我々は「見える化」をしていたのだベビーカーの新車をゲット

June 01, 2018

芸能人追っかけ人

朝食後の家事を終えて、BDとDVDをチラ見しつつチェック。ロシェフェールの恋人、マンマミーア、レ・ミゼラブルを見つけ出す。ところが肝心のララランドが見当たらない。さてどうしようと思っていたら、なつがパッケージを持っていたので借りて、すぐ見ると、例のオープニングの高速道路のシーンのメイキングもあるではないか、聞いてみるものだ。16:30に出る。着いてまず独研事務室へ行きGSの招請の手続きと学外講義の申請。出張費の手続きがあるので用紙をもらって、後日一緒に渡すことに。
大量にコピーし、教室へ。先週就活で休んだ女子にレポートの詳細を教示する。今日は出足が遅い。
8人ほどきたところで始める。今日は、まず学外のタウンサーベイについて。なぜshimokitaか。演劇祭、音楽祭、映画祭と3つも大きなエンタメ祭をもつ町は、ここしかないんじゃないか。その他町の特徴とか
最後はジェイコブスで締める。そのあと、らららんどとロシュフォールの恋人のオープニングを見る。デイミアン・チャゼル監督は、じつはジャック・ドゥミ監督、カトリーヌ・ドヌーヴ、フランソワーズ・ドルレアック主演のこの映画に影響されたというので、比較してみた。川を渡って歌い踊りながら上陸し、その音楽が主題歌となるところは、たしかに似ている。しかし、第一印象は、なんとなくゆるいところかな。これをフレンチっぽいというのだろうか。終了後、学生二人とスパイスの店で食事。泡一杯と赤ワイン(テンプラニーリョ)2杯。ひとりの女性は、saijohidekiの葬式に行ったとのこと。また、芸能人の御宅拝見を自腹でやる人。最近、浅草に狭小住宅を建てて、なんと風呂がベランダにある(?!)。やたら地名に詳しいと思ったら、地図会社にお勤めだった。sakuraisho見たさにリオへ行くような人だし、話題豊富な人だった。kiuchiさんは、「kissできる餃子」公開日の舞台挨拶に参加するとのこと。クラウドファンディングで出資を募り、製作委員会に名を連ねる地元企業にお勤めだという。





cauliflower at 13:14│Comments(0) 講義 | 映画

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

我々は「見える化」をしていたのだベビーカーの新車をゲット