夏の定番は発泡性のワイン目下夏仕様の帽子が行方不明

July 15, 2018

毎年開催の同期会に参加

おきてすぐに、水撒きをする。日曜日のルーティン。昨日はぼくの布団を干したので、今日は妻のを干す。メールの反応が遅い。ライティングもスムースにいかない。なんかどもるような感じ。2万通も溜め込んでいるからと思い、削除の作業を始める。本当にしょもないメールをよくも溜め込んだものだと我ながら呆れる。12:20頃出る。登戸のガードをくぐってというところでつまづく。階段を降りきったら、その左横を反対方向にまっすぐにいく、とかの方がよくないか。ともあれ、ほんとうにこっちかと不安ながら歩くと、柏屋という大きな看板がビルの屋根にかかっていた。すでに幹事さんの何人かは来ていた。ざわちんは実家から来たと言っていた。おとうさまが食事がまずいというので、今日は実家にとまらるらしい。toikawaさんは、総合司会だった。写真をもらったりしていると、あまのっちゃん、わか、裕子さんなどがくる。ゴリからメール。熱中病の疑いもあるので本日欠席。歓談の後一人づつ近況報告。sugiさんの娘さんは総合格闘技の選手とのことで、さっそくググってみたら出てきました。綺麗な娘さん、でも格闘家。katoriくんが声をかけて来た。背の順で二人とも前だったから気があったのか。くわから電話、まよったらしい。看板をさがしてといったら、みつけたみたい。食事は、まあまあ。鮎の塩焼きは多摩川で取れたのと女性にきくと、ちがいますときっぱり。寿司とそばが出た。もっぱらビールとワイン。散会の後、狛江へ移動。D組だかが予約していた大庄水産に追加4名。くわのちちもみのはなしから、じつはおれもとあかしたのはあまのっち。いわさきくんに手を掴まれて、そのままマヤさんの胸へ。だから、自分からやったんじゃないと強調するが、あのふっくらした感触は、今でも忘れられないと、何やら自慢そうに語る。でも、人数でいうとくわは3人でくわの勝ちだ。わかがいうのは、海外でオンナをつくった場合の手口を教示してもらう。刺身も枝豆も美味かった。ここでは、ずっとハイボール。そんなたわいもないことをはなしているうちに、18:00になり解散。帰りに、喜多見でシーブリーズを買って帰宅。夕餉は、ちらし寿司と刺身。中落ちがうまかった。


cauliflower at 23:25│Comments(0) イベント 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

夏の定番は発泡性のワイン目下夏仕様の帽子が行方不明