入って、周囲に人がくるのをまつ。ワインを一本あけて、最後にビールを飲む。
串揚げなどいろいろ頼んでいるうちに人が集まりだす。
われわれの入ったワインの店は、カップル2組以外すべて女子会。
お初天神のこの路地には、ワインバーの他に居酒屋やらトラットリアなどがいい感じで並んでいる。
おしゃれなみせもあるが、昭和な店もある。
特徴は、どの店も路面側にテーブル席があって、ストリートが賑わっているところ。
パリのパッサージュのカレー屋街のような雰囲気。
ちょっとこれまで見たことのないタイプ。案の定、プロデューサーがいた。
お店も多様だが、客も老弱男女いろいろ。
お父さんに連れられてやってきたと思しき小学生男子もいた。
グラビアにふさわしい写真が撮れた。
帰りの新幹線では、さかもっちゃんとずっと話していて、ゆうこりんにあきれられる。

cauliflower at 23:36│Comments(0) 仕事 | まち歩き

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

棟上げの日週をまたいでたこ焼き