朝一でUターン。蕎麦屋で呑む。

September 20, 2018

神宮球場の前の日本青年館ホールで観劇

本日も自宅作業。というか昨日の続きをやりきってしまおうと思って。もしかしたら昼超えるかもと思ってやり始めたのだが、やはり予想は的中。結局終わって見たら16:00。もう一度よみなおすはずが、それもままならずハッシーに送ってしまった。さあ出かけようと思ったら、とみちゃんから声がかかる。TV台のうしろに半紙だかを落としてしまったから見てほしいと。台をどかしてみたがなにもなかった。枯葉が落ちていた。新装なった日本青年館ホールで星組公演。中国で大人気の布袋人形劇サンダーボルト・ファンタジーのステージもの。さゆみはそっくりだと評判のようだが、人形劇を見ていないので、よくわからない。二階席のエントランスに、実際の人形が展示されていて、みなさん盛んにパチパチしていた。僕も便乗。二階D44からは、舞台はすべて見下ろせるが、斜度がかえってキツ過ぎる感じはした。傘を誤って前の席に落としてしまったら、取れなくてなってしまった。前の席の女性にとってもらいました。お芝居は、新しい試みで面白いのだけれど、テンポがゆっくり。アニメと違って、剣劇だけど、オリジナルは人形劇。案外このゆっくりさ加減じつはいいのかもしれない。それはそれとして、始まった途端に眠くなったのには閉口した。休憩30分はさんで、第ニ部は、killer rouge。じつはこの作品7月に見た公演の再演。この後台湾公演でも上演される予定なので、その稽古の意味もあるのか、中国仕様になっていた。ただパレードの前に、あいりとまこっちゃんを相手にさゆみの長いアドリブ。さゆみもスカートで、客席誘導役。パレードは、大階段こそ小振りになってはいたが、そこはヅカ。たっぷり楽しませてもらいました。なんか込み上げるものがあって、僕はあらためてヅカが本気で好きなんだなと思いました。

cauliflower at 00:54│Comments(0) ヅカ | 原稿書き

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

朝一でUターン。蕎麦屋で呑む。