ヴィジュアルメインのクロニクルをつくるアニメが日本の映画をささえている現状

June 07, 2018

美瑛の白アスパラが自転車に乗ってやってきた

自宅作業。beforeを仕上げる。予定では、15時までに終えて、afterにとりかかるはずだった。来客があってそれはムリになりました。来客とは、北海道美瑛の白アスパラとグリーンアスパラをとどけてくれたはっとさんでした。昨年はぼくのいない時にいらしたので、妻が受け取っただけだった。今年は、たまたま自宅にいたので、我が家に上がってもらい、コーヒーを振る舞いました。45年前、いや実際に同じクラスだった時から数えると50年前になるけれど、まさか彼女がぼくの家に上がる時がくるなんて、想像もしなかった。感無量ですな。覚東の停留所で、チョコをもらった日のことをいまでも鮮明に覚えている。さんばんかんにも参加してもらっていたし。懐かしいという感じではなく、もちろん新鮮とも違う。なんとも形容しがたい感じだ。還暦を過ぎてすでに3年が経とうとしている。還暦の年にやった同期会で何十年ぶりに再会したわけだけど、その時の思いは薄れ、むしろ、ずっと友だちだったような気さえしてきた。はっとさんの妹さんが江ノ島線の長後(?)にお住まい。夫が農家のせがれで今はそれを継いだのだそうだ。ブルーベリーの摘み取りもやっていて、ブルベリーのジャムをつくってアイスと一緒に食べられるカフェもやっているとのこと。そのカフェ、プレハヴで、それこそ組み立てられた小屋をクレーンで吊り上げ桁だ設置しただけだという。でもすごくかわいいおもちゃの家のようでした。その白アスパラは、妻が茹でてくれた。これがまた美味いのなんの。はじめ何もつけづにそのまま食べた。それはそれで旨かったが、塩を少し降ったら、甘みがにじみ出てきて、なお美味かった。


cauliflower at 22:47│Comments(0) グルメ | 同級生

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

ヴィジュアルメインのクロニクルをつくるアニメが日本の映画をささえている現状