京都滞在3時間二人は、ある意味対極にいるプロデューサーだ

July 05, 2018

自分のメアドに何10Mのデータを送ってはいけません

三省堂による。品川周辺の町歩きガイドが載っている散歩ものを物色。けっこうあるものだ。建築系のイラストがいかにもという図鑑も。しかし、さよちゃんのイラストだって負けちゃいません。きっと面白い連載になるだろう。漫画で読む音楽理論なんてのも買ってしまった。あと、歌劇もね。事務所について、olyの資料をチェック。このまま、左から右へとはいかなかった。でも、社内報とか思いの外かっこいい。写真機のメーカーだったんだもの、当たり前か。某有名カメラマンが作品を発表するグラフ誌なども発行していた。パスタでランチ。インゲンとフレッシュトマトのオイルパスタ。帰りに、日曜日の予約をする。16:30スタートで破格の一人2500円ワンドリンク付き。これで店は2回転できるので、採算はどにかとれるらしい、ほんとうに? 資料の整理とスキャニング。2p分を一つのホルダーに入れたら、パンクしたらしい。それもそのはず、メールで送るのに、圧縮かけてないんだもん。1点づつふぁいるにしてセーブしないとダメみたい。明日の仕事にすることに。帰宅するとりつくんが寝ている。すぐにもかまいたかったが、まず、お手てを洗わねば、ところがどっこい、世間はそれをゆるしてくれないのだ。はなちゃんがうんち。やれやれ、あやつはおれをなめてんのか。まあ、ひとしごとして、ようやくかまう。また表情が豊かになった感じ。泣きべそ一歩手前の顔がまたいい。あかちゃんという存在は特だ。どんなに泣いても許されてしまう。夕餉は、春雨麻婆茄子。きゅうりもみ、大きなつくね団子のはいったお吸い物。本日のご飯は、少しぱさぱさしていて、僕好み。こういう硬めのご飯が好きなのだよ。食後またかまう。妻に先に風呂に入ってもらう。すると、こんどはぐずり出した。抱くと一寸泣き止むのだが、すぐにまたぐずる。キッチンの片付けをしつつ、その合間にあやし、布団に寝かす。これを数度繰り返していると、今度はママが風呂からあがってくる。妻がでたこともあって、ママはお休みを告げてりつと一緒に2階へ帰る。ようやく、僕の番。終い湯だ。


cauliflower at 00:08│Comments(0) 仕事 | 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

京都滞在3時間二人は、ある意味対極にいるプロデューサーだ