10分か180分か花まつりの甘茶はお寺によってだいぶ違う

April 07, 2018

やっちまったメールとお祝いコメント

土曜日のルーティン。風呂も洗いました。FBにおめでとうコメント。
たとえある限られた分野とはいえベストセラーは嬉しい。
Macを立ち上げると、kashiwabata先生よりさっそくメールがとどく。
おっやったと思い、勇んで開けるとあらららっなんじゃこりゃ、飛んだ失態。
すごく丁寧なご返事たったのだけれど、寄稿はできないという内容。
というか私ではないこのメールのお相手に、どうぞ依頼をしてくださいというのだ。
メール相手は間違っていなかったのだけれど、依頼内容の文面を読む限り、kawabata先生ではない。
つまり、想定していなかった依頼文を送ってしまったのだ。
まず、引き受けてくれた二人の先生に快諾のお礼メール。次に、発行元へ、取材希望日を告げる。
ライターとカメラマンにも同様のメールを送る。oinさんから、ポートレイトが小さすぎるので、すぐに再送してもらう。
鼎談のチェックがきた。
あれだけ加筆はダメよといっといたのに、ものすごい加筆。
いくら同い年の女流建築家といってもねぇ。
妻と、horiguchi。自宅用と会社用を購入。そのあと、ベトナム料理店。二人ともカレー。
ここのキーマはとろっとしている。チーズ入りナンはおいしいけど、ボリュームが。
帰宅して、鼎談の整理。夕餉は、肉豆腐とカブの煮浸し。
やっとこさyukorinから原稿が上がってきた。kashiwabata先生に再度依頼メール。
あと、windowsからだと送れないメールが、macからだと送れるのはなぜ?
女子W杯最終予選、vsベトナムを見る。

cauliflower at 23:15│Comments(0) スポーツ | TV

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

10分か180分か花まつりの甘茶はお寺によってだいぶ違う