うちの前でドラマの撮影都会の真ん中のミツバチプロジェクト

May 28, 2018

一の傳の蔵味噌漬け金目鯛を長野の銘酒舞姫純米吟醸でいただく

寝ている律くんに挨拶してでかける。日課になりそうだ。事務所についてらうものをもらう。たまったメールの整理。自宅作業をするとこれが大仕事。金曜日に送られたきたsatoさんの2稿とhoriuch先生の1稿チェック戻しと金に送ったdoi先生の1稿チェック戻し。まとめて整理して、それぞれの先生へ送る。satoさんのは、タイトル・リード・プロフィールをつくる。どの部分を抜き出してリードにしようか原稿を読みながら考えていたが、どうもいいアイデアがうかばない。もう一度最初から読んで見ると、ディテールが甘いことに気がついた。手前味噌ながら案外doi先生のがいい。horiuch先生のは、少しわかりにくいが、最初にもってくるにはいいかもしれない。お昼はオリジンで焼うどん。おちよさんも一緒。再び原稿と格闘だが、困ったことに猛烈に睡魔。今度は睡魔と格闘しつつの読解だ。olyのチェックやメールをやりつつ、気がつくと20時。帰宅。律くんがリビングで寝かされていた。この前母のところへ送られてきた一の傳の蔵味噌漬け金目鯛厚揚げと小松菜の煮浸し。日曜日に買った舞姫常温でいただく。
美味しかった。



cauliflower at 00:05│Comments(0) グルメ | 仕事

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

うちの前でドラマの撮影都会の真ん中のミツバチプロジェクト