やはり剪定はいつもの植木屋さんに都市に住むことを知っている人

November 05, 2018

ダイバーシティを維持し続けることの難しさ

朝やることがふえてしまったので、出社時間が10:30を回ってしまうことが多くなってきた。着いて、今日のインタビューの予習。12時に事務所を出る。九段下のセゼッションスタイルの古いビルの前で待ち合わせ。おすぎとクライアントのお二人がやってきて、5人でnaito先生の事務所へ。同じフロアの別の部屋へ案内してもらう。インタビューはおすぎさん主導で順調に進む。shibuyaは背負い投げというのがおかしかった。あらためて、ダイバーシティであることの意味を考えさせられた。同じビルの地下のカレー屋で食事。ここは南インドのカレー。帰りにグランデに顔を出す。ここは、アイドル・サブカル路線へグッとシフトしたみたい。三省堂へ。書籍検索をすると5冊全てヒットし、指定の書棚へ行くとみなあった。そういえば、本屋で本を探すことがなくなったなと思ったやさき、歌舞伎・宝塚・オペラ・ミュージカルの棚に歌舞伎と宝塚を比較検討した書籍を発見。これは、面白い。やはり、こういうことを研究している先生がいたのだ。事務所に戻って、danの企画提案のための資料作り。といっても、クライアントの提案が面白く、しかも、人選で全く知らない先生ばかり。それを、ググって印刷したりしていたら、21時近くなってしまった。明日の取材の予習。

cauliflower at 00:13│Comments(0) まちづくり | 都市

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

やはり剪定はいつもの植木屋さんに都市に住むことを知っている人