納戸の奥のそのまた奥のクイジナート家族とお正月、幸せなり

December 31, 2017

大晦日、今年もよく働いた

休みの日のルーティンの前半。10時になったので、まずshimizuyaさんへ。
例年通りテントが張られていて、未成年と思しき女子2名と小学生男子1名が対応中。
年越しそばと天ぷらの追加ができるかと尋ねるとOKと、よかった。
妻とくるまでほしのへ。おせちのピックアップ。すでに店先には何人か並んで待っていた。
妻曰く、ほとんどが常連さん。お店の常連さんなのかおせちのじょうれんさんなのかはわからない。
帰宅後すぐに白い2段重をあけてみる。
中央の大きな伊勢海老を囲んで、数の子やかまぼこ、いくらなどのおせちの定番が並んでいる。
シンプルでほっとする感じ。でも、これは3人分ですね。
昨日積んでおいたのでタイヤやかたへ。冬タイヤと交換。作業を待ちながらスピノザを読む。
灯油を入れに行く。また、少し上がった。お昼用にセブンで肉まんと豚まん&唐揚げ。
ルーティンの後半戦。ついでに風呂洗いも。自転車でプリント用の紙を買いに行く。
そこで、年越しそばをピックアップしにいく。
shimizuyaさんのお店の前にはお店で食べる人が並んでいる。テントの前にも数名。
スピノザの解説の続きを読む。ほんとうに自分でも驚くほど胸に落ちてくる。
娘夫婦が来宅。写真撮った新居のクロスなどを見せると二人は喜ぶ。
女の子バージョンにしたところはちょっと後悔していたみたいだけど。
娘の夫が面白いチーズとスモーク、グルメ缶詰を買ってきたので、ワインを飲もうとしたのに、コルクスクリューがない。自転車飛ばして買いに行くがどこにもない。結局数年前ど同じで酒屋にもらう。
夕餉は、年越しそば。もちろんか寒いのでみんな汁蕎麦にする。
くるまで送って行って、風呂上りにおすぎの原稿を読む。
紅白のアムロちゃんを見る。デビュー25周年ってすごくないですか。もう子供は二十歳過ぎですよ。


cauliflower at 00:50│Comments(0) イベント | グルメ

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

納戸の奥のそのまた奥のクイジナート家族とお正月、幸せなり