今年2度目のビルボード・ライブ詣ヴィジュアルメインのクロニクルをつくる

June 05, 2018

植木屋さんの知識は本物だ

自宅作業の1日。お昼は妻が狛江のおかずパンを買って来る。ナポリタンとメンチの入ったコッペパン。
りつくんの寝顔を眺めながら、3世代で共食。昨夜きたdanの全ページからdoi先生のページを抜き出し、本文とサブテキストのはみ出しを削除する。両者とも、頭と頭に近いところをカットする。インタビューは、頭に近いところでややだぶつきがあったので、ちょうど良かった。妻はスポーツ。その間に植木屋さんが木の様子を見にきた。だいこんくんは伸びすぎているから、下の方を2/3残し上部を切ってしまえといったが、植木屋さんは、せっかくだから残して、少し風通しがよくなるくらいに切るのがよいという。やはり、専門家の意見を尊重しよう。もみじは、大きな鉢に植え替えて、ベランダにでもおいてはどうかと提案。なるほど傾聴に値するアイデアだ。玄関のオリーブは、やはりかなり危ない状態らしい。ただ肥料など入れてもしょうがないので、あまり何もしないで見守っているのがいいとのこと。水撒きは、夕方だけで、週に2度ほどたっぷりあげるのがよし。あまり甘やかすのは禁物だって。いろいろ教えてもらった。娘が買い物に行った間りつくんをぼくのベットで預かる。20分ぐらいしたところで、泣き出しぐずる。夕食は、レトルトのカレーとピーマンの蒸し焼き。夜、また仕事の続き。



cauliflower at 00:14│Comments(0)  | 庭づくり

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

今年2度目のビルボード・ライブ詣ヴィジュアルメインのクロニクルをつくる