beforeで始まりafterで終わった連休ミクロなスペースが光を放っていた新宿

October 09, 2018

重要ミッション、これにて一件落着

大腸がん検査2日目。朝食とシスターズにごはんとトイレ掃除の後そいつをもってkashiwadaさんへ。りつに挨拶して事務所。すいかんであげる。ハッシーからメール。ほとんど朱がなかった。締め切りが押しているのはわかっていたから、会え何も言うまいと決めたのだろうか。なんであれ、入稿しちゃったので、よかった。またしてもPCが立ち上がらない。キャプスロックが点滅するだけ。バッテリーをはずして、しばらくおいて再起動。これで立ち上がる。さっそくDanの入稿見本全ページをプリントアウト。ちょうどおすぎが来社。すぐに素読みをやってもらう。下段の引用の誤字脱字の朱をいれた控えが出て来たので、おすぎに証拠として提出。連休が開けてしまって、もう残りなしではないかと心配したが、ちゃんと3席残っていた。JALだけどRAKUTENトラベルでぼくが予約をする。3人分で別府温泉。ぼくが勝手にとったのではなく、あくまでもクライアントの希望であることを、みんなに告げる。1年ぶりかタイ料理。グリーンカレー。味は落ちてないし、店員さんの態度もわるくない。若い女性だし。こりん星人から解禁のサインが出る。15:15に豪徳寺につくと、程なくして母も。玉電で三茶のこうしょうやくばへ。16時より15分ほど早く入る。少し待って、母はこうしょうにんと二人の承認と部屋へ。といってもパーテーションでドアもなく。なかのやりとりは丸聞こえ。その間にべつの人がわたしに茶封筒を手渡す。証人にわたすお礼が入っている。立て替えてくれたのである。あらきさんがゆいごんを読み上げて、そのないようを承諾して捺印して終了。私が部屋へ招かれて、一緒に説明を受ける。原本はやくばがほかんし、それは生前本人以外は閲覧することはできない。ただしせいほんととうほんをいちぶずつわたされる。こちらにはなついんがない。時間にして20分ぐらい。母と家路につく。信濃屋で弁当とおかずを買う。娘にtelすると、今日から離乳食をはじめるのでご飯を炊き、妻とレトルトのカレーを食べることにしていたらしい。妻は、本日よりスイミング再開。夕餉は、ひれかつ丼。あらいくんの短編を見る。これはなかなかへんだ。49個のかぼちゃを軍用機から落下させるだけ。なのに面白いのは、編集の妙か。センスを感じる。

cauliflower at 23:52│Comments(0) 映像 | 母親

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

beforeで始まりafterで終わった連休ミクロなスペースが光を放っていた新宿