やっちまったメールとお祝いコメントまずなにより、校正することにした

April 08, 2018

花まつりの甘茶はお寺によってだいぶ違う

本当はゆっくり寝ているつもりだったけれど、目が覚めてしまった。
妻も珍しく僕より先に起きたし。
朝食後、日曜日のルーティン。メールを立ち上げると、sato先生から快諾の返信がきていた。
先生へはTからDがずっと送られていて、センスのいい雑誌とお褒めの言葉をいただいた。
すぐに月曜日に日程調整をする旨をメールする。昨夜送られてきたyukorinの原稿を読む。
そうとう苦労しもがいた形跡があるが、それだけのことはあっていい原稿になっていた。
コメントを返信する。
atsukoさまから、シャンパーニュ3本が届く。新築祝いに来たいというサインか。
fuliくんの父母が来宅。駅で待ち合わせてshimizuyaで会食をし、その後来宅。
結婚の報告で日比谷でお会いして以来だ。妻は、水天宮に一緒に行った時に会っている。
コーヒーを淹れてサーブする。父母は歩いてseijoに行きたいというので、娘夫婦も送りがてら同行したらしい。
今日は花まつり。はじめてお寺を訪ねる。自転車で、世田谷のお寺を3つ巡る。お釈迦さまに柄杓で甘茶をかける。着飾った象に乗ったお釈迦さんもあった。
はじめて動く巨大お釈迦さまを仰ぎ見た。
祖師谷のkinashiのそばのパン屋さん。何も買わないで見るだけと言いながら、店に入ったら最後買わないわけにはいかない。夜、ワインを飲もうと思って、つまみ用にドライトマトの入ったパンなどを買う。
kaldiでデイリーワイン、seijoishiiでおかず、薬局で制汗剤など。
帰宅すると娘夫婦も帰宅。母も一緒に、父母からの手土産の和菓子をいただく。
夕餉の前に、パンと焼き空豆をつまみにワイン。夕餉は、肉野菜炒めと春さめのチャプチェ、玉ねぎとほうれん草の味噌汁。せごどんを見るが、大半寝ていた。



cauliflower at 23:13│Comments(0) まち歩き | 妻・娘

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

やっちまったメールとお祝いコメントまずなにより、校正することにした