目下夏仕様の帽子が行方不明一生に一度あるかどうかの最前列!!

July 17, 2018

風呂の湯が沸かない

本日は、事務所で仕事。コリン星人とランチ。hirosaki に法事で帰っていたが、叔母が軽い認知症の疑い。なかのよい近所の女性が、通帳を持ち出したとか。真実をつきつめたくても思うようにはいかない。今後こういうことは頻繁に起こるようになる。おすぎの原稿を改めて読むと、本文に組み込んだMr.Sekiの修正加筆がイキなのか削除なのか判然としない。どうやら、全体が同じようなはっきりしない原稿になっている。先ほど出したメールの返事がないので、思い切って電話をするが出ない。また宙づり状態。dnpからはMr.tanaさんの図版材料がそろったのでレイアウトへ回してほしいというメール。機械的にコリン星人に転送する。夕方近くにきたハッシーの再注文に応える。なんか釈然としないけれど、予備候補者を追加するのはわけないから、とりいそぎそれを片付けて、本日は店じまい。久しぶりにひとり夕飯。その時事件は起こった。母が風呂に入ると、風呂のお湯はりができていないのだ。途中までで、「お湯がわきました」のアナウンス。いろいろためしてみる。AQの緊急サービスに電話をする。ブレーカーを落としてみましたか、というので、さっそく試してみる。玄関横の棚の上なので、さんかくはしごに乗って試してみたが。状態に変化なし。外の給湯器のコンセントをはずしてみましたか、と言われたけれど、その所在が分からず、今日の探索は終了。結局、ぼくも妻もシャワーで我慢する。そもそもキッチンのお湯も、シャワーもでるのにお風呂の湯だけが沸かない。電気系統か給水関係か。明日に持ち越すことに。寝る前に鶴瓶の続きで赤ちゃん研究の番組を見てしまう。やはり外国人の赤ちゃんは、育ち方が違うように思う。気が付くと寝ていたので、床につくことに。

cauliflower at 15:20│Comments(0) 母親 | アクシデント

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

目下夏仕様の帽子が行方不明一生に一度あるかどうかの最前列!!