ウールのパンツと明太子のパスタクールな睡眠生活を目指して

April 29, 2018

komaeでクラシックの祭典

はながそとへ出てしまう。母が網戸にしたから。それは、べつにいいので、ドアを締めればいいのだ。
いつもいつもそれ、2時間後となりのyasudaさんちにいたのを妻がつかまえる。
日曜日のルーティン。そのあと太陽という名の動物病院へ。
昨夜緊急入院したにゃんさん。検査結果を聞く。白血球の値が異常。たんぱくと鮮血。
左手は少し伸びるようになったけれど、相変わらず食欲はなく、元気もない。
レントゲン写真を見ると骨や内臓はいずれも異常なところはない。
ただ、みぞおちのあたりにへんな影がある。なんかこぶのようにも見えるが、特定はできない。
ベッドマットに挟まれたとことと因果関係があるかはわからない。
歯槽膿漏もそんなにひどくはないし、これも直接の関係があるのかないのかやはり不明。
結局、大きな病院で、MRIなりCTを含む検査をしてもらう方向で治療計画。
自宅にとんぼ返り。すぐにラ・フォル・ジュルネTOKYO2018 プレフェス・ア・コマエへ。
ヴァイオリンとピアノデュオとチェロのソロ。2公演の間に、屋台村で、ビーフステーキとお好み焼きと鶏天と赤ワイン。そのあと向ケ丘のパン屋さん。
また、たくさん買ってしまいました。妻は、そのまま帰宅。ぼくは、2公演目。
演奏者自身が、こんなにお客さんがきてくれるなんてと驚き、アンコールは鳥の歌。
水を撒く。夕餉は、スペアリブとだいこん。もやし炒め、もやしの味噌汁。ごはんは、明太子。














cauliflower at 01:19│Comments(0) クラシック | 妻・娘

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

ウールのパンツと明太子のパスタクールな睡眠生活を目指して