自宅でおにぎりという幸福接続詞って、やっぱりひらいたほうがいいと思う

April 15, 2018

3ヶ月点検の日。

9時前まで寝ている。母は、すでに起きて朝食を食べていた。
聞くと6時から俳句の番組をやっていて、それを見るために日曜日は早起きするのだという。
いつもの朝食+キウイ。少し酸っぱかったが久しぶりで美味しかった。
日曜日のルーティン。fuliくんがマックへ。照り焼きとポテトを食べ終わるやいなやAQUのモーリーさん来社。今後、メンテナンスを含めて、家守りはモーリーさんが窓口になるという。
3ヶ月点検で、我が家を見て回る。各部屋に設置されている換気扇が、一度も作動していなかったことが判明。引き渡しの際に、ちゃんと説明を受けていなかったらしい。
母の居室も換気ができていれば、乾燥も少し緩和されていたかもしれない。
内部を一通り見てから、外回り。汚水用のパイプの一つが仮止めの蓋になっていたことがわかる。
追加工事の物干しラックは、緩んでいたのではなく、ちゃんとはまっていなかった。
説明書が本体に貼り付けてあったが、ふたりとも老眼で読めなかったのだ。
最後に、撮影した記録写真をPCで確認する。sato先生の質問シートを作成、Dへ送る。
ビール飲みながら夕餉を手伝う。金目鯛の煮付け。春菊の白和え、きゅうりもみ、じゃがいもの味噌汁←妻のをこぼしてしまう。昨日の続きで、学生の自己紹介を聞き直し、メモをつくる。

cauliflower at 17:56│Comments(0) 家づくり | 妻・娘

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

自宅でおにぎりという幸福接続詞って、やっぱりひらいたほうがいいと思う