一年空いたので、なんか新鮮なFRFディランはロックンローラー

July 28, 2018

4万人に一人で挑むラマー

半分、青い。をみてから、朝食。オーロラのバイキング。和食をメインに、てんこ盛りになってしまった。でも、いつものように妻の方がmore。テイクアウトのコーヒーを持って部屋へ。ルームクリーニングの女性に、ベッドセッティングをしてほしいというと、嫌そうな顔。しぶしぶやりました、という感じ。これは、マイナスポイント。クレーム出しちゃうぞ。昼すぎに出発。天気はよく、暑い。会場について、さてどこに行こうか。色々迷った末ヘブンへ。Rancho Aparteのライブは始まっていた。コロンビアのクンビア。ブラスが入っていて、とにかく陽気。というよりも、陽気すぎる。チェァに座って見ていると、やがて眠くなる。強い日差しの下で、激しすぎるリズム。眠くなりますよ。終了をまたずオレンジへ。アンフェア・グラウンドのRANS・KAMAKURA。鎌倉バーガーのブース。黒毛和牛と鎌倉野菜とバンズも美味しい。中央に大きなテントがあって、その日陰で食べました。さてそのあとどこへ行こうか。Superorganismを見にレッドへ行ったが、正面はすでに観客が溢れているので、横から入ろうと苗場食度を進む。ところが、こっちもいっぱい。諦めて、ふたたびヘブンの方へ。ヘブンからアバロンを通ってホワイトへ向かう途中につくられたニュー・ボード・ウォーク。その横に、日陰空間。切り株もたくさんあって、そこで、くるくるソーセージとクリームスープ。ルヴァンのハニー付きパンを食べる。そのあと、レッドへ。MGMTを見る。5年ぶりのニューアルバムをもって参戦。でっかいキャラクターの人形とギリシャ風コラムが2本。なんかチープだなと思っていたが、演奏はとても良かった。エレクトロニックとポップ。観客席からは見えなかったが、一人はエアロバイクに乗っての演奏だった。アンコーもやってくれました。その間屋根の下に空いた窓から時折激しい雨水。終了後すぐにグリーンへ。本日のヘッドライナー、ケンドリック・ラマー。ステージの背後に大スクリーン。これまでのPBで作られた映像を大写し。炎上するクルマ、闘争シーン、野犬など政治的メッセージを強く打ち出す。たった一人のラッパーが、4万人を相手に歌いきる。なにより、その存在感と説得力。さすが、世界に影響を与える100人にはいるだけはある。雨は小降りになったので、妻も足が痛いというので、終了前に引き上げる。ところで、その前に出たSKRILLIXは、with Y0shikiだった。雨が激しくて、ジョバくんテント張り大丈夫かなと心配すると、大丈夫だった。帰りのクルマの運転でいつものようにもめました。



cauliflower at 11:05│Comments(0) ブラックミュージック | イベント

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

一年空いたので、なんか新鮮なFRFディランはロックンローラー