橋の上のバーカウンターで稲を眺める東京のパースペクティヴ

October 14, 2018

はじめてのライブビューイング

涼しかったからだろうか、トイレにはおきたけれど、そのあとはぐっすり寝ていた。ドアチャイムがなって(それもしつこく何回も)起こされる。どうせyokoyamaさんだろうと思ったら、宅急便さんだった。荒川からジャガイモを10kg送られてきた。時計を見たら8:30。そろそろ起きる時間だったのでそのまま起きる。今日は、スクランブル。土曜日のルーティン&シスターズのごはんなど。妻が2階も一緒にはこそばが食べたいというのでkomaeへ。駅入口手前のはこそばで、僕はキンメとまいたけ天のそば。この時期の限定メニューだがキンメのてんぷらとは珍しい。ぼくはそのまま渋谷へ。tohoシネマズで花組千秋楽のライブビューイングを見る。一番前の18番。劇場だったら神席。でもスクリーンでは、仰ぎ見る感じでちと苦しかった。よかったことは、楽なので、ショーのエンディングでみりおんが深々と挨拶して緞帳が下がってから、再び上がって、組長さんから今回で卒業するジェンヌ3名が一人づつ呼ばれ観客に挨拶。なかでもtasoのトークがよかった。そのあとアンコールが3回と1回。そもそも通常の公演にアンコールはない。これはいいなあと思ってまた撮ろうかと思ったが、スカイステージに入ったので、これからは普通にスカパーで観れることがわかった。ということは、月のちゃぴのさよなら公演と卒業挨拶が観れるということか。感激だ。では、よくなかったことは、アップが多用されていたこと。テレビや画像ならいいけれど、舞台をみていてアップはない。まるで、普段やっているようにオペラでちらちら見る感じ。これはやはり興ざめ。個人的には据え置きでいいと思う。駅に降りる前から、お腹が痛くなる。大急ぎで帰ってかけこもうとすると入っているではないか。超ピンチながらギリギリセーフ。せごどんが始まる。夕餉はチーズとソーセージのどりあとマカロニサラダ。りつの動画を撮ってもらう。

cauliflower at 23:50│Comments(0) ヅカ | 映画

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

橋の上のバーカウンターで稲を眺める東京のパースペクティヴ